アンガス・ヤング、再びガンズ・アンド・ローゼズの公演に参加

twitterツイート

木曜日(6月22日)、ドイツ・ハノーファーで開かれたガンズ・アンド・ローゼズの公演に、AC/DCのアンガス・ヤングがサプライズ出演した。

◆アンガス・ヤング&ガンズ・アンド・ローゼズ動画

彼はバンドとAC/DCの「Whole Lotta Rosie」と「Riff Raff」をプレイしたそうだ。アンガスは2月に彼が住むオーストラリアで開かれたガンズ・アンド・ローゼズの2公演、および2016年春アメリカの<Coachella Valley Music And Arts Festival>で彼らと共演している。

オーストラリアならともかく、異国ドイツでの突然のアンガス登場にオーディエンスは仰天、歓喜したそうだ。



「Whole Lotta Rosie」といえば、今月初め、アクセル・ローズは同ソングを亡くなったばかりの愛犬ロージーに捧げていた。ローズは「俺らがこの曲をプレイするとき、誰も知らないが……、俺はこの曲を歌っているとき、俺の頭の中では俺らの小さな犬が俺とステージにいるところが見えるんだ。彼女はいつだって超ハッピーだったからな。今日、この公演に来る前、彼女は息を引き取った。だから、この曲は彼女へ捧げる」と話していた。

ガンズ・アンド・ローゼズの<Not In This Lifetime…>ヨーロッパ・ツアーは7月中旬まで続く。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報