【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>SiM、初日トリを飾るステージで「やっと我々の時代が来た!」

ツイート

リハーサルに合わせて、大勢の観客が準備体操している。こいつら暴れる気満々だ。しかも、どんどん人が集まってきている。<SATANIC CARNIVAL>3度目の出演にして、SiMが初めてトリを務めるんだから、誰もが彼らの3度目の正直、ぜひ見届けたいと思うのは当然だ。開演時間を過ぎてもリハを続けるバンドからも気合が窺える。

◆SiM 画像

開演時間を5分回った頃、スクリーンにメンバーの姿が映し出された。その中で「PIZZA OF DEATHがトリはSiMしかないと頭を下げるから」とか、「悪魔の宴?それにぴったりのバンドはSiMしかいない」とか、「SiMの出番が待ちきれなかったって人も、ホルモンと10-FEETで体力を使い果たしたから後ろで大人見しますってゆるい奴らも、全員まとめてぶっ殺す」とか、散々嘯いたもんだから、一体、どんなパフォーマンスを見せてくれるんだろうと期待していたら、彼らはベスト・セレクションと言える選曲で、暴れることもできるし、踊ることもできるし、シンガロングもできるSiMサウンドの魅力を、いつも以上にエネルギッシュなパフォーマンスとともにこれもでかと見せつけた。


ぶわぁ、ぶわぁ、ぶわぁと火柱が上がり、レーザービームが飛び交う中、お立ち台の上でうごめきながら歌うMAH(Vo)の両脇でSHOW-HATE(G)とSiN(B)がアクロバチックなアクションをキメ、GODRi(Dr)が怒涛のビートを轟かせた「Blah Blah Blah」で早くもクライマックスかと思える盛り上がりが生まれた。しかし、それで満足するSiMでも彼らのファンでもない。

「円を作れ。輪を、輪を作れ。暴れたくて最後まで残ったんだろ? やらせてやるよ。走れ!」というMAHの掛け声とともに「TxHxC」のハードコア・サウンドにサークルピットがいくつも出現。そこにステージの4人は火に油を注ぐように「Set me free」「GUNSHOTS」というダンス・ナンバーをたたみかけ、休むヒマを与えずに観客にステップを踏ませた。

「先輩達の後に出てきて、ライヴやるっていいものですね。清々しい気持ちでやらせてもらってます(笑)」

いつも通りの人を食ったMCでニヤリとさせたMAHはその後、「やっと我々の時代が来た!」と声を上げ、客席を沸かせた後、神妙な面持ちで言った。「一個一個積み上げて、このステージを勝ち取った思っています。後ろの人達の顔は見えないけど、声は届くので、一緒の空間を過ごしている証として声を聞かせてください」

そんなMCからは、4人がどんな思いでこの日のトリを務めているのかが改めて窺えた。

バラードの「Life is Beautiful」をじっくり聴かせると、一気にラストスパートをかける。ラスト・ナンバーの「KiLLiNG ME」を演奏する直前、MAHは鳴り止まない歓声を聴きながら満面の笑みを浮かべた。SATAN STAGEに集まった約2万人の観客をほぼ全員座らせ、「1-2-3!!」の合図でジャンプさせた光景はトリのラストにふさわしいものだった。





しかし、もちろんそれで終わるわけがない。

「バンドを始めたきっかけは間違いなくハイスタでした。そのハイスタが作ったPIZZA OF DEATHのフェスでトリをやってくれと言われるのは、ざまあみろですよ!(笑)」

そんなふうにMAH一流の言い回しでトリを務めた喜びを語ることから始まったアンコール。「先輩を差し置いてトリをやって、それをこれだけたくさんの人が見てくれるんだから、ハイスタを聴いてから、ここに来るまでの20年なんて何でもないですよ。だから、今、苦しんでいる人達も(その時間はたいしたことないから)負けないでがんばってください。あれ、悪魔っぽく終わろうと思ったのに、なんか、想いがあふれちゃった(照笑)」

ふだんは悪魔キャラで隠しているMAHの人柄が滲み出た、そんなMCも見どころだったと思うし、演奏していた「JACK.B」をわざわざ一旦止めて、「一個言い忘れた」と、WANIMAがフェスで一番ダイバーが多いと自称していたことを取り上げ、「そいつは負けられねぇと思うわけですよ」と剥き出しにした対抗心にも胸を打たれた。

その時点で大満足だった。しかし、最後に彼らはサプライズを用意していた。オーラスの「f.a.i.t.h」にcoldrainのMasato(Vo)が飛び入りして、MAHと競い合うように咆哮を轟かせたんだから、そこにいる誰もが最後まで残ってよかったと思ったはず。


100%のパフォーマンスでは満足できず、それ以上を求めているようにも思えたこの日のパフォーマンスからは、SiMというバンドが本来持っているハングリー精神や闘争心が改めて感じられたのだった。

取材・文◎山口智男
撮影◎本田裕二

【SiM セットリスト】

01. PANDORA
02. Blah Blah Blah
03. Fallen Idols
04. TxHxC
05. Set me free
06. GUNSHOTS
07. Amy
08. Life is Beautiful
09. Get UP, Get UP
10. KiLLiNG ME
encore
en1.JACK.B
en2.f.a.i.t.h

■<SATANIC CARNIVAL'17>

2017年6月17日(土)幕張メッセ国際展示場9-11ホール
物販開始BOOTH AREA開場09:00 / LIVE AREA開場10:30 / 開演12:00 / 終演予定21:15予定
▼出演アーティスト
10-FEET
TheBONEZ
coldrain
Crystal Lake
Dizzy Sunfist
dustbox
ENTH
GOOD4NOTHING
HER NAME IN BLOOD
Ken Yokoyama
マキシマム ザ ホルモン
NAMBA69
Oi-SKALL MATES
ROTTENGRAFFTY
SA
SAND
SHANK
SiM (NEW)
四星球
[O.A.] SABANNAMAN

2017年6月18日(日)幕張メッセ国際展示場9-11ホール
物販開始BOOTH AREA開場08:00 / LIVE AREA開場09:30 / 開演11:00 / 終演予定20:15予定
▼出演アーティスト
04 Limited Sazabys
a crowd of rebellion
Crossfaith
Fear, and Loathing in Las Vegas
G-FREAK FACTORY
GARLICBOYS
HAWAIIAN6
HEY-SMITH
ジャパハリネット
KEMURI (NEW)
locofrank
MONGOL800
NOISEMAKER
RIZE
SHADOWS
SLANG
SWANKY DANK
打首獄門同好会
WANIMA

■<SATANIC CARNIVAL'17>放送スケジュール

▼ダイジェスト<当日の熱狂をギュギュっと凝縮したダイジェストVer.>
スペースシャワーTV「SATANIC CARNIVAL'17 ダイジェスト」
7月22日(土) 22:00〜23:00

▼本編<3時間×2Days=全6時間、たっぷりとお届け>
フジテレビNEXT ライブ・プレミアム「SATANIC CARNIVAL'17」
8月1日(火)2日(水) 21:00〜24:00
http://otn.fujitv.co.jp/sataniccarnival17

この記事をツイート

この記事の関連情報