<RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO>が8月11日および12日の2日間にわたり、石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージにて開催された。19回目にして初の連休開催となった同フェスは9年ぶりに入場券が全てSOLD OUTし、2日間計72,000人のEZO ROCKERが全国各地から集結。8月13日昼12時をもって2泊3日全50時間の開催期間を終了した。

◆B’z 画像

B'zの出演は8月11日17時00分よりSUN STAGEにて。ステージには“玲”と刻まれた松本孝弘の白いアンプが16台もセットされるなど、そのステージ機材だけで壮観な光景だ。遂にステージへ姿を現した松本が両手で客席を煽り、ギターリフが鳴り響くと同時に稲葉浩志が登場。ライヴは「さまよえる蒼い弾丸」からスタートした。

セットリストはフェス仕様、誰もが知っている大ヒットチューンの連発だ。その圧倒的な演奏力と、実績も経験も積み上げてきたバンドならではのグルーヴで、初めて彼らを観るであろうオーディエンスも虜にしていく。稲葉と松本に視線が集まるのは当然のことだが、バリー・スパークス(B:元ドッケン)とシェーン・ガラース(Dr)のリズム隊も凄まじい。稲葉がマラカスを振り、松本がセンターでギターを奏でるなど、ルーズなセッショングルーヴから突入した「有頂天」はバンドとしての懐の深さを感じさせるものとなった。

「これがライジングサンロックフェスティバルか……すげえな。皆さん、素敵ですよ」──稲葉浩志

続けて「声を響かせてください」と稲葉が叫ぶと、「裸足の女神」のイントロで3万人の声がひとつになった。その後も「イチブトゼンブ」「Still Alive」で会場を盛り上げ、「juice」のコール&レスポンスでは、稲葉のハイトーンボイスについていけない客席に「適当でいいよ」と笑顔を見せるなど、お茶目な一幕も。

後半に披露された「ギリギリchop」では客席中がタオルを回し、ラストナンバー「ultra soul」のサビになると、SUN STAGEの前方からテントサイトの後方まで、ぎっしり埋まったオーディエンスほぼ全員がジャンプ。北海道の広大な大地が揺れたかと思うほど圧巻のステージをみせた。

なお、20回目となる<RISING SUN ROCK FESTIVAL>は2018年8月10日(金)および11日(土・祝)に開催されることがすでに発表となっている。


■<RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO>

2018年8月10日(金)、11日(土・祝)開催決定
【RSR2017入場者数】
2017/8/11(金) 36,000人
2017/8/12(土) 36,000人
TOTAL 72,000人