ミラノ・デザインのV-MODAヘッドホンにBluetoothワイヤレスの上位モデル「Crossfade II Wireless」登場、aptX対応モデルもラインナップ

ツイート

世界のDJに人気の高いヘッドホン・ブランドV-MODAから、Bluetoothワイヤレス・ヘッドホン「Crossfade II Wireless」が登場。aptX対応モデルを含む3機種が6月24日より発売される。

V-MODAは、2016年にローランドのグループ会社になったヘッドホン・メーカー。高い品質と音に対するこだわり、洗練されたイタリア・ミラノ・デザインによるファッション性が高く評価され、中でも代表的なモデル「Crossfade M-100」は、海外で40を超えるアワードを受賞。世界のトップDJやアーティストに愛用されている。その「Crossfade M-100」の高音質をベースに、堅牢性、デザイン性を兼ね備えたワイヤレス・タイプの「Crossfade Wireless」が昨年リリース。そして、さらに音質を強化した上位モデルとして登場したのが、「Crossfade II Wireless」だ。

「Crossfade II Wireless」は、2種類の硬度な振動板を1つのドライバーに搭載した同社独自の50mmデュアル・ダイアフラム・ドライバーに最新のコイル採用。シャープな高域から迫力の低域までクリアなサウンドを実現している。有線接続時には40kHz以上の再生が可能なハイレゾ規格(一般社団法人 日本オーディオ協会基準)に対応。CDを超える高精細なサウンドが楽しめる。有線接続では遅延のないモニターが可能なので、楽器演奏にも最適だ。

優れた耐久性も魅力の一つ。米国国防省の軍用規格(MIL-STD-810)に準拠し、温度、湿度、衝撃、落下など、厳しい品質検査をクリア、高い耐堅牢性を確保している。また、人間工学に基いて設計された装着感とスタイリッシュなデザインを兼ね備えるほか、新たに本体を折りたためる構造となり、持ち運びにも便利に。Bluetoothモードでは内蔵のマイクが機能、取り外し可能なマイク付きケーブルも付属しているので、喧騒の中での通話にも対応。さらに別売りのV-MODA BoomProマイクを接続すれば、オンラインゲームでのコミュニケーションにも使用できる。

カラーはマット・ホワイト、マット・ブラック・メタルに加え、新色のローズ・ゴールド・ブラックを追加。ローズ・ゴールド・ブラックは、高音質・低遅延のaptXコーデックにも対応する。

その他のスペックは、感度が100dB/mW、インピーダンスが32Ω、周波数特性が5~40,000Hz。入力はステレオ・インプット×1系統で、プラグはステレオ・ミニ・プラグ(24K金メッキ)。重量は309g(コード含まず)。1- Button SpeakEasy Cable(マイク付ケーブル)、専用セミ・ハードケース(カラビナ付)、USBケーブル、V-MODA ロゴ・ステッカー、変換プラグが付属する。充電はUSB経由のフル充電で最大14時間(従来比15%アップ)の使用が可能だ。


▲aptXにも対応したローズ・ゴールド・ブラック


▲Crossfade II Wireless (マット・ホワイト)


▲Crossfade II Wireless (マット・ブラック)

製品情報

◆Crossfade II Wireless
価格:オープン
発売日:2017年6月23日

この記事をツイート

この記事の関連情報