【イベントレポート】GLAY、新宿バルト9試聴会は4人の個性が炸裂。謎のカウントダウンも開始

ツイート

7月12日にニューアルバム『SUMMERDELICS』を発売するGLAYが、発売直前の7月10日(月)に新宿バルト9にて、アルバム全曲の先行試聴&トークイベントを行なった。

◆GLAY 『SUMMERDELICS』先行試聴会イベント写真

この日のMCに駆けつけたのは、自身も「HOWEVER」のカバー経験者である つるの剛士と、最近TERUと親交のあるインスタントジョンソンのじゃい。イベントの模様はLINE LIVEでも同時配信され、30万件以上の視聴数を記録した。

日頃生活リズムも慌ただしい中では、他の作業を一切せず一枚のCDに全身で没入するという経験も少なくなりがちだが、今回の試聴会は映画館の大音量でそれをやろうという贅沢な機会だ。イベント前半はアルバム『SUMMERDELICS』収録全14曲をフルで試聴。スクリーンに歌詞や楽曲PVが投影されるなか、会場のお客さんはそれぞれ楽曲を堪能していた。「the other end of the globe」PVのような壮大なスケール感を目で楽しむこともできるし、映画館の環境で楽曲を聴いたときに、各楽器の奏でる質感がよりクリアに耳に入ってくることにも感動する。しっかりと作り込んだ確かなクオリティのものを、誰にもわかりやすく伝えるという点においてGLAYの仕事はいつも丁寧だ。


全曲試聴が終わった後、会場にはMCの二人に加えTERU、TAKURO、JIRO、HISASHIのメンバー4人が登場し、観客席からは色めき立った歓声が。トークコーナーでは4人を交え、『SUMMERDELICS』収録曲について笑いの絶えないトークが展開された。

1曲目「シン・ゾンビ」ではHISASHIが楽曲リメイク元となった「彼女はゾンビ」にもふれ「コンサートでもかなり自由な仕上がりで 録音物でも行けるんじゃないかと思って」と「シン・ゾンビ」へと繋がる経緯を語った。「音ゲーのピコピコを入れたくて、(『太鼓の達人』の)どんちゃんの声がどうしても欲しくなってオファーしました」と制作のフットワークの軽さ(そしてそれを良しとするGLAYチームの柔軟さ)が伺える発言も次々に飛び出してくる。

また、アルバムにはドラマ『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』主題歌として「the other end of the globe」も収録されるが、おりしもこの試聴会の直前にはTERUがゲーム話題専用のTwitterアカウントを新設しYahoo!ニュースのトップを飾ったばかり。楽曲紹介からTERUがハマっている『ファイナルファンタジーXIV』の話に脱線しかかる場面もあったが、MCが「これを期に、スクエニの人が次の作品でTERUさんに声をかけていただければ……」と繋げたところでHISASHIが「バンナムからスクエニまで!」とうまく締めた。

JIRO曲「lifetime」では、リスナーに“次にまた会えることを願って”と呼びかける歌詞がホロリとくる。「久々に歌詞を書いてみました。TERUにいつもひやかされる」と語ったJIROに対し、TERUは「JIROは(言葉以外で語るタイプなので)めったにそういうことしないんです。それを初めて言葉にしたんで感動しちゃって」と口にしていた。GLAYはこの2年程のあいだ各地でのホールツアーを行なっており、その時の客層がいつもの客層とは異なっていたことにJIROは気がついたという。「またいつ会えるかわからないけど、楽しみにしていてよって思いをこめて作った。さまざまな事情があってなかなかライブに来られない人たちのために作ってみました」とJIRO。

シングル「G4」シリーズ同様、メンバー4人全員が作詞作曲を務め、アルバムとしての体質が少し変化したのも『SUMMERDELICS』の見どころだ。それまで作詞・作曲の主軸となっていたリーダーのTAKUROはこの変化を喜びとともに歓迎しているように見える。彼はトークの中で「the other end of the globe」でTERUと共作した際のエピソードや、「lifetime」でのJIROのこだわりエピソードも語ってくれた。また、TAKURO作詞作曲の北海道マラソン公式ソング「ロングラン」についても「俺のイメージでは100メートル走だった…」と会場の笑いを誘いつつ、歌詞内でバトンを渡していくくだりについてTERUに「やっぱたすきの方がいいかな?」と相談していたことも明らかになった。

メンバーが最後の挨拶を終えステージを降りた後には、サプライズとして「XYZ」のミュージックビデオがスクリーンで初解禁。この楽曲は<Red Bull Air Race 2017>のテーマソングであり、MVでは6月4日に<Red Bull Air Race Chiba 2017>決勝会場で行われたGLAYスペシャルライブの映像が使用された。青空の下の爽やかなライブ風景に、高速で大空を飛び交うRed Bull Air Raceの模様が強烈な疾走感でオーバーラップする様は終始目が離せない見応えたっぷりなものとなっている。

さらに、その後にはスクリーンに突然緊急告知の文字が。「TOKYO SUMMERDELICS」というタイトルとともに「都内某所で何かが起こる」と映し出され、会場がざわめく中、目の前で謎のカウントダウンがスタートした。このカウントダウンはGLAYの公式HPでも表示されており、現段階では関連発表などは行なわれていない。

アルバムリリース後にも大型の“何か”を控え、GLAYのニューアルバム『SUMMERDELICS』は明日7月12日にリリース日を迎える。

<GLAY museum>

■GLAY ニューアルバム『SUMMERDELICS』リリース特番~シン・ゾンビMV初公開&未公開ライブ映像初だし~6時間ぶっ通しSP~
放送日:7月11日(火)18:00~24:00
URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv302101124

GLAY ニューアルバム『SUMMERDELICS』

2017年7月12日発売
■ CD only盤/\3,000(本体)+税
品番: PCCN-00028
・ CD/SUMMERDELICS

■ CD+2DVD盤/\5,000(本体)+税
品番: PCCN-00027
・ CD/SUMMERDELICS
・ DVD/Single Track Only Live @函館アリーナ

■ 5CD+3Blu-ray+グッズ 盤 (G-DIRECT限定Special Edition)/¥22,963(本体)+税
■ 品番:LSGC-0002
◆ 豪華BOX仕様
・ビニールバック入り
・アナログ盤サイズブックレット
・バンダナ
・ステッカー
・ポスター
・8ディスク
DISC1 CD/SUMMERDELICS
DISC2 Blu-ray/Single Track Only Live @函館アリーナ
DISC3 Blu-ray/VIDEO GLAY 7
DISC4 Blu-ray/ GLAY Documentary
DISC5 CD/Live CD Single Track Only Live @函館アリーナ
DISC6 CD/HIGHCOMMUNICATIONS TOUR Supernova 16.3.4 ロームシアター京都
DISC7 CD/HIGHCOMMUNICATIONS TOUR Supernova reprise 16.11.10 下北文化会館
DISC8 CD/HIGHCOMMUNICATIONS TOUR Never Ending Supernova 17.5.4 足利市民会館

【SUMMERDELICS収録楽曲】
品番: PCCN-00028/PCCN-00027/LSGC-0002
1.シン・ゾンビ (Written & Composed by HISASHI)
2.微熱(A)girlサマー (Written & Composed by HISASHI)
コンタクト専門店アイシティ 夏のキャンペーンCMソング
3.XYZ (Written & Composed by TAKURO)
Red Bull Air Race Chiba 2017テーマソング
4.超音速デスティニー (Written & Composed by HISASHI)
テレビアニメ「クロムクロ」第2クールオープニングテーマ
5.ロングラン (Written & Composed by TAKURO)
北海道マラソンオフィシャルソング
6.the other end of the globe (Written by TERU/TAKURO Composed by TERU)
MBS/TBSドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」主題歌
7.デストピア (Written & Composed by HISASHI)
テレビアニメ「クロムクロ」第1クールオープニングテーマ
8.HEROES (Written & Composed by TERU)
テレビ東京系アニメ『ダイヤのA -SECOND SEASON-』オープニングテーマ
テレビ神奈川 第97回全国高等学校野球選手権神奈川大会中継テーマソング
9.SUMMERDELICS (Written by TAKURO Composed by JIRO)
10.空が青空であるために (Written & Composed by TERU)
テレビ東京系アニメ「ダイヤのA -SECOND SEASON-」オープニングテーマ
11.Scoop (Written by TAKURO Composed by JIRO)
テレビ朝日系「お願いランキング」1月度エンディングテーマ
12.聖者のいない町 (Written & Composed by TAKURO)
13.Supernova Express 2017 (Written & Composed by TAKURO)
JR北海道・北海道新幹線開業イメージソング
14.lifetime (Written & Composed by JIRO)

■太鼓の達人コラボ「SUMMERDELICS」特設サイト
http://www.glay.co.jp/summerdelics/special/

■GLAYニューアルバム発売記念特設コーナー抽選会
http://www.glay.co.jp/news/detail.php?id=2457

『SUMMERDELICS』予約購入者限定ライブ
<LSG Presents GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS”前夜祭 ~微熱(A)girl Summerdelics~>

2017年9月19日(火)Zepp DiverCity(TOKYO)
■エントリーカード配布CD店舗他詳細はこちらをご確認下さい。
→https://gdirect.jp/special/cdlive_summerdelics
■GLAY Official Site G-DIRECT (https://gdirect.jp/store/) でもシリアルナンバー配布中!

【シリアルナンバー配布期間】2017年5月25日(木)0:00~7月11日(火)23:59
【チケットエントリー受付期間】2017年5月25日(木)12:00 ~ 7月12日(水)23:59
https://gdirect.jp/special/cdlive_summerdelics

『GLAY New Album発売記念番組「the other end of the globe〜10年後の夢に向かって』

放送予定一覧
・7月8日/愛知県/名古屋テレビ放送 /25:32~26:02
・7月11日/福岡県/九州朝日放送 /26:20~26:50
・7月15日/大阪府/テレビ大阪/26:30~27:00
・7月18日/北海道/北海道テレビ放送/26:21~26:51
・7月17日/石川県/石川テレビ/25:30~26:00
・7月20日/宮城/東北放送/ 26:20~26:50
※追加情報は随時公式HPでアップ致します。
http://www.glay.co.jp

<GLAY museum>

日程:2017年7月7日(金)~8月13日(日)
会場:HMV仙台 E BeanS店内「hmv museum 仙台」
http://www.hmv.co.jp/newsdetail/article/1706081013/

■bay fm GLAY 1DAY詳細

5:00~8:57「POWER BAY MORNING」 ※TERU&JIROコメント出演
9:00~11:53「miracle!!」 ※TERU&JIROコメント出演
13:00~15:51「it!!」 ※2時台のウィリアムテルにTERUがコメント出演
16:00~18:50「The BAY LINE」 ※TERU&JIROコメント出演
21:00~22:24「ON8+1」 ※TERU&JIRO出演
23:00〜24:00「TERU ME NIGHT GLAY」※ゲスト出演 DAIGO / GLAY

■ラジオ生出演情報

■TERU&JIRO
7/12(水) FM802「RADIO MASTERS」15:00~19:00
※17時台出演予定

■JIRO
7/13(木) ZIP—FM「SMILE HEART BEAT」14:00~17:00
※16時台出演予定

■HISASHI
7/12(水) 広島FM「DAYS!」13:30~17:45
※17時台出演予定

7/13(木)KBCラジオ「PAO〜N」13:00~16:00
※14時台出演予定

7/13(木)FM福岡 HyperNightProgram GOW!! 16:30~20:25
※19時台出演予定

■TAKURO
7月7日TBCラジオ「ラジオな気分」13:00~16:00
※13時台出演予定

7/13(木) AIR—G’「MOXY」16:00~18:55
※16時台出演予定

<GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS”>

9/23(土・祝)朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
9/24(日)朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
9/30(土)大阪城ホール
10/1(日)大阪城ホール
10/7(土)宮城 / セキスイハイムスーパーアリーナ
10/8(日)宮城 / セキスイハイムスーパーアリーナ
10/21(土)広島グリーンアリーナ
10/22(日)広島グリーンアリーナ
10/25(水)東京/日本武道館
10/27(金)東京/日本武道館
10/28(土)東京/日本武道館
11/3(金・祝)北海道立総合体育センター 北海きたえーる
11/4(土)北海道立総合体育センター 北海きたえーる
11/11(土)神奈川/横浜アリーナ
11/12(日)神奈川/横浜アリーナ
11/15(水)大阪城ホール
11/16(木)大阪城ホール
11/25(土)マリンメッセ福岡
11/26(日)マリンメッセ福岡
12/9(土)さいたまスーパーアリーナ
12/10(日)さいたまスーパーアリーナ
12/16(土)愛知・日本ガイシホール
12/17(日)愛知・日本ガイシホール

■アリーナツアー特設サイト
http://glay.jp/summerdelics
※公演詳細&チケット発売情報は特設サイトで随時更新

【台湾公演が開催決定!】
2018年3月 台湾・台北アリーナ
※詳細は後日発表いたします。

<GLAY TAKURO Solo Project 2nd Tour“Journey without a map 2017”>

11月21日(火)大阪・Zepp Namba 開場18:30/開演19:00 
11月30日(木)新潟・新潟LOTS 開場18:30/開演19:00
12月11日(月)東京・Zepp Tokyo開場18:30/開演19:00
12月18日(月)愛知・Zepp Nagoya 開場18:30/開演19:00
12月21日(木)北海道・函館・金森ホール 開場17:30/開演18:00
12月27日(水)神奈川・Motion Blue yokohama <1st Stage> 開場16:00/開演17:15、<2nd Stage> 開場19:00/開演20:15
12月28日(木)神奈川・Motion Blue yokohama <1st Stage> 開場15:00/開演16:15、<2nd Stage> 開場18:00/開演19:15

http://www.glay.co.jp/live/#takuro2nd

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス