【イベントレポート】jealkb、新作リリイベで鰹も乱舞

twitterツイート

jealkbが7月18日、東京・池袋サンシャインシティ噴水広場にて、ニューアルバム『IDENTITY』のリリース記念イベントを開催した。『IDENTITY』は3年ぶりとなるニューアルバム。この日はフラゲ日のリリースイベントとあり、大勢のファンが会場に駆けつけ、フリースペースもギャラリーで膨れ上がった。

◆jealkb ライブ画像(全10枚)

ミニライブが開演すると、冒頭「日本で一番腰の低いバンドです!」と自己紹介したhaderuは「hidekiの振付を真似してくれたらいいので」と、「GLAY」「SMAP」「長渕剛さん」と名付けられた基本的な手振りを hidekiとともにレクチャー。「いけるか、池袋ー!」と煽り、1曲目の「OKK-17」で観客をノリノリにさせるも「今日は演奏していません。爆音出すと、お店に迷惑をかけちゃうので」と当て振りだという事実を明かして、笑いを誘った。


続いて2曲目の「Packya Ma Lad」がスタートしたが、身体を回転させるといった振付をやらない観客を見つけては、「止めてー!」と3度もやり直しを命じたhaderu。「そんなんで日本の政治が変わりますか?」といったメッセージを投げかけるシーンもあった。

3曲目の「Reverse Bonito」は、高知県出身のメンバーが2人(ebiee、hideki)いることにちなみ、戻り鰹について歌った楽曲。曲の途中からクッション製の鰹を客席に投げ飛ばす演出もあり、「鰹に触れたら1年間、風邪をひかないです(笑)」というhaderu の呼びかけもり、鰹が乱れ飛ぶ光景が続いた。


そしてラストの「ASTROMEN」のイントロが始まったと思いきや、またもhaderuが曲を止め、遠巻きに見ていた制服姿の女子高生やフランスから来たという外国人らを前方に呼び込むと、2回目の「Reverse Bonito」を披露。再び鰹の乱舞で会場中を熱狂させ、改めて「ASTROMEN」をパフォーマンスしライブを締めくくった。

ニューアルバム『IDENTITY』は本日7月19日にリリース。18:00からは神奈川・ラゾーナ川崎プラザにてリリースイベントが行なわれるので足を運んでみよう(入場無料)。また今週末7月21日、22日には全国ツアー<jealkb TOUR 2017 IDENTITY>のファイナル2days公演が東京・渋谷WWW Xにて開催される。


リリースイベント情報

<NEW アルバム「IDENTITY」発売記念イベント ミニライブ&特典会>
7月19日(水)神奈川・ラゾーナ川崎プラザ 2F ルーファ広場 グランドステージ
start 18:00
※入場無料

ライブ情報

<jealkb TOUR 2017 IDENTITY>
2017年7月21日(金)、22日(土)東京・渋谷WWW X
open 18:45/start 19:30
前売り ¥3,990(税込・入場時別途ドリンク代)

リリース情報

New Album『IDENTITY』
2017年7月19日(水)発売
■Type-A(CD+DVD)
¥4,000(税込) YRCN-95280
■Type-B(CD)
¥3,000(税込) YRCN-95281

[CD収録曲] ※Type-A・B共通
01.&alive
02.try and error
03.Ranker Killer
04.ASTROMEN
05.海を游ぐ月
06.reboot
07.Reverse Bonito
08.Fight for a renovation
09.Packya Ma Lad
10.IDENTITY
11.Water Color

[DVD収録内容]
01.IDENTITY MV
02.try and error MV
03.Fight for a renovation MV
04.reboot MV

[初回仕様限定:応募抽選はがき封入]
※抽選で賞品をプレゼント。詳細はオフィシャルサイトにて。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報