オーディエンスが目一杯に詰まったグラウンド。身動きも取りづらいほどだ。そこまでの注目と期待を集めるのはRADWIMPS。<京都大作戦>に初登場ではあるが、改めて言う必要もないぐらい人気も存在感もあるバンドだ。SEの流れるなか出てきたメンバーは、大きな歓声を気持ち良さそうに浴びながら、<京都大作戦>の空気を思いっ切り吸い込んだ。

◆RADWIMPS 画像

SEからそのまま優しく広がっていく「夢灯籠」がこの日のオープニング・ナンバー。野田のよく伸びる歌声が響くと、たちまち引きこまれていくオーディエンス。しかしイントロからの展開直後、力強いバンド・サウンドをRADWIMPSは轟かせた。なにしろ現在の彼らは、サポート・メンバーとはいえ、ツイン・ドラム体制。音の厚みはラウドで、観ている側の身体を刺激しまくる。ギターの桑原、ベースの武田も、アクティブに動きながらフレーズを次々に決める。


その勢いのまま次の曲のイントロに入ったとき、太陽が丘は異様なレベルで沸き立った。誰もが期待していた曲だろう、それは「前前前世」。“曲はリリースした直後からリスナーのものになって、それぞれの曲として成長もする”とミュージシャンは口にすることがある。それを証明するかのような熱さが一気に生まれていった。煽り文句やその仕草をメンバーが見せなくても、コーラスでは大合唱とハンドクラップも勝手に巻き起こる。その高いテンションに、野田も喜びの表情を見せ続けた。歌もさらに冴え渡る。

「念願の<京都大作戦>、最高です。正直、大先輩に挟まれて、こっちは生まれたての小鹿のような気分でステージにやってきました。でもみなさんの温かい思いをいっぱい浴びて、最高に気持ちいいです。夏が始まったばかりですけど、夏のエネルギーを全部置いてくつもりでやります。ついて来れっかい!」


ここから「05410-(ん)」で強い一体感を作り出し、野田がピアノを弾きながら「棒人間」も披露。ポップで親しみやすいメロディのバンドという、ごく一般的な認識がRADWIMPSにはあるかもしれない。しかし様々な曲をプレイしながら、多面的な魅力も発揮。それが最も現われたのはライブ後半からだろう。

「この後、誰が来るか分かってるんやろ。俺らが完全に温めておかないと、なにをするか分からない人達。ここから飛ばして行くぜ!ついて来れるか! 京都の駄々っ子ぶり見せてみろや!」

さっきまでと性格まで変わったか、そんな荒ぶれた野田に突如変貌した。それにも煽られ、縦ノリとグルーブを融合させた「DADA」では熱量を一気に高めていく。野田もギターを置いてハンドマイクで歌い、左右にある台の上から扇動するようにマイクを客席に向ける。ロック・バンドとしての本領だ。しかしそのレベルじゃ終わらなかった。


桑原がギターでノイズを鳴らしたと思ったら、野田もギターを手にノイズを鳴らし、今度はステージ・センターで向き合ってユニゾンのフレーズを決める。こうして始まった「おしゃかしゃま」では、中盤に桑原のギター、武田のベースでソロ・バトルを展開。二人の間には野田がいて、両者のプレイヤー魂を燃え上がらせるように煽った。図に乗って武田の髪の毛を掴んで、ヘドバンさせるという荒業も。それでも高速スラップを決める武田が凄まじい。そのまま今度はドラム・バトルにも膨らみ、“ギター&ドラム” vs “ベース&ドラム”という対決にも発展。言葉はなくとも熱い音の数々が、オーディエンスの興奮を高め続けた。演奏でクライマックスを作るという、腕のあるミュージシャンとしての本領も発揮するRADWIMPSだった。

「最高に楽しかったです、初めての<京都大作戦>。10周年、本当におめでとうございます。20周年も、30周年、40周年もあることを信じて、そしてまた呼ばれるように僕らもがんばっていきたいと思います。本当にありがとうございます」

初めての<京都大作戦>だったが、味をしめ、<京都大作戦>好きになったRADWIMPSでもある。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎HayachiN/みやざきまゆみ


■<京都大作戦2017 ~心の10電!10執念!10横無尽にはしゃぎな祭!~>

2017年7月7日(金) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2017年7月8日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2017年7月9日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
▼開場
7月7日 開場:11:30 / 7月8日, 9日 開場:9:30
▼開演
7月7日 開演:13:00 / 7月8日, 9日 開演:11:00
【出演アーティスト ※50音順】
▼7月7日(金)
【源氏ノ舞台】サンボマスター、SiM、竹原ピストル、10-FEET、Nothing's Carved In Stone、My Hair is Bad
【牛若ノ舞台】打首獄門同好会、Creepy Nuts、四星球、ヤバイTシャツ屋さん、夜の本気ダンス
▼7月8日(土)
【源氏ノ舞台】Ken Yokoyama、The BONEZ、湘南乃風、10-FEET、東京スカパラダイスオーケストラ、Dragon Ash、FIRE BALL with HOME GROWN、RADWIMPS
【牛若ノ舞台】藍坊主、Age Factory、GOOD4NOTHING、Crystal Lake、NAMBA69、NUBO、yonige
▼7月9日(日)
【源氏ノ舞台】氣志團、SUPER BEAVER、dustbox、10-FEET、マキシマム ザ ホルモン、MAN WITH A MISSION、ROTTENGRAFFTY、WANIMA
【牛若ノ舞台】ENTH、OVER ARM THROW、ガガガSP、SIX LOUNGE、SHANK、G-FREAK FACTORY、Dizzy Sunfist

【鞍馬ノ間】
7月7日(金):大阪籠球会、京都ハンナリーズとのバスケットボール体験やエキシビションマッチ
7月8日(土)、9日(日):下記8チームによるバスケットボールのトーナメント戦「京都大作戦杯2017」を開催
AKT LOCA、UNDER DOG、OSAKA YOUNG GUNS、大阪籠球会、SOMECITY OSAKA選抜、TEAM-S、東京籠球会、HIGH WEST BALLERS