【速レポ】<京都大作戦2017>、Dragon Ash「京都でいちばんデカいロックンロールドリームを」

ツイート

夕方のいい風が吹きはじめたこの太陽の丘に登場したのは、<京都大作戦>皆勤賞バンドのひとつ、Dragon Ash。まずステージに現れたのは、BOTS(DJ)とダンサーのふたり、ATSUSHIとDRI-V。満員の会場の興奮のスイッチを入れるパフォーマンスで、Kj(Vo&G)、HIROKI(G)、桜井誠(Dr)、KenKen(B/RIZE)を迎え入れた。

◆Dragon Ash 画像

「行くぞ、大作戦!」というKjの声を合図に「Mix it Up」へ。ハイパーなアドレナリン全開チューンで、観客は悲鳴にも似た歓声をあげ、大きく手を叩く。長い髪を振り乱して、ヘッドバングするKenKenとKjに、観客も大きくうねる。頭からガッチリと観客を掌握して、続く曲は、THE MAD CAPSULE MARKETSのカバー曲「PULSE」。攻撃的な高速ブレイクビーツから、愛のあるパンキッシュなカバーとなっているのは、彼ら自身大きな影響を受けたバンドゆえだろう。アグレッシヴな2曲の連打で、早くもクライマックス感がある。


「クソなげえ台風で、中止になった幻の1回目も、そのメンバーが全部集まったこの場所で初めてできた本当の1回目も、俺たちのバンドメンバーが死んじまった年も。誰かが生まれた年も、誰かが死んじまった年も、10-FEETはずっとこの場所を、バンドマンや、何よりみんなのために歯を食いしばって守ってきたんだよ」。Kjの言葉に熱い拍手が起こる。

「熱いのが大嫌いなやつも、大好きなやつも、ダイブやモッシュが好きなやつも、後ろの方で見ていたいやつも、男も女も、刺青入れているやつも、大学通っているやつも、中学を卒業したやつも、全員が楽しむ権利があるんだ。Dragon Ashです、お願いします」──Kj

今年も笑って帰ろうと言って演奏されたのは、「Ode to Joy」だ。晴れやかで、力強いサウンドに観客が大きくジャンプをする。最新作『MAJESTIC』のなかでも、新たなライブチューン、シンガロングチューンになる1曲。「誰だって、幸せを求める権利はあるんだ、行こう!」というKjの叫びからサビへと向かう高揚感が、最高だった。KenKenの超絶なベースプレイ、スラップをフィーチャーした重厚なミクスチャーロック「The Live」の爆発感から、最新作『MAJESTIC』のなかでもニュータイプの「Jump」という流れもグッとくる。ミディアムなBPMだが、エモーショナルにもフィジカルにも訴えるサウンドは、こうした大きな会場にハマる。


「バンドマンに、毎年毎年夢を与えてくれて、どうも有難うございます。10-FEETに大きな宝物をさずけてくれて、どうもありがとうございます。みんながこうやって夢を見せてくれるから、毎年夢の続きが見たくて、みんなバンド続けているんだろうし、みんなも好奇心でそのロックバンドの夢の続きが見たいから、こうして集まっているんだろうし。昨日、今日、明日で、10-FEETに、京都でいちばんデカいロックンロールドリームをみせてあげてください」──Kj

最高の言葉のあとにプレイした「Fantasista」には、10-FEETの3人はもちろん、盟友たちが登場した。TAKUMAが楽しそうに踊り、KOUICHIはリフティングをしたり、NAOKIはKenKenをドリブルでかわしたりという、わちゃわちゃとした賑やかしぶりだ。また、JESSE(RIZE/TheBONEZ)がKenKenの横に立って、こいつどうだ!と言わんばかりに自慢げに腕を組んで、目の前のマイクを掴むと最高のラップを叩き出す。それぞれ結成年だったりデビュー年だったりするが、ともに今年20周年を迎えているメンツでもある。そのオールスターによる最高の「Fantasista」だ。こうしたステージも、<京都大作戦>だから見られるものだし、この自由なステージを見たら“自分もいつかここに立ちたい”というバンドキッズが増える理由もわかる。

「音楽は、バンドマンとは、ミュージシャンが支えているんじゃなくて、こうやって働いて嫌な思いや我慢をして金貯めて、今日を楽しみにしていたみなさんが支えている。じじい、ばばあになって音楽に触れる機会が少なくなってもいいと思う。でも、音楽を愛する気持ちを忘れないで生きていってください」──Kj



フェスやライブハウスで百の感情を解放してください、とラストに披露したのは「A Hundred Emotions」。これもまた、『MAJESTIC』からのニューアンセム。美しくも、バースト感のある曲で締めくくったライブは、感動と同時に力が湧き上がってくるものだった。最後は、KenKenがベースアンプの横にずっと掲げていたIKUZONE(2012年に急逝)のシャツを、ステージ真ん中に据えた。10周年の<京都大作戦>にも、Dragon Ash、全員の思いや意志がこの舞台にあることを伝えるステージだった。

取材・文◎吉羽さおり
撮影◎HayachiN/みやざきまゆみ

【Dragon Ash セットリスト】

01.Mix it Up
02.PULSE
03.Ode to Joy
04.The Live
05.Jump
06.Fantasista
07.A Hundred Emotions


■<京都大作戦2017 ~心の10電!10執念!10横無尽にはしゃぎな祭!~>

2017年7月7日(金) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2017年7月8日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2017年7月9日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
▼開場
7月7日 開場:11:30 / 7月8日, 9日 開場:9:30
▼開演
7月7日 開演:13:00 / 7月8日, 9日 開演:11:00
【出演アーティスト ※50音順】
▼7月7日(金)
【源氏ノ舞台】サンボマスター、SiM、竹原ピストル、10-FEET、Nothing's Carved In Stone、My Hair is Bad
【牛若ノ舞台】打首獄門同好会、Creepy Nuts、四星球、ヤバイTシャツ屋さん、夜の本気ダンス
▼7月8日(土)
【源氏ノ舞台】Ken Yokoyama、The BONEZ、湘南乃風、10-FEET、東京スカパラダイスオーケストラ、Dragon Ash、FIRE BALL with HOME GROWN、RADWIMPS
【牛若ノ舞台】藍坊主、Age Factory、GOOD4NOTHING、Crystal Lake、NAMBA69、NUBO、yonige
▼7月9日(日)
【源氏ノ舞台】氣志團、SUPER BEAVER、dustbox、10-FEET、マキシマム ザ ホルモン、MAN WITH A MISSION、ROTTENGRAFFTY、WANIMA
【牛若ノ舞台】ENTH、OVER ARM THROW、ガガガSP、SIX LOUNGE、SHANK、G-FREAK FACTORY、Dizzy Sunfist

【鞍馬ノ間】
7月7日(金):大阪籠球会、京都ハンナリーズとのバスケットボール体験やエキシビションマッチ
7月8日(土)、9日(日):下記8チームによるバスケットボールのトーナメント戦「京都大作戦杯2017」を開催
AKT LOCA、UNDER DOG、OSAKA YOUNG GUNS、大阪籠球会、SOMECITY OSAKA選抜、TEAM-S、東京籠球会、HIGH WEST BALLERS

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス