ドラゴンフォースが6月16日(金)、東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて<Dragon Force Japan Tour 2017>の最終公演を行なった。

◆ドラゴンフォース画像

最新アルバム『リーチング・イントゥ・インフィニティ』を携えて大阪、名古屋、東京の3都市を回った今回のジャパンツアー。最終日となる東京公演は早々にソールドアウトを記録し、会場内は開演前からファンの熱気に包まれた。

ライブの幕開けを飾ったのは、最新アルバムのオープナー「リーチング・イントゥ・インフィニティ」~「アッシィズ・オブ・ザ・ドーン」。序盤からハーマン・リ(G)とサム・トットマン(G)がステージを縦横無尽に駆け回りファンを煽れば、フレデリック・レクレルク(B)とジー・アンザローネ(Dr)もそれに負けじとアグレッシブなプレイで支える。マーク・ハドソン(Vo)は伸びやかなハイトーン・ボイスで会場を沸かせ、MCでも「コンバンハー! トーキョー!」、「元気デスカ? ヨッシャー!!」と巧みな日本語でファンの心を掴んでいった。

この日のステージは新作を中心に、これまでにリリースしてきた7枚のアルバムからの楽曲をバランスよく織り交ぜて進行。ライブ中盤ではベーシストのフレデリックがギターを片手にソロコーナーを繰り広げ、YMOの「ライディーン」や「スーパーマリオUSA」のBGMが披露されると、その選曲に会場からも大きな声援が上がった。「スーパーマリオUSA」の演奏中には、ステージに乱入したマークがキノピオなどのぬいぐるみを客席に投げ込むサービスも。

また、テレビ番組で人気を集める“桐谷さん”のTシャツを着用していたサムは、このTシャツに漢字で書かれた“優待生活!”というワードで謎のコール&レスポンス。本編ラストは「クライ・サンダー」の大合唱で、会場の一体感も最高潮に達した。



そして、割れんばかりのアンコールを受けてステージに戻った5人が披露したのは、ニューアルバムの日本盤ボーナストラックに収録されたZIGGYの名曲「GLORIA」のカバーだ。さらにラストは、ハーマンとサムによる超絶ギターソロが唸りをあげる「スルー・ザ・ファイヤー・アンド・フレイムス」をプレイ。圧倒的なプレイヤビリティによる高速メタルサウンドを叩きつけ、ジャパンツアー最終公演は熱狂のうちに幕を閉じた。

■6月16日(金)東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGE公演セットリスト

1. Ashes Of The Dawn
2. Seasons
3. Judgement Day
4. Heroes Of Our Time
5. Curse Of Darkness
6. Three Hammers
7. Fury Of The Storm
ギター・ソロ(フレデリック)
ドラム・ソロ
8. Heart of a Dragon
9. The Edge Of The World
10. Cry Thunder

En1. GLORIA
En2. Through the Fire And Flames

<Dragon Force Japan Tour 2017>

2017年6月14日(水)大阪・梅田CLUB QUATTRO ※公演終了
2017年6月15日(木)愛知・名古屋BOTTOM LINE ※公演終了
2017年6月16日(金)東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGE ※公演終了
公演特設ページ: https://www.creativeman.co.jp/event/dragonforce2017/

◆ドラゴンフォース・オフィシャルサイト
◆ドラゴンフォース・レーベルサイト