【連載インタビュー】gibkiy gibkiy gibkiy、aieが語る「一緒に血を流す人」

twitterツイート

kazuma(Vo)、aie(G)、kazu(B)、sakura(Dr)といったメンバーからなるgibkiy gibkiy gibkiyが8月9日、2ndアルバム『In incontinence』をリリースする。1stフルアルバム『不条理種劇』より約1年半ぶり、1stシングル「I LOVE YOU」より約1年ぶりとなる渾身の『In incontinence』は、全国ツアーや数々の大型イべント出演を経て進化と深化を遂げた彼らの最新作となるもの。リーダーのsakura曰く「ある意味においては、これが4人の1stアルバム」だという濃厚なサウンドが渦を巻く。BARKSは錚々たるメンバーの音楽背景に迫りつつ、枠に収まり切らない刺激と精度の高さといった相反するサウンドが共存した『In incontinence』を解き明かすべく、4週連続パーソナルインタビューをお届けする。初回のkazumaに続き、その第二弾はギタリストのaie。

◆ギブキー・ギブキー・ギブキー「愛という、変態」ミュージックビデオ

kazumaと組んだhighfashionparalyze。このヴォーカルとギターのみの編成から、4ピースになったロックバンドがgibkiy gibkiy gibkiyだ。現在、the god and death stars、KEEL、THE MADCAP LAUGHSというバンドを併行するaieは、gibkiy gibkiy gibkiyを「ビジネスではない」と語る。彼の表現者としての表情の変化を読み解いていきたい。

   ◆   ◆   ◆

■野蛮というか野性的というか
■出しているのは本能です

──2ndアルバム『In incontinence』収録全10曲の原曲はaieさんですか?

aie:僕とkazumaさんが2人で作って、それをメンバーに投げて、と言う感じです。

──aieさんの中ではkazumaさんと一緒に作る時に、何かテーマのようなものはありますか? 他のバンドでも曲作りをしていますが、gibkiy gibkiy gibkiyならではの意識って?

aie:kazumaさんの好きそうな感じっていうか、コード進行は意識してるかも。僕が歌うなら全然違う曲になるけど、kazumaさんが歌うし、一緒に何年かやっててどういうのが好きかも分かるから。それ用の曲を作って、kazumaさんに、“コレどうですか?”って聞いてノッてきたらそれが曲になっていく。“じゃあこういう展開にしましょう”ってザックリ決めて、それをkazuさんとsakuraさんに渡す感じですかね。

──そこからスタジオで合わせながら曲になっていくわけですね。じゃあ、kazumaさんありきの曲作り?

aie:かなぁ? 例えば他のバンドだとギターで弾き語り状態にしてるんですけど、その歌がないバージョンの1個前というか。“もしかしたらkazumaさんはここは歌わないかもしれない”とか、“この曲自体「歌わない」って言うかもしれない”とか。それで枝分かれ出来るようなプロトタイプっていうか。

──原曲というよりもっと前?

aie:原液というか……kazumaさんと2人でやってるhighfashionparalyzeの状態を作っておいて投げる。

──なるほど。highfashionparalyzeを言葉で説明するならどんな音楽ですか?

aie:やっている側の気持ちとしては、バンドとあんまり変わらない。kazumaさんも変わらないって言ってるんだけど、俯瞰で見ると普通ではないじゃないですか。アヴァンギャルドではあるとは思うんですけどね。

──今回の『In incontinence』は、どんなアルバムになったと思いますか?

aie:highfashionparalyzeは2人だからお互いが目立ちますけど、50%50%じゃないなと思っていて。例えばkazumaさんが血を流す人だとしたら、僕はそれを拭く布っていう感じなんです。でも、gibkiy gibkiy gibkiyだと一緒に血を流す人になってるのかな? 感覚としてそういう違いがある。

──拭く布から一緒に血を流すっていうものに変わってきた?

aie:そうだなぁ。kazumaさんが野生的なものだとしたら、それをキレイに見せるための檻でなきゃいけないのかもしれないですけど、わりと同レベルで野蛮かな? 最近ライヴをやってて自分もそう感じますね。野蛮というか野性的というか本能っていうか。「難解なことやってるね」って言われるんですけど、そうでもなくて。その場でsakuraさんのビートが変わったら、それに合わせて即興じゃないですけど合わせていく。身体が反応するだけで毎回同じライヴではない感じになってて。やってて楽しいんですよね。出しているのは本能ですね。

──その本能での表現が詰まっているアルバムが『In incontinence』という感じなんですか?

aie:そうですね、たぶん今回は。前作もそうですけど、僕も幾つかバンドをやっていて、このバンドのお金だけで生活しているわけじゃないので、媚びなくていいっていうか。迎合しなくていいっていうか、こんなのが聴きたいんでしょ?っていうのに合わせなくていい。「gibkiy gibkiy gibkiyが好き」って言ってくれる人のために曲を作ることはないし、「嫌い」って言われたとしても、「どうぞ、こっちは好きでやってるので」と。

──ビジネスではない?

aie:そうですね。ビジネスじゃないですね。

──趣味っていうレベルではないと思うのんですけど、創作集団?

aie:画家でいえばゴッホみたいな。死ぬまで絵は描いてるけど、結局誰も見向きもしない。だけど、命をかけて絵を描いているじゃないですか? そういう感じかな?

──耳を落として?

aie:そうそう、まさにゴッホかも。ピカソみたいに生きてる時から認められちゃってるのもいいと思うんですけど、それにも憧れるし。

──病んでない? 大丈夫?

aie:全然病んでないです(笑)! gibkiy gibkiy gibkiyのこと嫌いでもかまわないし。売れないから辞めようってバンドでもない。

──売れてる/売れてないは関係なしに、今、aieさんがgibkiy gibkiy gibkiyに感じている魅力って何ですか?

aie:カッコいいなって思ってますね、音楽も佇まいも、ロックバンドとして。シルエットすらカッコいい。さっきの迎合しないって話と同じになるけど、空気読まない感じっていうのがカッコいいなって。そういうロックバンドが多かった街に生まれて、そういうシーンでやってきましたけど、その原点かな。

──なるほど。

aie:こういうバンドがやりたい、こういうバンドがカッコいいなと思って、どんどん……。それこそ当時は人に合わせたり、会社に合わせたり、“ポカリのCMっぽい曲を作ってくれ”と言われて、どんどんそういうふうになっていたのが、我に返ったっていうかね。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon