スイスのフォーク・メタル・バンド、エルヴェイティの新作登場

twitterツイート

スイスのフォーク・メタル・バンド、エルヴェイティが3年振りに待望のニュー・アルバム『イヴォケーション II ~ガリアの神々~』を8月18日に発売する。2009年の『EVOCATION I~THE ARCANE DOMINION』に続くアコースティック・アルバム第2弾だ。

◆エルヴェイティ画像

2016年に大幅なメンバー・チェンジを行ないファンを心配させたエルヴェイティだったが、メイン・コンポーザーにしてコンセプターでもある屋台骨クリゲル・グランツマン(Vo)がいる限り、バンドそのものは全く揺るぐことがない。

そのユニークなサウンドは、伝統的なケルト・ミュージックとエクストリーム・メタルの絶妙なる融合により生み出されたものだ。ダイナミックでアグレッシヴながら、叙情的かつ牧歌的な面を併せ持ち、激しいモッシュ・ピットを誘発させると同時に、どこか聴く者の郷愁も掻き立てる。背景にあるのは古代ガリアの失われた歴史や文化だ。“ELUVEITIE”とは、現在のスイスから南ドイツにかつて居住していたガリア人の部族を指し、やがてローマに支配され同化を遂げていくケルト人一派への強いシンパシーが、彼等の作品には常に込められているのだ。


今回『イヴォケーション II ~ガリアの神々~』のテーマとなったのは、ガリアやケルトの神々だという。パンテオンといえば古代ギリシャや古代ローマの神々を祀る神殿=万神殿をイメージするところだが、元来“すべての神々”を意味するもので、各曲のタイトルにはガリア万神の名前やそれにまつわる言葉が起用され、様々な古楽器を駆使した神秘的で土着的、時に絢爛たるフォーク/トラッド・サウンドが展開されている。

Photo by Manuel Vargas Lepiz


2017年8月18日 世界同時発売予定

エルヴェイティ『イヴォケーション II ~ガリアの神々~』
【50セット通販限定 CD+インストゥルメンタルCD+Tシャツ】 ¥5,500+税
【初回限定盤CD+インストゥルメンタルCD】¥3,000+税
【通常盤CD】¥2,500+税
※日本語解説書封入/歌詞対訳付き
1.DUREÐÐU
2.Epona
3.Svcellos II(Sequel)
4.Nantosvelta
5.Tovtatis
6.Lvgvs
7.Grannos
8.Cernvnnos
9.Catvrix
10.Artio
11.Aventia
12.Ogmios
13.Esvs
14.Antvmnos
15.Tarvos II(Sequel)
16.Belenos
17.Taranis
18.Nemeton

【メンバー】
クリゲル・グランツマン(ヴォーカル/マンドラ/口笛)
ファビエンヌ・エルニ(ヴォーカル/ケルティックハープ)
マッテオ・システィ(バグパイプ/イリアン・パイプス/口笛/バウロン)
ミハリナ・マリシュ(ハーディ・ガーディ)
ニコル・アンスペルゲル(フィドル)
カイ・ブレム(ベース)
ヨナス・ヴォルフ(アコースティック・ギター/リゾネーター・ギター)
ラファエル・ザルツマン(アコースティック・ギター)
アラン・アッケルマン(ドラムス/パーカッション)

◆エルヴェイティ『イヴォケーション II ~ガリアの神々~』オフィシャルページ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報