【インタビュー】KENZI (かまいたち)、ラストライブを語る「美学に反して活動するのは嘘になる」

twitterツイート

かまいたちが2017年8月5日、赤坂BLITZにて<最終公演「THE END」>を開催する。同公演はそのタイトルが示すとおり、バンドの完全終焉を意味するラストライブとなるものだ。

◆かまいたち 画像

1985年に結成したかまいたちは“はちゃめちゃ狂”を掲げた型破りな活動でヴィジュアル系黎明期を牽引し、'92年9月6日に解散。それから約23年後の2015年、KENZI(Dr)の活動30周年記念を機会にオリジナルメンバーを含む面子にて復活を果たした。同年10月開催の新宿BLAZE公演は当初一夜限りを予定していたが、その後も<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016>出演や、その際の新宿ロフトワンマン発表、地元・京都MUSEでの26年ぶり凱旋ワンマンなど、現在まで旋風を巻き起こし続けている。

BARKSは、赤坂BLITZ公演が間近に迫った7月下旬、CRAZY DANGER NANCY KENchanことKENZIに、バンド復活のこと、<VISUAL JAPAN SUMMIT>やV系シーンの過去と現在、そしてかまいたちというバンドの本質と<最終公演「THE END」>についてじっくりと話を訊いた。“知らないうちに、皮膚がカマで割かれたような切り傷ができる現象”とも、“それを引き起こす妖怪”ともいわれる“かまいたち”のごとく、KENZIの発言は痛快にバンドシーンを斬り、<最終公演「THE END」>でつむじ風を呼び込む意欲に満ちている。

   ◆   ◆   ◆

■最後に神様からのプレゼントやな
■<VISUAL JAPAN SUMMIT>に感謝です

──8月5日に赤坂ブリッツで、かまいたちの最後のライブ<THE END>を行ないます。2015年の復活以降、何度かステージも行なっていましたが、正式に解散を決めたその理由は?

KENZI (CRAZY DANGER NANCY KENchan):いや、すでに'92年9月6日にかまいたちは解散しているんですよ。でも、僕のロック30周年のイベント(<KENZI 30th Anniversary Project 元祖ビジュアル系かまいたちKENZI伝説>/2015年10月12日)を新宿BLAZEでやるとき、かまいたちとしてのライブもやりたいなと思って、SCEANAと山ちゃん(クレクレMOGWAI)に声を掛けたら、「KENchanのお祝いやったらいいよ」って言ってくれてね。

──CEANA、クレクレMOGWAI、CRAZY DANGER NANCY KENchanといった黄金期のメンバー3人にゲストギタリストとして屍忌蛇が参加しての復活ですね。

KENZI:その1年後に、<VISUAL JAPAN SUMMIT>(2016年10月14日)へ「かまいたち、出演して」とお話をいただいて。どちらも20分ぐらいのステージだったんで、ケジメで、ワンマンで終わろうと思ったんです。それですぐに新宿ロフト(<独罰視姦二〇一七>2017年1月14日)をブッキングして、僕らは京都出身のバンドやから地元(追加公演<狂乱舞踏二〇一七>2017年4月1日@京都MUSE)でもやろうって。ただロフトはキャパが550人で、ソールドアウトで関係者も入れないような状況だったんですね。それなら最後の最後にでかいところでやろうかって、わりとポンポンと決まっていったんです。

▲KENZI (Dr)

──なるほど。

KENZI:当時の解散を振り返ると、みんなに悪いって気持ちがあって。年齢を重ねれば重ねるほど、そういう思いにもなるじゃないですか。SCEANAともよく話をしているんやけど、「あのときは若かったな。お互いにごめんね」って感じで(笑)。この前も音楽誌の取材をやらせてもらったんやけど、カメラマンがかまいたちのファンだった子で。「最後のツアーで名古屋に来たとき、メンバーはバラバラにタクシーで会場入りしましたね」とか、「SCEANAさんとKENZIさんが仲悪かったという噂は本当ですか?」とか、もう単刀直入に質問されて(笑)。まあ、あの頃はそんな感じやったんですよ。だから今、最後にこうやって解散ライブをできることは、メンバーみんなとも、いろんな人達のバックアップがあってこそやなって、ありがたいし、光栄やなと話をしてますよ。

──つまり、'92年以降から抱え続けてきた積年の思いから形になったのが、ここ最近のライブ活動だと。2015年にKENchanの<ロック30周年>というライブで、かまいたちが一夜限りの復活をしたとき、メンバーでいろんな話も膨らんだんですか?

KENZI:いや、あのときは自分のお祝いとして、そのステージだけでかまいたちのライブもやったということです。ただ、その後に<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016>に誘われて、SCEANAと山ちゃんに話をしたら、「エクスタシー・レコードのみんなにもお世話になったし、出るのはいいんじゃないかな」って。だから、その話が来るまでの1年間は、またやろうとか、そういう話もメンバーの中から出ることはなくて。もし<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016>に誘われなかったら、2017年に入ってからのかまいたちとしてのライブや、8月5日の<最終公演「THE END」>もなかったと思いますよ。メンバーで言ってますよ、最後に神様からのプレゼントやなって。ほんまに<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016>に感謝ですね。あのステージで今後のことも発表したくて、急いで、2017年1月の新宿ロフトをブッキングしましたから。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報