【速レポ】<京都大作戦2017>、MAN WITH A MISSION「貴様ラ全員、縦横無尽ニハシャギナサイ」

ツイート

次なるアクト、MAN WITH A MISSIONの名がアナウンスされ、大きな歓声が上がった源氏ノ舞台へと登場したのは、狼たちではなく、舞妓と袴姿のホーン隊。ずらりとステージに並ぶと、10-FEETの登場SEでもある「そして伝説へ」を生演奏。観客もすぐに反応して、高々と持っているタオルを掲げ、あるいはガゥガゥと狼のポーズを決める。会場一面、今から10-FEET登場かというムードだ。

◆MAN WITH A MISSION 画像

その高揚感のなか、マンウィズが登場──楽器を背負って、ドラム前に集まったりと10-FEETと同様の流れを、完コピ。こんなふうにして、遊びある仕掛けをしてくるのも、記念すべき10周年だからと、バンド主催のフェスだからこそだろう。そしてジャン・ケン・ジョニー(G, Vo, Raps)の「10-FEET、ハジメマース」の声で、ステージにTAKUMAが走りこんできた。本物が登場したところでスタートしたのはやはりこれ、「database feat.TAKUMA」。

トーキョー・タナカ(Vo)、ジャン・ケン・ジョニー、そしてTAKUMAの3ヴォーカルでパワフルに観客のコブシを上げさせ、「もっとこいよ!」とTAKUMAがステージ上を跳ね回り叫びをあげると、会場の熱気が急上昇。アンサンブルもグッと重厚さを増し、祭りは頭から大賑わいだ。ぶっ続けで、「Get Off of My Way」へとなだれ込んで、会場は両手を高く上げて一緒にダンス。DJサンタモニカが楽しげに踊り、スペア・リブ(Dr)もスティックを突き上げ、トーキョー・タナカが遠くの観客に見せるように、こうだと踊ってみせる。



「楽シンデイルカ、テメエラ。京都ノ夏ガヤッテマイリマシタヨ。我々ニトッテモ初メテ出サセテイタダイタ<京都大作戦>、10周年オメデトウゴザイマス。ヤレンノカ? 聞コエマセン。ヤレルノデスカ、アナタタチハ。タイトルニモアルヨウニ、ヤルコトハワカッテマスヨネ。貴様ラ全員、縦横無尽ニハシャギナサイッテコト! 京都中ニ鳴リ響カセテクダサイ、アナタタチノ声ヲ」──ジャン・ケン・ジョニー

大きなシンガロングでスタートしたのは、「Raise your flag」。トーキョー・タナカの「Singing!」という声で、まさに歌詞通りに“声の限り”に叫びをあげる。ダイナミックでソリッドなサウンドがステージから、会場の後方へと駆け抜けていくのが爽快だ。そこから最高にモダンでエモい新曲「Dog Days」をお見舞いし、観客のコブシを下げさせる間もなく「FLY AGAIN」へ。両手を高く突き上げて、“♪FLY AGAIN YEAH~ YEAH~“と伸び上がる。 DJブースから飛び出して、ステージ先端でYEAH~と盛り上げて、その勢いで観客の中へ。そして曲にのって、クラウドサーフしながらステージ前まで戻ってくる。


「スゴイコトデスネ。10周年トイウコトデ、初メテノ3日間開催デスガ、3日で6万人ホド、宇治市ニヤッテキテイルソウデス。改メテ、10-FEET、<京都大作戦>、ソシテ京都ノ皆サン、オメデトウゴザイマス。街中モ全員、大作戦ノ人ナンデスヨ、ホントニ。我々ガ泊マル宿モ、ミンナイルワケヨ。一個ダケオ願イガアルンデスケド、大浴場ニ入ルデショ? 我々モ入ルノヨ。ソノ時ニMAN WITH A MISSIONノ“マンウィズ”ヲ確認シナイデ欲シイノ。他、何シテモイイケド、ソコダケ確認スルノハヤメテクダサイ。ソレ以外ハ、10周年ナノデ何ヤッタッテイイカラ。最後ノ最後マデ、思イ切リハシャイデ帰ッテクダサイ!」──ジャン・ケン・ジョニー

やや狼的下ネタが入ったところで、このクールでソウルフルな曲を聴かせていいのかという流れだが、「Dead End in Tokyo」のグルーヴを会場に染み込ませた後は、「Emotions」で再び観客をかき回していく。カミカゼ・ボーイがピックを投げ、ベースの弦をガゥガゥとかじってプレイすると、エンディングには多くのタオルが掲げられ、熱いステージに賛辞を送った。

取材・文◎吉羽さおり
撮影◎HayachiN/みやざきまゆみ

【MAN WITH A MISSION セットリスト】

01.database feat.TAKUMA
02.Get Off of My Way
03.Raise your flag
04.Dog Days
05.FLY AGAIN
06.Dead End in Tokyo
07.Emotions


■<京都大作戦2017 ~心の10電!10執念!10横無尽にはしゃぎな祭!~>

2017年7月7日(金) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2017年7月8日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2017年7月9日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
▼開場
7月7日 開場:11:30 / 7月8日, 9日 開場:9:30
▼開演
7月7日 開演:13:00 / 7月8日, 9日 開演:11:00
【出演アーティスト ※50音順】
▼7月7日(金)
【源氏ノ舞台】サンボマスター、SiM、竹原ピストル、10-FEET、Nothing's Carved In Stone、My Hair is Bad
【牛若ノ舞台】打首獄門同好会、Creepy Nuts、四星球、ヤバイTシャツ屋さん、夜の本気ダンス
▼7月8日(土)
【源氏ノ舞台】Ken Yokoyama、The BONEZ、湘南乃風、10-FEET、東京スカパラダイスオーケストラ、Dragon Ash、FIRE BALL with HOME GROWN、RADWIMPS
【牛若ノ舞台】藍坊主、Age Factory、GOOD4NOTHING、Crystal Lake、NAMBA69、NUBO、yonige
▼7月9日(日)
【源氏ノ舞台】氣志團、SUPER BEAVER、dustbox、10-FEET、マキシマム ザ ホルモン、MAN WITH A MISSION、ROTTENGRAFFTY、WANIMA
【牛若ノ舞台】ENTH、OVER ARM THROW、ガガガSP、SIX LOUNGE、SHANK、G-FREAK FACTORY、Dizzy Sunfist

【鞍馬ノ間】
7月7日(金):大阪籠球会、京都ハンナリーズとのバスケットボール体験やエキシビションマッチ
7月8日(土)、9日(日):下記8チームによるバスケットボールのトーナメント戦「京都大作戦杯2017」を開催
AKT LOCA、UNDER DOG、OSAKA YOUNG GUNS、大阪籠球会、SOMECITY OSAKA選抜、TEAM-S、東京籠球会、HIGH WEST BALLERS

この記事をツイート

この記事の関連情報