【レポート】清水ミチコ、<RISING SUN ROCK FESTIVAL>で「お、アンコールですね」

ツイート

<RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO>が8月11日および12日の2日間にわたり、石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージにて開催された。19回目にして初の連休開催となった同フェスは9年ぶりに入場券が全てSOLD OUTし、2日間計72,000人のEZO ROCKERが全国各地から集結。8月13日昼12時をもって2泊3日全50時間の開催期間を終了した。

◆清水ミチコ 画像

清水ミチコの出演は8月11日15時30分よりRAINBOW SHANGRI-LAのトップバッターとして。開演時間前には人が入りきらず、テントを多くのファンが取り囲んでいた。

ステージに現れた清水はオーディエンスからいきなりリクエストを募る。その声を「うんうん」と受け止めて「サッちゃん替え歌」から「100年の声の歌」で、タラちゃんをはじめ、山口もえ、杉本彩、さらには黒柳徹子やきんさんぎんさんまで。続く「アナと雪の女王」では井上陽水、瀬川瑛子、デビ夫人が憑依して会場は爆笑の渦。

しかしここからがまた凄い。ピアノ弾き語りで矢野顕子の「ひとつだけ」、RCサクセションの「スローバラード」、美輪明宏の「ヨイトマケの歌」、森山良子の「さとうきび畑」を次々に披露。さらには「お、アンコールですね」と勝手に応えて、松任谷由実の「春よ来い」、秋川雅史の「千の風になって」と、ステージはひとり紅白歌合戦の様相だ。

続いては作曲法シリーズのコーナーへ。これはいろんなアーティストの曲調のくせをつかんで、清水ミチコ流にアレンジし、いかにもそのアーティストっぽく披露するというネタなのだが、本人の曲としか思えない完成度の高さ。手の動きや声の裏返り方、サビの歌詞の雰囲気など完璧だ。スピッツ、山下達郎、サカナクション、トラメガ片手に椎名林檎、最後はミスチルと、単なるモノマネではなくアーティストへの愛情を強く感じるステージに場内拍手喝采となった。

客席からの「みっちゃーん」の声援に、再び「この感じはアンコールでしょうか?」と応えて、UA、YUKI、クリープハイプ、ゲスの極み乙女、いきものがかりと、ラストはフェスメドレーへ。「今日は本当にこのステージに来てくれてありがとう!」との言葉は、客席はもちろん、ステージに憑依してくれたアーティストに対する感謝を含んでいたのかもしれない。

(C)RISING SUN ROCK FESTIVAL
撮影◎原田直樹


■<RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO>

2018年8月10日(金)、11日(土・祝)開催決定
【RSR2017入場者数】
2017/8/11(金) 36,000人
2017/8/12(土) 36,000人
TOTAL 72,000人

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス