edda、7月19日に初の全国流通ミニアルバムリリース決定

ツイート

eddaが、5月31日にリリースした地元・福岡限定盤が大好評につき、7月19日に初の全国流通ミニアルバム「さんかく扉のむこうがわ」のリリースが決定した。

◆edda 画像

このミニアルバムは、eddaが集めてきた物語のような5曲入り。不死である主人公の無力感を綴った「不老不死」、マーメイドの悲痛を描いた「半魚人」、童話の世界に紛れ込んだような「エッセンシャルパレード」など、世の中に埋もれている物語の中にある様々な感情を拾い上げた、ストーリー性溢れる歌詞世界が魅力となっている。なおCDジャケットのイラストは福岡限定盤「半魚人」に続き、edda本人による描き下しとなる予定だ(後日公開)。

edda コメント

世界の何処かにあるさんかく扉。

その向こうがわで私が出会った物語をつめたミニアルバムが完成しました。

これから続いていく旅の第一章をお楽しみ下さい。

「さんかく扉のむこうがわ」

7月19日(水)リリース
Erzahler RECORDS PAGE-2 1,500円+税
■収録曲
1.不老不死
2.半魚人
3.エッセンシャルパレード
4.ベルベット
5.はちゃめちゃアイランド


福岡限定リリース シングル「半魚人」

5月31日(水)リリース 
Erzahler RECORDS / PAGE-001 300円+税 

◆edda オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報