【インタビュー】上白石萌音、『and...』が生む繋がりの数々「曲が届く度に感動しきりでした」

twitterツイート

女優として活躍する傍ら、2016年に歌手デビューした上白石萌音が7月12日に初のオリジナルアルバム『and...』をリリースした。秦 基博、世武裕子 、藤原さくら、名嘉 俊(HY) 、内澤崇仁(androp) など錚々たるアーティスト陣から提供された珠玉の8曲は、“演じるように歌う”とされる彼女の様々な表情を照らしている。初めて“自分の曲”を手にした彼女は、それらとどう向き合ったのか。

◆上白石萌音 画像

■音楽の現場に行くとワクワクします。

──前作『chouchou』を取材させて頂いた時に、「小さい頃から常に歌っていて、歌が私の原点なんです」とおっしゃっていましたが、歌手としての活動を始めてから歌に対する気持ちの変化みたいなものはありましたか?

上白石萌音(以下、上白石):あります。ただ好きなだけじゃダメなんだって。『舞妓はレディ』で初めて人前で歌って色々な人に聴いてもらった時から、「ちゃんと聴いてもらえる歌にしないといけないな」「趣味で終わらせちゃいけないんだな」っていうことを凄く思っていて、それが歌手デビューしてからはさらに強まりました。その気持ちが先走っちゃって、「上手く歌わなきゃ」とか「音を外しちゃいけない」とか、ちょっと神経質になっていた時期もあったんです。でもその時に、結局一番大事なのは歌が好きで好きでしょうがなかった小さい時の気持ちで、それは今の自分の中になくてはならないものだから、仕事になろうが誰の前で歌おうが失くしてはいけないと思ったんです。だから今は、歌を楽しんで「好きなんです」って思いだけで歌うためにも、色々ストイックな練習も必要なんだって考えるようになりました。

──歌うことが大好きな上白石さんでもそんな時期があったんですね。

上白石:はい。その時は辛かったですね。お家で歌う時にもいろんなことを気にしちゃったり、本番みたいな気持ちになって歌いたくないって思ったりとか。その間は私の人生の中で異質な時間でした。私じゃない時間(笑)。でもそういう時期があったおかげで、歌がさらに好きになりました。

──ワンマンライブや大きなフェスでのステージも経験されましたが、そこでの刺激みたいなものはありました?

上白石:レコーディングで繊細な所まで突き詰めて作るっていうことも楽しくて大好きなんですけど、やっぱり生ものって楽しいなって(笑)。ライブに来て聴いてくださった方のリアクションに何かをもらって、さらに「よし、もっと行こう」って気持ちになったりとかするんですよ。なので、ステージを経験するごとに緊張は増しています。歌い始めると大丈夫なんですけど、歌うまでの緊張が日に日に大きくなっていて、ライブの時は早く歌い始めたいって思いますね。

──昨年末(2016年)の<COUNTDOWN JAPAN>のステージとかはどうでした?

上白石:あの空間は他のアーティストさんを見に来て「ちょっと見てみるか」って方が多かったと思うんです。だから「どうしよう」って凄く緊張してしまいました。でもステージに上がっちゃうとやっぱり楽しいんですよね。

──逆に全然知らないお客さんに歌う楽しさみたいなのはなかったですか?

上白石:会場がどんどんあたたまって、見ている方がどんどん入り込んで来てくださっているのも伝わって来たので、快感でしたね(笑)。一息一息ごとに距離が縮まるような気もしました。

▲『and...』ジャケット

──音楽活動を始めたことで、女優の時とは違った出会いも沢山あったみたいですが。

上白石:はい。お芝居の作品は2、3か月時間を共にしてちょっとずつ人間関係を築いていって、撮り終わった所で「さようなら」って感じなんですけど、音楽の現場ってイベントや収録でその日に「初めまして」をして、終わって「じゃあまた」っていう一日単位の出会いが多いので、出会いが一気に広がる世界なんだなって思いましたね。大好きなアーティストさんが目の前で歌っていたり、私の歌を聴いて話しかけてくださったり「これは夢かな?」と思う瞬間がいっぱいあって、今回アルバムで曲を共作してくださったさくらちゃん(藤原さくら)も音楽番組やCOUNTDOWN JAPANで同じ日だったりとか、女優として出会った時とは違う質感があって、音楽の現場に行くとワクワクします。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon