カーネーション、ゲスト多数参加の新作『Suburban Baroque』

ツイート

カーネーションが9月13日、17枚目のオリジナルアルバム『Suburban Baroque』(読み:サバーバン・バロック)をリリースする。

2016年7月に発表した『Multimodal Sentiment』以来、1年2ヶ月ぶりのリリースとなる本作には新曲を11曲収録予定。岡本啓佑(黒猫チェルシー/Dr)、張替智広(キンモクセイ/Dr)、佐藤優介(カメラ=万年筆/Key)らに加え、2009年にカーネーションを脱退した矢部浩志(Dr)が脱退後初めてレコーディングに参加することが発表されている。

なおカーネーションは、秋に全国主要都市でのアルバムリリースツアーを開催。詳細は後日明らかとなる。

リリース情報

New Album『Suburban Baroque』
2017年9月13日(水)発売
全11曲収録予定
¥3,056+税
CRCP-40525/26
[DISC1]
オリジナル新曲11曲収録予定。
[DISC2]
DISC1収録曲のインストバージョンを収録

[参加ミュージシャン]
矢部浩志(Dr)、岡本啓佑(黒猫チェルシー/Drums)、張替智広(キンモクセイ/Drums)、佐藤優介(カメラ=万年筆/Keyboard)、藤井学(The Miceteeth/Keyboard)、松江潤(Guitar)

ライブ情報

<ACOUSTIC CARNATION in 江ノ島 2017>
2017年9月2日(土)神奈川・虎丸座
出演:カーネーション(サポートDr:矢部浩志)
ゲスト:ブラウンノーズ

<直枝政広 ソロワンマンツアー 2017>
7月1日(土)石川・もっきりや

7月2日(日)長野・ネオンホール
ゲスト:青山陽一

この記事をツイート

この記事の関連情報