【インタビュー】Da-iCE工藤大輝、30歳の節目に見せる“虚構とリアル”

twitterツイート

工藤大輝が自身の誕生日である6月28日、初のソロ写真集『工藤大輝写真集 -極光-』を発売する。30歳の節目を記念して制作された本作は、スタイリストをつけずすべて私服でコーディネート。東京と地元・北海道で撮影が行なわれ、構想から約1年半を経て完成したという。

ダンスボーカルグループ・Da-iCEのリーダー/パフォーマーとして活動し、メジャーデビューから3年で東京・日本武道館公演を成功させるなど目覚ましい活躍をみせる彼は、そのすべてについて“工藤大輝として普段どおり存在しているだけ”だと話してくれた。

では、工藤大輝とは一体どんな人物なのか。撮影時のエピソードや写真集に込めた想いはもちろんのこと、ファッションに興味を持ち始めたという幼き頃の思い出から現在に至るまでの、彼のリアルに迫った。

  ◆  ◆  ◆

■私服じゃないと写真集として形に残す意味がない
■ファンの目のフィルターがあってこそ

──初めてのソロ写真集発売おめでとうございます。構想から1年半ほどかかったそうですが、だいぶ前から準備されていたんですね。

工藤大輝(以下、大輝):ギリギリになって作りたいって言ったら「無理だ」って事務所から返されて終わっちゃうと思ったので、約1年半前くらいに企画書を書きました。

──すべて私服で、コーディネートもご自身でされていますが、なぜこのような形式に?

大輝:30歳の記念として制作するということで、スタイリストさんにお願いしてっていうのも考えたんですけど、それだとリアルじゃないなって。僕がいつも着ているブランドとか、普段の私服じゃないと写真集として形に残す意味がないので、私服を選びました。



──モノトーンの服を着ているイメージが強いですが、写真集で着ている服は明るめな色が多いですね。

大輝:たしかにモノトーンは多めなんですが、白とかベージュとかも好きで。柄物はそんなに着ないんですけど、体数が増えていくと柄が無いと無理だなと思って、仕方なく足すっていう。そのへんが大変でした。もとから持っていた私物にプラスして、自分で買いに行って2〜3週間くらいかけて少しずつ集めたんです。試着してサイズ感を確認して、この色は使ったからやめようとか、柄が続いたから無地でいこうかボーダーでいこうかとか、そういうことを考えながら決めました。

──東京と地元の北海道で撮影されたということで、撮影時の印象的なエピソードはありますか?

大輝:初日の撮影開始のタイミングで雨が降ったんです。予定には無かったんですが、雨が降っているなかで傘をさすシーンなども撮れて。そのあと移動して桜をバックに撮ったんですけど、天気が曇りの方が桜の色が綺麗に出るんですよね。暗い感じでピンクが見えて、桜の花の雰囲気に合ってる感じになりました。いろいろ奇跡が起きたのですごくよかったなと思います。

▲『工藤大輝写真集 -極光-』通常版

──通常版の表紙は工藤さんが影になっていて、顔のアップの写真が使用されているmu-moショップ限定版とは真逆の仕上がりですが、何か意図が?

大輝:そんなに深い意味はないんですけど、両方顔のアップにしたくなかったっていうのがあって。僕はすごくアイドルが好きでアイドルの写真集をよく買うんですけど、何が一番恥ずかしいって、手に取ってから書店を通ってレジに行ってレジでバーコードを通して店員さんから受け取るまでが恥ずかしくて。それをどう解消できるかなって思ったら、誰の写真集かわかんないのがベストだなと。女の子も、好きな男の人の写真集を買うときに、「この人が好きなんだ」って思われるのが恥ずかしいって思ってる人がいたらやだなと思ったんです。まったく知らない人が写真集ゾーンを見て、「この人カッコいいから買おう」ってなる人数と、知ってて買いに行ったけど恥ずかしくてやめる人の割合ってどっちが多いんだろうと思ったときに、個人的には後者の方が多い気がして。だから(顔のアップは)なしでいってみようっていう提案をさせてもらいました。

──タイトルにはどんな意味がありますか?

大輝:『極光』はオーロラのことなんです。オーロラに対して強い思い入れとかはないんですけどね。そもそもオーロラは白いもやで、カメラのフィルターを通すとみなさんが想像するあの綺麗な色が見えるんです。それって僕に近いなと思って。僕自身は輝いてはないし、普段どおり存在しているだけだけど、“Da-iCEの工藤大輝”としてみんながよく言ってくれるのって、ファンの目のフィルターがあってこそだからっていう意味が込められています。あと、裏テーマで“虚構”っていうのがあって。普段っぽく撮っているけど、虚構、フィクションですよっていう。

──ちょっとした皮肉というか。

大輝:皮肉じみてますねー。僕のライフスタイルは基本的に皮肉にまみれているので。そうなっちゃいました。

──特にお気に入りの写真ってありますか?

大輝:質問とはそれちゃうかもしれないんですけど、なかに僕が書いた詩があるのでそれを読んでほしいです。メイキング映像がDVDとして付くんですけど、そのBGMも僕が作ったもので。「詩とインストがありますよ。ということはどういうことでしょう?」っていうのをお察しください、とファンの方に言いたいです。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報