【速レポ】<京都大作戦2017>、dustbox「皆勤賞です(笑)。いつもどおりそっちに行くから」

ツイート

源氏ノ舞台の次なる刺客は、<京都大作戦>の全てを知っている生き字引、dustbox。なにせ初回からの皆勤賞だ。SEが鳴り出すとハンドクラップが起こり、肩車でステージ前へ向かう猛者たちも。ステージに登場した3人は、そんなみんなに笑顔で挨拶。JOJIは嬉しそうに両手の親指を立てた。

◆dustbox 画像

ギターを軽くストロークしながら歌い始めたのはSUGA。彼のハイトーンでメロウな歌は、徐々に声の張りも強くなり、ひとつの曲として響きはじめた。

「<京都大作戦>! 思いっきりやろうぜ!!」

SUGAの叫び声を合図にキラー・チューンのひとつ「Jupiter」に突入した。ここにいるみんなは瞬間湯沸かし器か、SUGAの声を合図に一気に加熱。クラウドサーフも続出だ。dustboxも次々に曲を叩きつけながら、「今年もやろうぜ!」とか「暴れちゃってください」と、やはり次々に煽りも食らわす。小雨も降っているが、みんなにとってそれは雨の部類に入らない。元気復活剤として雨を浴び、dustboxの曲と音でさらにハジけまくる。おそらく<京都大作戦>が始まった10年前は、まだ小学生か中学生だった野郎どもが、その元気っぷりはガキのままにクラウドサーフを繰り出す。子供に戻ってハシャげるのも<京都大作戦>だ。



「10年連続、皆勤賞です(笑)。毎年、オファー来んのかなってヒヤヒヤしてます。10年目で重圧なんですけど、いつもどおりやりますよ。いつもどおり、そっちに行くから」──JOJI

彼のいう“いつもどおり”というのはちょっと怖い。いや、楽しい。毎年、煽りの右大臣と左大臣のような存在がSUGAとJOJIで、<京都大作戦>の盛り上げ番長のひとつがdustboxだ。SUGAが「さあ、泳いで来い!」と叫べば、JOJIも「やるぞ!」とみんなを扇動。それを受けて、「Hurdle Race」では肩車になったダイバーがグラウンドに乱立、サークルピットもでかいのや激しいものが幾つも生まれた。エネルギーの渦が太陽が丘を、最高の景色に彩っていった。それでもJOJIは言う。

「やるっしょ、今日は絶対やるっしょ! 見て、すごい目立ちたがりの人を」

その煽りに黙っちゃいられないのが、いつもどおり10-FEETのNAOKI。ベースを弾きながらステージに登場し、JOJIがボーカルに専念して「Neo Chavez 400」へ。NAOKIが弾く横で、さらに煽るようにNAOKIバリの回転をしながら歌うJOJIでもある。その煽りに反応したのは袖にいたROTTENGRAFFTYの侑威地。曲の途中、侑威地にベースが代わり、SUGAと向き合って激しいプレイで攻め続ける。その音に背中を強力なまでに押され、ステージから飛び降りたのはJOJIとNAOKI。そのままクラウドサーファー達の待ち受ける人の波に華麗なダイブも決めた。<京都大作戦>で一番のガキンチョぶりを発揮する二人でもある。ともかく激しさの相乗効果が連発するdustboxのライブだ。


「いつも10-FEETに呼ばれて、こっちがありがたい気持ちになるんだよ。今日はあいつらに本当のありがとう言いたいから、曲を持って来ました。ここにパイプ椅子並べて本気で聞かせてやろうかと思って」

SUGAがそう話すと、すぐにパイプ椅子をステージに並べる優秀な<京都大作戦>スタッフ。呼ばれて、かしこまって座るのはTAKUMA、NAOKI、KOUICHIだ。その3人の顔を改めて見ながら「いつもありがとう」と感謝するSUGA。彼が弾きながら歌い出したのは新曲、いや、10-FEETの「ヒトリセカイ」だった。スタッフに配布されたセットリストには“新曲”としか書いてない。dustboxの3人が密かに企んでいた本当のサプライズだ。イントロの瞬間、くしゃくしゃの笑顔になったのは10-FEET。今度はお返しとばかり、YU-KIのドラムセットをライザーごと前へ引っ張り出し、曲の中盤では我慢するのも限界とばかり、TAKUMAとNAOKIがコーラスで参加。自分達の曲のカバーに、本人がゲスト参加というのも妙ではあるが、こういう予想外の構図もまた<京都大作戦>ならでは。

さすがは<京都大作戦>の生き字引、“らしさ”をたらふく詰め込んだライブだ。10年間のありがとうと、これからもよろしくを込めて鳴らすバンド・サウンドも最高に熱かった。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎HayachiN/みやざきまゆみ

【dustbox セットリスト】

01.Jupiter
02.Riot
03.Try My Luck
04.Dive
05.I Remember You
06.Sun which never sets
07.Hurdle Race
08.Neo Chavez 400
09.Here Comes A Miracle
10.ヒトリセカイ(※10-FEETカバー)


■<京都大作戦2017 ~心の10電!10執念!10横無尽にはしゃぎな祭!~>

2017年7月7日(金) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2017年7月8日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2017年7月9日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
▼開場
7月7日 開場:11:30 / 7月8日, 9日 開場:9:30
▼開演
7月7日 開演:13:00 / 7月8日, 9日 開演:11:00
【出演アーティスト ※50音順】
▼7月7日(金)
【源氏ノ舞台】サンボマスター、SiM、竹原ピストル、10-FEET、Nothing's Carved In Stone、My Hair is Bad
【牛若ノ舞台】打首獄門同好会、Creepy Nuts、四星球、ヤバイTシャツ屋さん、夜の本気ダンス
▼7月8日(土)
【源氏ノ舞台】Ken Yokoyama、The BONEZ、湘南乃風、10-FEET、東京スカパラダイスオーケストラ、Dragon Ash、FIRE BALL with HOME GROWN、RADWIMPS
【牛若ノ舞台】藍坊主、Age Factory、GOOD4NOTHING、Crystal Lake、NAMBA69、NUBO、yonige
▼7月9日(日)
【源氏ノ舞台】氣志團、SUPER BEAVER、dustbox、10-FEET、マキシマム ザ ホルモン、MAN WITH A MISSION、ROTTENGRAFFTY、WANIMA
【牛若ノ舞台】ENTH、OVER ARM THROW、ガガガSP、SIX LOUNGE、SHANK、G-FREAK FACTORY、Dizzy Sunfist

【鞍馬ノ間】
7月7日(金):大阪籠球会、京都ハンナリーズとのバスケットボール体験やエキシビションマッチ
7月8日(土)、9日(日):下記8チームによるバスケットボールのトーナメント戦「京都大作戦杯2017」を開催
AKT LOCA、UNDER DOG、OSAKA YOUNG GUNS、大阪籠球会、SOMECITY OSAKA選抜、TEAM-S、東京籠球会、HIGH WEST BALLERS

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス