BOSS「KATANA」アンプの本格的ロック・サウンドをシリーズ最小・最軽量の卓上サイズで実現

ツイート

パワフルさとレスポンスの良さで人気のギターアンプ、BOSS「KATANAシリーズ」に、卓上サイズの「KATANA-MINI」が仲間入り。シリーズ最小・再軽量、バッテリー駆動可能なモデルとして登場した。

「KATANAシリーズ」はロック・ギタリストが求める迫力ある歪みと心地よいレスポンス、ステージ演奏にも対応するパワフルさを兼ね備えたギターアンプ。今回登場した「KATANA-MINI」は、シリーズ共通のロック・サウンドと弾き心地を、およそB5サイズ、1.2kgのボディに凝縮した卓上サイズのギターアンプだ。


▲自宅のテーブルや棚に置いて楽しめるほか、握りやすいハンドルで気軽に持ち運べる。サイズは230×116×181mm、重さは1.2kg。


▲単三電池6本を使用。アルカリで7時間、ニッケル水素で9時間の使用が可能。PHONES/REC OUT端子(ステレオミニ)からは、実際にマイクで録音したかのような迫力あるサウンドが得られる。

上位クラスのアンプを単純に小型化するのではなく、クラスを超えたサウンドの実現のために専用設計・開発。4インチのカスタム・スピーカー、音質を追求したハードウェア、ミニサイズでも箱鳴りを追求したキャビネットなどをコンパクトなボディに凝縮。小型ながらもステージ用の本格的アンプと同様の動作を得られるアナログゲイン回路を搭載し、ギターの入力信号に対する反応が欲、表情豊かなサウンドが得られる。

搭載するアンプ・タイプは3種類。「BROWN」はBOSSのフラッグシップ・モデル「WAZA AMP」の流れをくみ、トップ・ギタリストが求めるハイゲイン・サウンドを実現。「CRUNCH」はリズム・フレーズやブルージーなソロ演奏に最適なドライブ・サウンド。「CLEAN」はクリアでレンジの広い、美しいサウンドを楽しめる。コントロールはゲインとボリュームのツマミに加え、本格的なアンプと同じ方式の3バンド・イコライザーにより、細かな音色調整が可能。ディレイで心地よい残響を加えることもできる。


▲GAIN、VOLUME、3バンドのイコライザーを用意。ディレイはTIMEとLEVELで調整する。

電池駆動のほかACアダプター(別売)にも対応。練習に便利なヘッドホン出力(PHONES/REC OUT)も備える。AUX IN端子にオーディオ・プレーヤーをつなげばお気に入りの曲に合わせて演奏することも可能。屋外に持ち出したり、どこでも気軽にギター演奏が楽しめるアンプとなっている。


製品情報

◆KATANA-MINI
価格:オープン
発売日:2017年7月15日

この記事をツイート

この記事の関連情報