【速レポ】<京都大作戦2017>、スカパラと10-FEETの共演再び「スカパラがお前らをブチ上げにきたぜ」

ツイート

登場のSEに10-FEETとのコラボ曲「閃光 feat.10-FEET」を使うという、粋な演出でステージに現れたのは、東京スカパラダイスオーケストラ。気温30度、体感温度はそれ以上の13時に、ビシッとしたスーツ姿が素敵だ。

◆東京スカパラダイスオーケストラ 画像

沖祐市の軽やかなタッチのピアノが響くと、大きな歓声とハンドクラップが巻き起こる。CM曲としてもお馴染みの「Paradise Has No Border」だ。そしてGAMO(Tenor Sax)の「ウィ、アー、東京スカパラダイスオーケストラ!」という高らかなあいさつから、パワフルでエナジーに満ちたアンサンブルがスタートした。スイッチの入ったステージ上はまさにNo Borderで、加藤隆志(G)が台の上で華麗なギタープレイを魅せ、ホーンズのNARGO(Trumpet)、北原雅彦(Trombone)、GAMO、谷中敦(Baritone Sax)は、それぞれの楽器をダイナミックに振りながらパフォーマンスする。最後はホーンズとギターとで、観客を撃ち抜くような仕草。百発百中のスナイパーたちである。

続く「DOWN BEAT STOMP」では、谷中、GAMO、大森はじめ(Perc)がヴォーカルをとって、シンガロングで盛り上げる。笑顔でソリッドなビートを生み出す茂木欣一(Dr)、クールにしかし躍動的なベースを奏でる川上つよし(B)と、どの角度から見ても死角なしのステージに痺れる。

そして、この<京都大作戦>のステージでやらないわけがないのが10-FEETとのコラボ曲。谷中が「10-FEET、TAKUMA!」と呼び込んでスタートしたのは「hammer ska」。こちらもビシッとスーツ姿で(しかしアホの坂田風に)登場したTAKUMAが力強いスクリームや歌を聴かせ、音圧たっぷりのスカパラのロックサウンドとダイナミックな熱風を生み出していく。「京都、スカパラびっくりさせてやれよ」とTAKUMAが煽ると、気温がぐんぐん上昇していく。



熱いコラボから一転、「いいか、人生は祭りだ。音楽は旅だ。旅の恥はかきすて。全員、いくぞ」という谷中の言葉から始まったのは、「Routine Melodies」。甘美なメロディと8ビートでステップさせて、爽やかな風を吹かせる。かと思うとまた、不意打ちのように「10-FEET、TAKUMA!」と舞台袖にいるTAKUMAを呼び込み、「Samurai Dreamers」へ。すっかりスーツを脱いでTシャツにキャップ姿の少年のようなTAKUMAが、刀を抜く仕草をし、谷中と掛け合うようにヴォーカルをとる。パンキッシュでアグレッシヴなスカ・チューンにコブシが上がり、大合唱が巻き起こる。

沖による哀愁のアコーディオンのイントロから、劇的なダンスナンバーへとなだれ込むキラーチューン「ペドラーズ」では、ギターを持った横山健が登場! ゲストとしてプレイするのかと思いきや、ステージを駆け抜けていった。その姿を誰より楽しんでいる、スカパラの懐の深さが窺える。


そして「10-FEET、TAKUMA!」と谷中の3度目のコール! アワアワしながらスーツに着替え「もう一回?」とジェスチャーしながら登場したTAKUMAとともに、「閃光 feat.10-FEET」へ。曲中にはNAOKIとKOUICHIも出てきて、NAOKIはGAMOを後ろから抱きかかえたり、KOUICHIは茂木の周りでドラムを叩いてみたりとやりたい放題で暴れまくる。TAKUMAは、歌詞の一部を“Ahhh 京都大作戦10周年に スカパラがお前らをブチ上げにきたぜ!”と変えて、猛烈に熱いアンサンブルにのせてシャウトする。曲の終わりには、谷中が「京都大作戦10周年おめでとう!」とTAKUMAを抱きしめ、続いて「袖にいるアーティスト、全員集合!」と招集をかける。こうしてステージに呼んだバンドマンとともに、「All Good Ska is One」でひとつになる。「全員、肩を組め!」(谷中)と、観客もステージ上のバンドマンたちもキッズとなって肩を組んで、気持ちのいいビートに笑顔で揺れる。それは、素晴らしい光景だった。

取材・文◎吉羽さおり
撮影◎HayachiN/みやざきまゆみ

【東京スカパラダイスオーケストラ セットリスト】

01.Paradise Has No Border
02.DOWN BEAT STOMP
03.hammer ska
04.Routine Melodies
05.Samurai Dreamers <サビレルナ和ヨ> feat.TAKUMA
06.ペドラーズ
07.閃光 feat.10-FEET
08.All Good Ska is One


■<京都大作戦2017 ~心の10電!10執念!10横無尽にはしゃぎな祭!~>

2017年7月7日(金) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2017年7月8日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2017年7月9日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
▼開場
7月7日 開場:11:30 / 7月8日, 9日 開場:9:30
▼開演
7月7日 開演:13:00 / 7月8日, 9日 開演:11:00
【出演アーティスト ※50音順】
▼7月7日(金)
【源氏ノ舞台】サンボマスター、SiM、竹原ピストル、10-FEET、Nothing's Carved In Stone、My Hair is Bad
【牛若ノ舞台】打首獄門同好会、Creepy Nuts、四星球、ヤバイTシャツ屋さん、夜の本気ダンス
▼7月8日(土)
【源氏ノ舞台】Ken Yokoyama、The BONEZ、湘南乃風、10-FEET、東京スカパラダイスオーケストラ、Dragon Ash、FIRE BALL with HOME GROWN、RADWIMPS
【牛若ノ舞台】藍坊主、Age Factory、GOOD4NOTHING、Crystal Lake、NAMBA69、NUBO、yonige
▼7月9日(日)
【源氏ノ舞台】氣志團、SUPER BEAVER、dustbox、10-FEET、マキシマム ザ ホルモン、MAN WITH A MISSION、ROTTENGRAFFTY、WANIMA
【牛若ノ舞台】ENTH、OVER ARM THROW、ガガガSP、SIX LOUNGE、SHANK、G-FREAK FACTORY、Dizzy Sunfist

【鞍馬ノ間】
7月7日(金):大阪籠球会、京都ハンナリーズとのバスケットボール体験やエキシビションマッチ
7月8日(土)、9日(日):下記8チームによるバスケットボールのトーナメント戦「京都大作戦杯2017」を開催
AKT LOCA、UNDER DOG、OSAKA YOUNG GUNS、大阪籠球会、SOMECITY OSAKA選抜、TEAM-S、東京籠球会、HIGH WEST BALLERS

この記事をツイート

この記事の関連情報