2017年6月30日(金)、7月1日(土)にアメリカカリフォルニア州ロサンゼルスのMicrosoft Theaterで<Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017>が二日間に渡って開催された。一日目の<Japan Kawaii Live>ではAqours、JUNNA & Minori Suzuki from Walküre、アイドルマスター シンデレラガールズ、Wake Up, Girls!の4組の模様をオフィシャルからのレポートでお届けする。

◆<Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017 ~Japan Kawaii Live~>写真

開演前から会場の外にあるグッズ販売コーナーではイベントのTシャツや出演者のCD・グッズなどが販売され、場内では日本と変わらない熱気でアニメグッズやTシャツを着用する外国人ファンがほとんどだった。

7,000人の観客を前にして、トップバッターはアイドルマスター シンデレラガールズ。飯田友子(速水奏役)、五十嵐裕美(双葉杏役)、黒沢ともよ(赤城みりあ役)、髙野麻美(宮本フレデリカ役)、松嵜麗(諸星きらり役)、佳村はるか(城ヶ崎美嘉役)6名がアイドルマスターとして初めて、ステップを踏みながら北米のステージに立った。スタートは全員による「Star!!」、続いて「GOIN'!!!」。自己紹介やアニメの振り返りを行ったショートMCの後に「夢色ハーモニー」「Yes! Party Time!!」、TVアニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ』の主題歌からPS VR「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」の主題歌まで、観客の気分が一気に高まった。最後にシンデレラガールズの代表曲ともいえる「お願い!シンデレラ」が歌われて、パートは終了した。



続いてステージに姿を現したのはWake Up, Girls!の7人。「タチアガレ!」と「少女交響曲」2曲続けての披露の後、観客へ今日のために英語で覚えた挨拶を挟んだ。MCの声が聞こえないほどの大歓声のなかで続いては「恋?で愛?で暴君です!」「Beyond the Bottom」「7 Girls War」と人気楽曲をキュートに歌い上げ。激しくも息の合ったダンスで観客を魅了しつつ、ラストの「極上スマイル」まで、息もつかせぬ魅惑のステージを繰り広げた。コミカルなダンスはミュージカルを思わせるような豊かなパフォーマンスであった。

次に登場したのはワルキューレを代表するJUNNAと鈴木みのりの2人。自らの誕生のきっかけとなった『マクロスΔ』の曲「恋!ハレイション THE WAR」を歌うと場内のサイリウムで会場が覆われる。続けてキラーチューン「いけないボーダーライン」を歌った後2人は自己紹介。グループ初となる海外ライブを背負って、2人は精一杯の英語を披露した。会場は声援の声が鳴り響いていたあとに続くのは「いけないボーダーライン」と「僕らの戦場」「一度だけの恋なら」。2人は堂々と歌声を響かせる。ラストを飾るのは「ルンがピカッと光ったら」、会場もコールで参加し大盛り上がりで2人は自らのパートを終えた。


▲(c)プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

そして<Japan Kawaii Live>のトリを飾るAqoursのステージへ。キャスト9人がステージに上がると、客席からの歓声がひときわ大きく響く。「青空 Jumping Heart」を披露したところでステージ中央の巨大スクリーンにはTVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』映像が映し出され、場内の興奮度はMAXに達し、これまでで最も大きな雄叫びが鳴り響いていた。メンバーによる自己紹介とMCは、逢田梨香子と諏訪ななかが中心となって一生懸命英語で進行し、その姿は海外のファンに健気に映っていた。MCでメンバーの自己紹介を披露し、盛り上がりつつ、「君のこころは輝いてるかい?」「恋になりたいAQUARIUM」を熱唱。スクリーンに映し出されるアニメPVとのリンクが、さらに会場を盛り上げていき、TVアニメ第13話の挿入歌「MIRAI TICKET」と、「ユメ語るよりユメ歌おう」でステージを締めくくった。

出演者がステージから降りた後、ファンからは大きくアンコールが始まった。ここで再び本日の出演者が全員ステージに登場。最後は全員で「サンキュー!」と来場者に感謝。Anisong World Matsuriの初めてのMicrosoft Theater初日公演が幕を閉じた。

翌日には、アニソンアーティストが生バンドでパフォーマンスする<Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017 ~Japan Super Live>が同じくMicrosoft Theaterで開催された。Anisong World Matsuriはさらに7月22日には中国上海・メルセデス・ベンツ・アリーナ公演開催予定。8月11日と12日にはアメリカ・ワシントンでの<Anisong World Matsuri at Otakon 2017!>が開催される。


セットリスト<Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017 ~Japan Kawaii Live~>

<アイドルマスターシンデレラガールズ>
Star!!
GOIN'!!!
夢色ハーモニー
Yes! Party Time!!
お願い!シンデレラ
<Wake Up, Girls!>
タチアガレ!
少女交響曲
恋?で愛?で暴君です!
Beyond the Bottom
7 Girls War
極上スマイル
<JUNNA & 鈴木みのり from ワルキューレ>
恋!ハレイション THE WAR
いけないボーダーライン
僕らの戦場
一度だけの恋なら
ルンがピカッと光ったら
<Aqours>
青空 Jumping Heart
君のこころは輝いてるかい?
恋になりたいAQUARIUM
MIRAI TICKET
ユメ語るよりユメ歌おう

<Anisong World Matsuri>開催概要

■Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017 ~Japan Kawaii Live~
日にち:2017年6月30日
会場:アメリカ・ロサンゼルス Microsoft Theater
Lineup: Aqours, アイドルマスターシンデレラガールズ,JUNNA and 鈴木みのり from ワルキューレ、Wake Up, Girls!

■Anisong World Matsuri at Anime Expo 2017 ~Japan Super Live~
日にち:2017年7月1日 会場:アメリカ・ロサンゼルス Microsoft Theater Lineup: ALI PROJECT、angela、綾野ましろ、茅原実里、GARNiDELiA、鈴木このみ

■BILIBILI MACRO LINK -STAR PHASE × Anisong World Matsuri
日にち:2017年7月22日
会場:中国・上海 メルセデス・ベンツ・アリーナ
Lineup: Aimer, Aqours, May’n, 三森すずこ, 宮野真守, OLDCODEX, 高橋洋子,JUNNA and 鈴木みのり from ワルキューレ

Anisong World Matsuri at Otakon 2017
日にち:2017年8月11日&12日
会場:アメリカ・ワシントン DC Walter E. Washington Convention Center
Lineup: FLOW, JAM Project, T.M.Revolution, 妖精帝國