【速レポ】<京都大作戦2017>、FIRE BALL with HOME GROWN「夜の住人なんだけど、ここ最高です」

ツイート

<京都大作戦>が“らしさ”を発揮するひとつが、スタイルやジャンルにこだわらない出演ラインナップだろう。<京都大作戦2017>の2日目、源氏ノ舞台に立ったのはFIRE BALL with HOME GROWN。レゲエ・ファンなら誰もが知るご存知“ハマの火の玉”だ。ロック・ファンも、10-FEETやSiMが昔からFIRE BALL with HOME GROWNのファンであることや、お互いに対バンで交流が深いことを知っているだろう。

◆FIRE BALL with HOME GROWN 画像

バンド名のコールと同時に歓声が上がり、アウェイ的なムードは皆無。ミュージシャンの誰もが、ここのお客さんは温かい、と口にするが、まさにそれが象徴されるような瞬間だ。



レゲエ・バンド、HOME GROWNが心地いいグルーヴを生み、それに乗ってFIRE BALLの4人が歌いながら登場。曲はライブの定番「LIGHT UP THE FIRE」で、彼らのデビュー曲でもある。ライターの火が会場に灯るのがお決まりの曲だが、今、この京都はお昼で青空。ライター代わりに掲げられるのはタオルや両手だ。このピースフルな雰囲気のなか、CHOZEN LEEが言う。

「<京都大作戦>! ジャンルは違えど壁はねえだろ。どっちだい、同世代、超未来…。2017年、<京都大作戦>、心の10電!10執念!10横無尽にはしゃぎな祭! 音楽でひとつになろう」

ピアノ・フレーズと共にSUPER CRISSの優しい歌が広がっていった。その「One Link」では、メンバー4人が人差し指を上げながら“ONE”と高らかに歌い上げる。するとひとつになっていくオーディエンス。韓国、中国、アメリカ、日本という多国籍のレゲエ・チームでもあるFIRE BALL だからこそリアルに伝えられる、ひとつになろうという前向きなメッセージだ。「音楽のもとではみんな平等だろー!」と、ファンと笑顔でアイコンタクトしながらCHOZEN LEEが叫んだ。


ここから曲を次々に展開させるが、メドレー・スタイルでまとめた曲もあり、言ってみればうまいものだけ集めた満漢全席のような状態。陽気なレゲエ、心が踊るレゲエなどが、晴天とまではいかないものの熱い夏の空に気持よく広がっていく。FIRE BALLの4人が左右に手を振りながら、身体の左右に動かしながらステップを踏むと、グラウンドでも同じようなダンスが繰り広げられる。TRUTHFULも「なんだ、こりゃー、京都楽しいな」と嬉しそう。CHOZEN LEEも「普段は出番が夜中3時とか4時。夜の住人なんだけど、ここ最高です」と笑顔。JUN 4 SHOTも「ありがとう」と太陽が丘の光景を見渡しながら手を振る。

夜の雰囲気を伝えるダンスホール・レゲエのテイストたっぷりな「Don't Turn Dat Down」を挟んで、7月7日に配信スタートした新曲「みんなのうた」へ。その温かいレゲエ・ナンバーでは、自然にコーラスも起こっている。“オマエは一人じゃねえ”とエンディングを決めた直後、歓声が重なる。FIRE BALLからのメッセージは間違いなく伝わり、一体感も強くなっていくばかり。


さらに曲が続くと、コール&レスポンスを起こすまでもなく、勝手にコーラスでレスポンスもあれば、タオル回しで熱く盛り上がる場面も。そしてラストを決めるナンバーは「Wonderful Days」。まさに今日の日にふさわしい曲だ。FIRE BALLの4人が肩組んで歌えば、客席側のグラウンドでも肩を組んで、曲に合わせて身体を揺らす光景が広がった。もちろん友達同士もいるだろうけど、さっきまで知らなかった者同士だって多い。しかし音楽のもとではみんな平等というFIRE BALLからのメッセージや、京都大作戦を愛する者同士という結びつきもある。互いの素晴らしき日、素晴らしい時間を堪能する2万人だった。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎HayachiN/みやざきまゆみ

【FIRE BALL with HOME GROWN セットリスト】

01.LIGHT UP THE FIRE ~FB:着火のテーマ~
02.One Link
03.STAY POSITIVE
04.SIMMER DOWN ~RUDEBWOY REMEMBER~ ~BURN BAD MIND~ 大炎上
05.Don't Turn Dat Down
06.みんなのうた
07.BAD JAPANESE (BOB MARLEYメドレー)
08.BRING IT ON
09.Wonderful Days


■<京都大作戦2017 ~心の10電!10執念!10横無尽にはしゃぎな祭!~>

2017年7月7日(金) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2017年7月8日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2017年7月9日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
▼開場
7月7日 開場:11:30 / 7月8日, 9日 開場:9:30
▼開演
7月7日 開演:13:00 / 7月8日, 9日 開演:11:00
【出演アーティスト ※50音順】
▼7月7日(金)
【源氏ノ舞台】サンボマスター、SiM、竹原ピストル、10-FEET、Nothing's Carved In Stone、My Hair is Bad
【牛若ノ舞台】打首獄門同好会、Creepy Nuts、四星球、ヤバイTシャツ屋さん、夜の本気ダンス
▼7月8日(土)
【源氏ノ舞台】Ken Yokoyama、The BONEZ、湘南乃風、10-FEET、東京スカパラダイスオーケストラ、Dragon Ash、FIRE BALL with HOME GROWN、RADWIMPS
【牛若ノ舞台】藍坊主、Age Factory、GOOD4NOTHING、Crystal Lake、NAMBA69、NUBO、yonige
▼7月9日(日)
【源氏ノ舞台】氣志團、SUPER BEAVER、dustbox、10-FEET、マキシマム ザ ホルモン、MAN WITH A MISSION、ROTTENGRAFFTY、WANIMA
【牛若ノ舞台】ENTH、OVER ARM THROW、ガガガSP、SIX LOUNGE、SHANK、G-FREAK FACTORY、Dizzy Sunfist

【鞍馬ノ間】
7月7日(金):大阪籠球会、京都ハンナリーズとのバスケットボール体験やエキシビションマッチ
7月8日(土)、9日(日):下記8チームによるバスケットボールのトーナメント戦「京都大作戦杯2017」を開催
AKT LOCA、UNDER DOG、OSAKA YOUNG GUNS、大阪籠球会、SOMECITY OSAKA選抜、TEAM-S、東京籠球会、HIGH WEST BALLERS

この記事をツイート

この記事の関連情報