6月4日(日)、中島愛のワンマンライブ<Megumi Nakajima Live 2017“Love for you”>が東京・品川ステラボールにて開催された。

◆6月4日 品川ステラボール公演 画像

2016年末におよそ3年ぶりの音楽活動復帰を果たした中島の、復帰後初のワンマンライブとして開催された同公演。ステージを彩る光とバンドメンバーによる演奏が徐々に重なり、この日を待ち望んだファンのクラップとともに会場の熱が上昇していく中、「おまたせー!」の声とともにピンクのワンピースをまとった中島愛が登場。復帰後第一弾シングルのカップリング曲「最高の瞬間」を皮切りに、「そんなこと裏のまた裏話でしょ?」「宇宙的DON-DOKO-DON」とたたみかける。

中島の歩んできた道のりを振り返るように構成されたこの日のライブ。“2曲あるデビュー曲のひとつ”である「天使になりたい」をはじめ、彼女の十八番であるキュートなアイドルポップや、ゆったりと聴かせる楽曲を中心とした2010年ごろまでのセクション、そして2014年の音楽活動休止に至るまでの楽曲が中心のセクションと、表情豊かに伸びやかな歌声を聴かせる。さらに、ラスマス・フェイバーの作品にゲストヴォーカルとして参加した「AME (Rain)」も初披露。「Transfer」「マーブル」では、バンドによる味付けが効いたライブならではのアレンジで会場をひとつにした。



ちょうど2016年の今頃に復帰を考え始めたが、その一年後にこんなにたくさんの人たちの前でライブが出来ているとは想像もしなかったと、その喜びを「涙ちょちょぎれる」とユーモア混じりに語った中島。「今日ライブに来てくださった方はもちろん、それぞれの場所で応援してくださっている人たち、家族や友人、スタッフのみなさん。みんなに支えられて、私はここに立てています。これからも、まっすぐな道ではないかもしれないけど、挫けず前を向いて歩いていきます」と改めて決意を語り、復帰第一弾シングル「ワタシノセカイ」で本編を締めくくった。

「まめぐ!」というアンコールの声を受け、白いツーピースに髪を一つに結わえて再登場した中島がアカペラで「Baby」と歌い始めると、会場からは一際大きな歓声が上がる。「What'bout my star?」に始まった盛りだくさんの『マクロスF』メドレーは、「放課後オーバーフロウ」で最高潮の盛り上がりに。中島は「デビューのきっかけにもなったランカ・リーにもありがとう」と涙をこらえてつぶやくと、続いて「金色~君を好きになってよかった~」を披露。両腕を広げ、一面にサイリウムが黄色く灯る景色を抱きしめて「ずっと一緒だよ」と微笑んだ。

ダブルアンコールに応えて登場すると、名残惜しい気持ちを「もう、みんなウチ来ちゃう?」と笑いに変え、最終曲「愛はめぐる」へ。心弾むクラップ、そして「love is coming back」のコールアンドレスポンスとともに、全23曲、約3時間のステージは閉幕。充電したパワーを解き放つようなパフォーマンスを見せた中島に客席からは何度となく「おかえり!」の声が飛び、中島愛は「明日からまた頑張っていこう!」とファンとエールを送りあってステージを後にした。

Photos by 能美潤一郎

■<Megumi Nakajima Live 2017 “Love for you”>セットリスト

1. 最高の瞬間
2. そんなこと裏のまた裏話でしょ?
3. 宇宙的DON-DOKO-DON
- MC -
4. 天使になりたい
5. Be MYSELF
6. Sunshine Girl
- MC -
7. メロディ
8. パンプキンケーキ
9. 恋
10. 神様のいたずら
- MC -
11. TRY UNITE!
12. Wish
13. Hello!
- MC -
14. AME
15. Flower In Green
16. Raspberry Kiss
17. Transfer
18. マーブル
- MC -
19. ワタシノセカイ

- encore -
20. What'bout my star? ~星間飛行~虹色♥クマクマ~アナタノオト~放課後オーバーフロウ
21. 金色~君を好きになってよかった~

- encore2 -
22. ノスタルジア
- MC -
23. 愛はめぐる