好みのパーカッション・サウンドで生楽器演奏をより楽しく! BOSSの新感覚リズム・マシン「リズム・パートナー DR-01S」

ツイート

アコースティック・ギターやウクレレの演奏にぴったりな相棒がBOSSから登場した。本格的で多彩なパーカッションのリズム伴奏により、セッション感覚で演奏が楽しめるリズム・パートナー「DR-01S」。10月から発売される。

「DR-01S」は、どこでも気軽に演奏できるアコースティック楽器に、手軽にパーカッションのリズムを加えられるスピーカー内蔵のリズム・マシン。これまでのリズム・マシンとは異なり、演奏パターンをプログラムする作業は必要なし。好みの音色やリズムのバリエーションを選んで、テンポや音量を調整するだけのカンタン操作で、すぐに「DR-01S」のリズムに合わせて演奏が楽しめる。


搭載されるパーカッション音色は、シェーカー、タンバリン、マラカス、カホン、コンガ、ボンゴ、そしてドラムセットまで、アコースティック楽器と相性の良い18種類。内蔵パターンのバリーションは、パーカッショニストの演奏によるシンプルかつ汎用性の高いものを豊富に用意。さまざまな曲やジャンルに対応する。これらを組み合わせるだけでオリジナルのリズム・パターンに発展させることも可能。その組み合わせは本体メモリーに保存可能だ。


▲楽器のアイコンで示された好みのパーカッションを選択するだけのシンプルな操作パネルと、10cmのスピーカーを搭載。本体のサイズは210×143×127mm(W×D×H)、重さは900g。

練習に便利なメトロノーム機能も搭載。さらに、再生が始まる前にカウント音を鳴らしたり、リズムを止めた際に音をフェード・アウトさせるといった演出も手軽に行える。電源は付属のACアダプターを使用。乾電池対応でどこでも気軽に持ち込んで演奏できるのもうれしいところだ。単3形乾電池6本を使用、アルカリ電池で約10時間使用できる。

カスタム設計のスピーカーとキャビネット構造を採用した高品質なサウンド・システムにより、臨場感溢れるパーカッション・サウンドが楽しめるほか、ラインアウト端子も搭載。PAシステムと接続すれば大きな会場での活用も可能だ。もちろん、スマホやオーディオ・プレーヤーと接続できるAUX入力も用意。さらにオプションのフットスイッチを使用すれば、ハンズフリーでコントロールできるのも見逃せない。


製品情報

◆リズム・パートナー DR-01S
価格:オープン
発売日:2017年10月

この記事をツイート

この記事の関連情報