【インタビュー】家入レオ、自分が生きたことのない人生を表現できた最新シングル「ずっと、ふたりで」

twitterツイート

■MV撮影は東京から車で3時間、トレッキングコースを1時間ぐらい歩いて行ったんです
■滝のしぶきで髪の毛がぺしゃんこになるからサザエさんみたいにホットカーラーを巻いて


──ミュージックビデオは栃木県のスッカン沢渓谷にある秘境の地で撮影したということですが、かなり大変なロケだったそうですね。

家入:監督が「ずっと、ふたりで」を聴いた時に“いくら設備が整ったスタジオで光を作りこんでも勝てない気がする。これは人間の力を超える自然の力だね”と言って、滝をバックに歌う映像を提案してくださったんです。撮影場所まで往復8時間弱かけて行きました。

──大変なコースを歩いていったんでしょう?

家入:はい。東京から車で3時間走って駐車場からトレッキングコースを1時間ぐらい歩いて行ったんです。いつもスタッフと都会のビルの中で仕事しているからトレッキングがいい気分転換になって、みんなで歌をうたいながら歩いたりして楽しかった。あと私、猫っ毛なので滝のしぶきで髪の毛がぺしゃんこになるから、サザエさんみたいにホットカーラーを巻いて山道を上り下りしていたんですよ(笑)。(スマホで写真を見せながら)ホントにくるっくる巻きでまわりも衝撃を受けていたみたいでした。


▲「ずっと、ふたりで」【初回限定盤:CD+DVD】


▲「ずっと、ふたりで」【完全生産限定盤:CD+GOODS】


▲「ずっと、ふたりで」【通常盤:CD】

──はははは。別の人ですね。ミュージックビデオは滝に光がさしこむ映像がとても綺麗で、そこで白いワンピースを着て歌っているレオちゃんが神々しく見えました。

家入:ありがとうございます。山奥にある滝なので光が届く時間が限られているんです。なので1テイク1テイク魂を込めて撮影しました。

──歌入れのエピソードと通じるものがありそう。

家入:そうですね。自分うんぬんじゃなくて、自然の力を借りるみたいな。

──うん、うん。そしてカップリングに収録されている「だってネコだから」は、かわいい曲ですね。思わず笑顔になってしまうような。

家入:リリースが増えてくると締め切りに追われて「作らなきゃ」っていう気持ちになることもあるんですけど、この曲は生活に寄り添うように自然に生まれた曲です。朝、よくピアノを弾いているんですけど、白いピアノが置いてある部屋は壁紙も机も白で大きな窓があるんです。カーテンも白で、そこから光が射してくると部屋全体が発光している感じになって、まどろむように歌っていたら「私、ネコみたいだ」って(笑)。「性格がネコっぽいね」って言われることも多いんですけど。

──レオちゃんは顔もネコ系ですよ。

家入:はははは。だから、ネコ目線で曲を作ってみたら面白いかもって。

──段ボールの中で泣いていた自分を抱き上げて家に連れていってくれた飼い主との生活を歌っているラブソング?

家入:そうですね。恋の歌。ネコ目線ですけど(笑)。すごく楽しんで書いた曲です。最初はメロディに英詞を乗せていたんですけど、雰囲気に逃げるのはイヤだから、日本語で書こうって。

──英詞だと洋楽に近いですよね。

家入:そうなんです。藤原さくらと仲が良いんですけど、さくらが教えてくれた洋楽のアーティストを聴いていて、「ピアノだけで曲を作ってみよう」と思ったのがキッカケでしたね。

──あと、この曲、コーラスがふんだんに入っていますね。

家入:コーラスはすごくこだわりました。メインの歌は3回ぐらいしか歌っていないんですけど、コーラスにはとても時間をかけたんです。「このレコーディング終わるのかな」と思ったぐらい。

──途中にキュートな掛け声も入っていますよね。

家入:“フォーッ”っていう声ですよね。あそこはドラムの人が気分がノッてきた時に出した声が良かったから、そのまま収録したんです(笑)。ネコがじゃれている感じを出したくて笛の音を入れていたり、いろいろ遊んでます。

──肩の力が抜けている今のレオちゃんが出ている曲ですね。そして“SMBC/三井住友銀行 2017年「ひとりひとりが日本代表。」CMソング”としてオンエア中の「ヒーロー」はウルフルズの曲のカバー。

家入:はい。CMのお話をいただいた時にオリンピック、パラリンピックに向けて応援していきたいという趣旨に賛同して「ぜひ」って。トータス松本さんの曲を歌わせていただいたんですけど、トータスさんはもはや一つのジャンルだと思うので「自分らしくガラッと変えちゃえ」って、アレンジを爽やかにしてナチュラルに歌いました。

──カバーなので、他者が書いた曲とはいえ、表題曲とはまた違うのかなとは思うんですが、どんなモードで臨んだんですか?

家入:「ずっと、ふたりで」は私のために書き下ろしていただいた曲なので、モードは違いますね。「ヒーロー」はトータスさん節なので、この部分は早口で歌ったほうがパンチが出るんだろうなとか。カバーをするとそのアーティストのことがよりわかるなと思いました。

──やっぱり作り手目線ですね。今回のシングルは“僕”“わたし”“おれ”と全部一人称が違いますが、それは偶然?

家入:偶然です。“おれ”って歌う日が来るとは思ってなかった(笑)。でも、新鮮でしたね。

──聴いていて違和感がないのがまた家入レオの個性なんだろうと感じました。男性とか女性を超越しているシンガーなんですよね。

家入:最近よく言われるんですよ。「レオちゃんって性別じゃないところにいるよね」って。

──そう、そう。「ずっと、ふたりで」も歌い方によってはもっとウエットになる曲だと思うんですよ。

家入:わかる。メロディや言葉使いが女性的だから、歌い方によっては男性が聴いたら恥ずかしい曲になるというか。

──もっとメローになるんじゃないかな。

家入:確かに。それは自分でも発見だったかも。

──発見といえばジャケットも3種類、全然違う顔を見せている。

家入:これも自分がどう映りたいとか、そういうことじゃなくて、アートディレクターの方に委ねたんです。そしたら今まで以上にいろいろな方が力を貸してくれて。この撮影も楽しかったな。


▲『5th Anniversary Live at 日本武道館』【Blu-ray】


▲『5th Anniversary Live at 日本武道館』【DVD】

──充実していますね。このシングルと同時に初武道館の模様を収めたライブ映像作品『5th Anniversary Live at 日本武道館』もリリースされますが、これは5周年というひとことでは言い表せない大事なライブになりましたね。

家入:なりました。この映像作品は“武道館が終わりじゃなくて、ここからが始まりなんだよ”ということを言葉じゃない形で伝えたくて、初のドキュメンタリーな内容になっているんです。私がバンドのメンバーだったり、舞台監督と話しているところを遠巻きに撮った場面も入っていて「レオちゃんってこういう感じで武道館に向かってたんだ」ってわかるというか、すごく面白いアプローチをしています。

──初武道館ワンマンまでの道のりもわかるんですね。

家入:そうです。バックヤードも含めて映っていて、見終わった時に「映画を見た」と思うぐらいのヴォリュームになっています。

──それは見逃した人はもちろん、会場に行った人も観る価値ありますね。

家入:見てほしいですね。照明も衣装もメイクも細かいところまでこだわっているので。あと歌っている表情ももっと見てほしいです。

──最後に東名阪を廻るZeppツアー<5th Anniversary Live at Zepp>はどんな内容になりそうですか?

家入:武道館は、私を初めて知ってくれた人たちも含めてベストアルバム中心のセットリストにして入り口を広く設けたようなライヴだったと思うんですけど、Zeppはライブハウスというのもあるので、アルバム曲やカップリング曲などのコアな曲もやりたいですね。「5周年ありがとう」という気持ちは同じですけど、バンドメンバーもこのツアーだけのメンバーで、それによってアプローチの仕方も違ってくると思います。これからも長く音楽をやっていくため、さらにレベルアップしたいですね。

取材・文●山本弘子


リリース情報

13th Single「ずっと、ふたりで」
(日本テレビ系日曜ドラマ「愛してたって、秘密はある。」主題歌)
2017.07.26 Release
【初回限定盤:CD+DVD】 VIZL- 1203 ¥1,700+tax
<CD>
1. ずっと、ふたりで (日本テレビ系日曜ドラマ「愛してたって、秘密はある。」主題歌)
2. だってネコだから
3. ヒーロー (SMBC/三井住友銀行 2017年「ひとりひとりが日本代表。」CMソング)
4. ずっと、ふたりで <Instrumental>
5. だってネコだから <Instrumental>
6. ヒーロー <Instrumental>
<DVD>
1. ずっと、ふたりで Music Video
2. ずっと、ふたりで MV Making Movie
3. それぞれの明日へ Music Video <Another Version>
【完全生産限定盤:CD+GOODS】 VIZL-1204 ¥2,200+tax
<CD>
初回限定盤と同内容
<GOODS>
LEO IEIRI デニムストラップ付 スマホリング
※GOODS配色は全4パターン
●スマホリング(ブラック)×デニムストラップ(インディゴ)
●スマホリング(ブラック)×デニムストラップ(ブルー)
●スマホリング(レッド)×デニムストラップ(インディゴ)
●スマホリング(レッド)×デニムストラップ(ブルー)
【通常盤:CD】 VICL-37299 ¥1,200+tax
<CD>
初回限定盤と同内容

『5th Anniversary Live at 日本武道館』
2017.07.26 Release
【Blu-ray】VIXL-196 \5,000+tax
【DVD】VIBL-861~862 (2枚組) \4,500+tax
<収録曲>
僕たちの未来
Shine
太陽の女神
miss you
君に届け
Silly
チョコレート
君がくれた夏
Message
Hello
I promise you
Free
Too many
Lady Mary
恍惚
Bless You
For you
a boy
純情
Party Girl
Hello To The World
サブリナ
<ENCORE>
Linda
それぞれの明日へ
Last Song

ライブ・イベント情報

◆5th Anniversary Live at Zepp(全6公演)
●Zepp DiverCity Tokyo
9月06日(水) 18:00 OPEN / 19:00 START
9月07日(木) 18:00 OPEN / 19:00 START
問い合わせ:ディスクガレージ 050-5533-0888
●Zepp Nagoya
9月12日(火) 18:00 OPEN / 19:00 START
9月13日(水) 18:00 OPEN / 19:00 START
問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
●Zepp Namba
9月20日(水) 18:00 OPEN / 19:00 START
9月21日(木) 18:00 OPEN / 19:00 START
問い合わせ:キョードーインフォメーション 0570-200-888

◆EVENT
08月03日(木) お台場みんなの夢大陸2017 めざましライブ@夢大陸・スマイルランド内 HOT SUMMERスタジアム
08月06日(日) WEST GIGANTIC CITY LAND ’17 @大阪・舞洲スポーツランド
08月10日(木) コカ・コーラ SUMMER STAION 音楽LIVE@SUMMER STATION LIVEアリーナ(六本木ヒルズアリーナ)
08月11日(金) ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 @国営ひたちなか海浜公園


◆インタビュー(1)へ戻る

関連画像&映像

◆家入レオ 画像&映像
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon
amazon
amazon
amazon