坂本真綾のライブ<第34回世界遺産劇場-嚴島神社- 平清盛公生誕九百年 前夜祭 坂本真綾 Open Air Museum 2017>が、広島・嚴島神社にて6月3日(土)・4日(日)の2日間にわたって開催された。

◆<坂本真綾 Open Air Museum 2017>画像

坂本が嚴島神社でライブを行なうのは2年ぶり2度目。前回は雨に煙る高舞台でのステージとなったが、今回は見事な晴天に恵まれ、周囲を取り囲む大自然とともにスケール感たっぷりのパフォーマンスで魅了した。以下、同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

6月3日、4日の2日間、坂本真綾が2年ぶり2度目となる広島・嚴島神社の高舞台でライブを開催した。<第34回世界遺産劇場─嚴島神社─平清盛公生誕九百年 前年祭 坂本真綾 Open Air Museum 2017>と題された今回のステージ。開演は日の入り予定時刻に合わせて19時15分。赤い鳥居を背に大きな夕陽が沈みかけた頃、神秘的な一夜が幕を開けた。会場には波の音と潮の香りが満ち、特別な緊張感と拍手に包まれて登場した坂本真綾。白いノースリーブの衣装が神聖なる場所にふさわしい凛とした清らかな印象だ。

河野伸(Key)、石成正人(G&Cho)、坂井“Lumbsy”秀彰(Per)によるアコースティック編成で奏でられた1曲目は「おかえりなさい」。この会場にそっと灯りをともすような温かな声がオープニングを彩る。約2年ぶりに再びこの場所で歌うことも特別なものだが坂本にとってワンマンライブ自体、約1年4ヶ月ぶり。高舞台へと向かいながら「またステージに帰ってきた」――そんな気持ちがしたという。自分自身にも集まってくれたお客さんにも心を込めて歌われた「おかえりなさい」だった。

「ようこそ嚴島神社にお越しくださいました。良いお天気に恵まれて良かったですね」と、しみじみ嬉しそうに挨拶。「初めてここで歌わせていただいた2年前の話をしますと、前回は雨でした。その時のバンドのメンバーは3回屋外でライヴをして、3回雨に降られたんですけど。私が雨女の疑惑をかけられたので、今回はメンバーを変えて挑みました(笑)」と。前回のリベンジの意味もあり、今回は晴天に恵まれ、本人のみならずお客さんもきっとホッとしたことだろう。「でもあの時、雨が降ってくれたから今回またこうして機会をいただけて。人生に二度も、しかも今回は2日間もこの場所で歌えて幸せです」と感謝。

そして「鳥居が見えます、月も出てます、夕陽が沈んでいきます。そういう景色も全部、楽しみながらひとりひとりが自分の世界に浸るように聴いていただけたら嬉しいです」と、会場のあちこちに目を向けながら語ってくれた。涼やかな風が吹く中で歌われた「ループ」が更に夜を連れてきて、海をテーマに書かれた「ロマーシカ」の《きれい、って指差した空》というフレーズで彼女が指差した空をみんなで見つめたシーンも本当に美しかった。


河野が奏でる繊細な鍵盤の音色と、石成の華麗なギタープレイ、ワイルドなビートを添えるラムジーのパーカッションが織り成すサウンドに耳を澄ませ、坂本の歌声を堪能する。そこに国宝である嚴島神社というロケーションも加わって、1曲1曲が格別なものとして届けられていく。椅子に腰掛けて、よりじっくりと丁寧に響かせた「うちゅうひこうしのうた」「僕たちが恋をする理由」、そして朱塗りの美しい社殿とオリエンタルなムードが尊い瞬間を生み出した「奇跡の海」と続く。自然の雄大さに問いかけるように、祈るように声を放つ坂本の姿が美しく夜の海に映えた。

懐かしい曲も盛り沢山。久しぶりに「ヘミソフィア」を歌いたくなった理由は、広島出身であるPerfumeがラジオで紹介してくれた曲だからと語っていた。そんな風に、広島や海に縁のある曲や、後半で国宝級の輝きを放った「プラチナ」や「光あれ」なども含め、今回のセットリストはまるで嚴島神社で歌う為に作られたコンセプト・アルバムのように確固たる世界観と物語を伝えてくれるものだった。まさに考え抜かれた神セトリ、なのだ。こうした観せ方ができるのも200曲余りのオリジナル曲を持つ坂本真綾ならでは。昨年の夏にリリースされた「Million Clouds」のライヴ初披露も聴きどころで、海の景色をイメージして描かれたこの曲が、ピアノの音と声が一緒に駆け上がっていくような爽やかさで演奏されると極上の気持ち良さだった。

ハンズクラップと共に始まった「まきばアリス」で解放的でリラックスなムードを生み出して終盤に突入すると、「神様に“ありがとう”という気持ちが届くように。知ってる人は一緒に歌ってくれると嬉しいです」と「シンガーソングライター」を披露。会場にいる全ての人に歌いかけるように、ステージを少しずつ移動しながら歌っていく。これまでも何度もライヴのハイライトを担ってきたこの曲だが《ことばも国も神様も越えてひとつになれる音楽》という歌詞はまさにこの日の為にあったようにも聴こえたし、《雨にも風にもときどき負けて》の部分で「今日は勝ったわよ!」と言わんばかりに満面の笑顔だったことも忘れられない。みんなの歌声をひとつにまとめ、目の前に広がる自然にも大きく指揮を取るような動きで楽しいフィナーレ。

「素敵な時間をありがとうございました」と挨拶をすると、「この曲を聴いてもらって皆さんをお見送りしたいなと思います」とラストの「ユニバース」へ。MCでは「真綾」という名前の由来の話をしてくれた。マレーシアのクアラルンプールに出張中だった彼女の父が考えたというその名前だが、後に「マーヤー」という言葉がインド哲学で「ユニバース」と同義の意味があると知ったこと。地球を含めた万物、というあまりにもスケール感の大きなタイトルにふさわしいこの曲を歌う前に「私も毎日ではないけれど、目に見えない何かを信じたくなる時があります」と。歴史的価値と重みのある嚴島神社の高舞台で、深い夜と大自然に包まれながら、たゆたうように伸びやかなメロディが清らかな歌声で届けられた。深くおじぎをして手を振りながら彼女がステージを去る。潮の満ち引きひとつとっても毎日違う景色を見せるライブ感と、国宝・重要文化財である非日常感溢れるこの嚴島神社という空間で奏でられた全14曲。その神秘性と崇高さに心を寄せながら歌を届けることができる坂本真綾というアーティストの真の魅力に触れるような、まるで宝物みたいな夜だった。


Text:上野三樹

   ◆   ◆   ◆

なお、6月4日(日)に行なわれた公演の模様は、7月にWOWOWライブにて放送されることが決定している。

<第34回世界遺産劇場─嚴島神社─ 平清盛公生誕九百年 前年祭 坂本真綾 Open Air Museum 2017>

2017年6月3日(土)・4日(日) 広島・嚴島神社高舞台(国宝)
[セットリスト]
01. おかえりなさい
02. ループ
03. ロマーシカ
04. ダニエル
05. うちゅうひこうしのうた
06. 僕たちが恋をする理由
07. 奇跡の海
08. ヘミソフィア
09. Million Clouds
10. まきばアリス
11. 光あれ
12. プラチナ
13. シンガーソングライター
14. ユニバース

■番組情報

『坂本真綾 Open Air Museum 2017』
2017年7月22日(土)午後5:30 [WOWOWライブ]

[関連特集]
坂本真綾 最新ライブ放送記念!
「攻殻機動隊ARISE・新劇場版」(主題歌:坂本真綾 コーネリアス)
一挙放送 2017年7月22日(土)午前11:00~

◆坂本真綾 オフィシャルHP「I.D.」