こんにちは。シンガーソングライターの藤田麻衣子です。

「藤田麻衣子の恋愛相談室」ということで、みなさんといろんな恋愛話がしたい!というこの連載。今回もたくさんのおたより、ありがとうございます。

前回はみなさんのおたよりから「人それぞれのNGライン」について恋愛話をしました。

今回は、いつもに増して長文です。

正直にいろんな気持ちを打ち明けてくれてありがとう。

  ◆  ◆  ◆
  
ペンネーム:聖四朗(大阪府/女性)

藤田さんこんにちは!

去年フリーライブでキューズモールに来てくださったとき握手した際に「今日彼氏と別れてくると思うので藤田さんに会ってパワーもらいに来ました……」とのたまった者でございます(笑)。

その日ではなかったものの、しばらくして見事に別れました。

いろいろ考えまくってて気づいたことがあります。おそらく私は自尊心を満たすために彼氏と付き合ってたということ。別に100%自尊心満たすためだけに付き合ってたつもりはなかったけど、終わった今何が一番つらいかって自分の価値が損なわれたような気分がするからなのではと。そう思うと本当に虚しい気持ちになりました。

でも、恋が終わったからって自分の価値は変わらない。惰性で好きでもない人と時間を過ごすことのほうがよっぽど虚しいはず。そう言い聞かせて、別れたこと自体は後悔してはいません……が、今の私は心より体が寂しいように思います(泣)。

たとえ人間として仕方のない性だとしてもなんとも惨めというか……情けなくなります(笑)。
彼氏がいたときそういうことできるから私と付き合ってくれてんのかなーって考えちゃったときも、もしかして自分自身がそうなんじゃないの?とか(笑)。実際体に触れてるとき以外はいつも寂しい感じがすることがほとんどでした。唯一愛情を感じられる時間でした(泣)。結局私は肉体で寂しさを埋めてたのかなぁ、、と思います。だって体のふれあいがなけりゃそれこそとっくに別れてたと思いますから……(非道)。

そして相手を想う気持ちより自分は本当に好かれてるのかなと考えてしまう時間の方が多かったです。結局私は相手よりも自分のことしか考えてなくて、愛がないし、それもまたとても虚しいなと思います。

もうものすごく落ち込むようなことこそないけれど、なんとなく日々をだましだまし生きてるような感じです。漠然と本当にただ生きているだけのような(笑)。

カップルや夫婦を見てもフッ……いいなぁ……とは思いますが、男と女は一体なんのために寄り添ってるのかもわからなくなってきています(笑)。

自尊心満たすためだけに付き合ってたであろうことを後悔してる様子の私に、ある女友達は「ほとんどみんなそうやと思う」という風に言ってくれましたがなんだか腑に落ちませんでした。

私はいまだに誰かを本気で好きになったこともないんだと思います。いつもどこか冷静で、自分のことも相手のことも俯瞰的に見てしまうので今まで「大好き!」とか「もう絶対この人じゃなきゃだめ!」みたいな夢中になる気持ちになったことがないんです。

この人じゃなきゃだめという好意と、依存との違いもよくわかっておりません。

うんと寂しくなったら本当に誰かが必要になるからまずは寂しくなろう、と藤田さんは仰られていましたが、寂しくて誰かを求めてしまえば依存することに繋がってしまいませんか……?

少なからずわたしは、彼氏と別れて自分が慢性的に、根本的に寂しかったことに気づきました。あってないような自尊心と女としての自信を、彼氏という存在を持つことで保てていたのかなと思います。

それにいくら後悔してないと言ってもやっぱり元彼のことを思い出すとどうしようもない切なさに襲われます。特に藤田さんの歌聴くとほんとだめなんですね。聴いたら息が苦しくなるとわかってても聴いてしまう……まるで麻薬……。 長々と書きすぎてとりとめがなくなってきました!

とにかく藤田さん聞きたいことをまとめます。

以前無理をする方面で変わるのはおすすめしない、自然体のままでいい!という風に言っておられましたが、私は家族の前では昔からほとんど喋らず無意識に冷たい態度をとってしまうのです。なので家族には家にいるときの自分を徹底的に否定され続けてそのままでは人として絶対に駄目、好きな人にもそんな態度とるんかとボロカスに責められてしまうので(自分でもあかんとは思ってます)自然体の自分は受け入れてもらえないものなんだ、とどこかで諦めてしまってます。

誰かと話してても自分の発言や態度を常に評価してしまい疲れます。誰かを怒らせたりそっけない態度とられたりするとすぐ私の態度や発言のせいなんだと自分を責めてしまいます。それはつまり人一倍気を遣わなければ普通にコミュニケーションがとれないほど素の自分が最低なわけで、どこまで自然体でいればいいのかわからないです。

誰かを好きになっても、付き合っても私の冷酷な本性(?)が垣間見える場面があれば相手をとても傷つけるのだろうなと思うと特に恋愛面においてはあまり希望を持てません。

こういう場合は無理してでも努力して変わるべきですよね? それともどんな自分であっても好きでいてくれる人は1人くらいはいますかね……?

長すぎたら掲載してもらえないかもしれないからなるべく簡潔にまとめようとしたのにこの長さ……(泣)。いつでもいいので藤田さんにお答えいただけたらとても嬉しいです(TT)よろしくお願いします。

★★★

藤田麻衣子

とても正直に書いてくれてありがとう。

「体に触れてるとき以外はいつも寂しい感じがすることがほとんどでした。唯一愛情を感じられる時間でした。」心の奥で共感する人は多いんじゃないかなぁ。私も、その寂しさ、感じた時期がありましたよ。

でも、変わるかもしれないから、あんまり自分を責めなくて大丈夫です。

彼とは、いろんなこと、話せていましたか?私にこんなにたくさんの気持ちを話してくれてるみたいに、彼と話ができてましたか?体はもちろん、心の触れ合いも、とても大切ですよね。

「家族には家にいるときの自分を徹底的に否定され続けてそのままでは人として絶対に駄目、好きな人にもそんな態度とるんかとボロカスに責められてしまうので(自分でもあかんとは思ってます)自然体の自分は受け入れてもらえないものなんだ、とどこかで諦めてしまってます。」と書いてくれていますが、愛情あってのご家族の言葉ですが、もしそれが自己否定みたいな影響に繋がっているのなら、「そういうことを言わないでほしい」と真剣に伝えてみるのも一つかもしれないですね。

自己否定の部分は、自己肯定できるように変えていくことができたら、聖四朗さんがもっと生きやすくなるんじゃないかなぁと思いました。

自分自身を直したいのなら、努力すればいいし、ほんとは努力するのめんどくさいなら、ありのままでいればいいじゃないですか。うるさく言ってくる人がいたなら、まぁ....ほっといてくれって話ですよ(笑)。

私の場合は否定されるのとちょっと違うのですが、心配性のお母さんにいつも(大変そうなスケジュールとか、プレッシャーとかの話をした時に、)「もうそんな心配なことやめて、帰ってこやー」と言われ続けてて、私自身もいつもすごく恐がりで、20代後半くらいで、こんな自分じゃだめだと思ったことがあったのです。お母さんの「帰ってこやー」は、本気じゃないから、どーせ帰ってこないわと思いながらの口癖ですが、「あんたはそんなに体強くないんだから」みたいな心配性は、言葉のパワーも刷り込まれるというか....娘の私に影響大でした。母親の言葉って、子どもには洗脳みたいなパワーありますからね(笑)。一度ちゃんとそういう自分、それから心配性のお母さんに向き合おうと思いました。

「そういうこと言わないで。お母さんが心配だって言うから、無意識に言ってるんだろうけど、私はお母さんの言葉の影響受けるんだから、大丈夫だわって言っててよ。私もっとがんばりたいんだよ。大丈夫だわってお母さんがケロっと言ってくれたら、私も大丈夫だって思えるんだから」と言ったことがあります。そしたら、「そうだね、うん、大丈夫だわ」と言ってくれて、それからは心配しすぎて引っ張っるような言い方はしなくなりました。私は相変わらず心配性だけど、「大丈夫、できる」と以前よりもずっと自分を信じられるようになりました。

どんなに思い合っている同士でも、嬉しかった言葉がいつのまにかつらくなったり、よかれと思ってることが相手を苦しくさせたりすることはあると思います。もし影響がないなら問題ないんですが、もしも少なからず影響を受けているなら、改善するようにトライしてみるのもいいかもですね。

ちょっと恋愛から話がずれちゃいましたね。

「うんと寂しくなったら本当に誰かが必要になるからまずは寂しくなろう」と私が以前書いたことがありますが、それが依存に繋がるかどうか?ですよね。

それは人それぞれかな。

誰も必要じゃないけど、そろそろ恋がしたい...という時は「寂しいから、誰か必要」から始まる恋があってもいいんじゃないかと思うのです。

そして結果、大切な人を見つけられたなら、出会い方や、出会った時の状況や気持ちなんか何だっていいですよね。

例えば、10人付き合って(気力・体力使いまくりだから大変だけど、)たった1人でも自分を変えてくれる人に出会えたなら、それでじゅうぶんじゃないですか?そりゃ相手の気持ち考えたら悪い気もするけど、初めから誰のことも愛せる人ばかりならみんなこんな悩んで生きてないですよね。いつか出会う誰かのために、今があるんだと思うのです。

まだ、誰も愛したことがないのなら、これから愛する人に出会えたなら、おもいきり愛せばいいと思いますよ。

これは、根拠はないけど私が信じていること。

うんと寂しくなったら、いろんなことに気づきます。自分が何を求めてるのか、自分の何がいけなかったのか、変わりたいのか。どんなことが幸せなのか...それを見つめる時間は、逆に独りの時じゃなきゃ、そこまで自分に問いかけないですよね? 孤独な時間は、とても大切な時間です。

そして、自分に本当に必要なものが見えた時、少しすると現れたりするんじゃないかな。だから、心から望んでみてほしいのです。

どんなに真っ暗闇が続いても、永遠には続かないから、自分に向き合える時はとことん落ちて向き合ってみるのがいいと思います。

今とても大切な時期にいると思いますよ。

◆恋愛相談(2)