桐嶋ノドカ、小林武史 x ryo(supercell)の強力なWプロデュースで今秋より再始動

ツイート

シンガーソングライター・桐嶋ノドカが、キングレコードに移籍、彼女を音楽プロデューサーの小林武史とryo (supercell)がタッグを組んでWプロデュースする新プロジェクトが、今秋リリースに向けてスタートしたことが発表となった。


▲小林武史、ryo(supercell)

この3人によるプロジェクト始動に伴い、桐嶋ノドカの最新ビジュアルと、ティザー動画、ティザーサイトが公開となった。動画では、新曲と思われる彼女の歌声も聴くことができる。


●桐嶋ノドカ コメント
新たな歌に出会っています。自分の中にまだまだ未知の世界が広がっていること、そこを信頼できる方々と共に旅する感覚。すべて新しい喜びです。どんな音が鳴っていくのか、楽しみにしていてください。

●小林武史 コメント
僕にもまだ想像しきれない、ジャンルを超えたコラボだと思う。そして、歌唱力や表現力は最近また磨きがかかってきている桐嶋ノドカだからこそ、まだ見たことのない領域にたどり着けるかもしれない。

●ryo (supercell) コメント
はじめまして、ryoと申します。まず小林さんと関われることを大変嬉しく、また光栄に思います。そして桐嶋さん、ライブを見たり一緒に作業してみた感じで、とても素晴らしいシンガーだと思いました。良い曲の定義は色々あると思うんですが、これから生まれるであろうそんな三者による楽曲は新しい定義でもって聴く人に迎え入れてもらえるような、そんな音楽を目指したいと思っています。本当に楽しみです。よろしくお願いします。


この記事をツイート

この記事の関連情報