台湾イケメンバンドnoovy、目標達成で日本メジャーデビュー決定

twitterツイート

2017年1月より日本での活動を本格的にスタートさせた台湾の4人組バンド「noovy」が、7月7日(金)〜9日(日)に開催された<日本台湾祭り2017>に出演。最終日のステージで日本メジャーデビューを発表した。

4月に発売されたインディーズミニアルバム『ONE』を3,000枚販売するという目標を掲げ、これまで全国各地のライブハウス・CDショップを精力的に回ってきたnoovy。上野公園で開催された<日本台湾祭り2017>では、炎天下の中集まった約5,000人の観客を前に2日間ともバンドスタイルでライブパフォーマンスを披露。特に最終日でもあった7月9日は、noovyの日本滞在最終日ということで、大勢のnoovyファンが会場に殺到。CD即売にも長蛇の列となり、約300枚のCDが1日で売れたという。

<日本台湾祭り2017>のフィナーレを飾るゲストアクトとして登場した彼らは、ライブ冒頭で、遂にこの日をもって3,000枚というミニアルバムの販売目標を達成したことを報告し、日本でのメジャーデビューを発表。割れるような歓声と共に、これまで彼らの成長を見守ってきたファンが涙を流す場面も見られた。感動と興奮が入り混じる中、インディーズバンド・noovyとしては最後のライブがスタート。大勢のnoovyファンに加え、<日本台湾祭り2017>のスタッフや会場の露店スタッフからも彼らに大きな声援が向けられた。





7月10日、久しぶりに母国・台湾に帰国したnoovyは、7月21日には台湾で自身初の1stフルアルバムを発売する。平均年齢19歳の彼らが約半年にわたって経験した日本での日々は、彼らの人生の中で大きな転換期となった。

9月に彼らが再び日本を訪れる頃には、今以上のスターになっているかもしれない。Sony Musicからの日本メジャーデビューにあわせ、各地で予定されているリリースイベントや大型フェスへの出演も決定している。

◆noovy オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon