【レポート】スカパラがホスト役の豪華SESSION、<RISING SUN ROCK FESTIVAL>で「この曲をやれて嬉しい」

ツイート

<RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO>が8月11日および12日の2日間にわたり、石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージにて開催された。19回目にして初の連休開催となった同フェスは9年ぶりに入場券が全てSOLD OUTし、2日間計72,000人のEZO ROCKERが全国各地から集結。8月13日昼12時をもって2泊3日全50時間の開催期間を終了した。

◆FRIDAY NIGHT SESSION〜SKA IS THE PARADISE〜 画像

2017年のFRIDAY NIGHT SESSIONは、東京スカパラダイスオーケストラをホストに様々なゲストを迎え、スカの歴史を紐解いていくスペシャルな企画“FRIDAY NIGHT SESSION〜SKA IS THE PARADISE〜”だ。出演は8月11日24:00よりRED STAR FIELDにて。

まずはMCでピーター・バラカンがその流れを説明してスカパラの演奏へ。スカタライツの名曲が続いた後、The Birthdayのチバユウスケが呼び込まれ、ウェイラーズの「SKA JERK」とスカタライツの「BONGO TANGO」を披露。チバダンスが上機嫌を物語る。

さらにEGO-WRAPPIN'の中納良恵を迎えてスカタライツの「BLACK SUNDAY」が演奏されると、再びチバユウスケがステージに現れてボブ・マーリーの「Get Up,Stand Up」へ。SuchmosのYONCEはスペシャルズの「Gangsters」と自身の「STAY TUNE」のマッシュアップで客席を盛り上げた。

上半身裸にサスペンダースタイルで登場した銀杏BOYZの峯田和伸は、スペシャルズの「Little Bitch」を唄ったのだが、これがまるでテリー・ホールばりで素晴らしかった。そしてドラムの茂木欣一が「峯田くんとこの曲をやれて嬉しい」と披露したのはフィッシュマンズの「いかれたBaby」。峯田の繊細さが同曲に映し出された最高なコラボだった。続くミュート・ビートの「AFTER THE RAIN」カバーも、どこか昨年末に亡くなった朝本浩文のことを思い出させる。

「MONSTER ROCK」からスタートした後半はスカパラの歴史を紐解く内容に。「カナリヤ鳴く空」ではチバユウスケが呼び込まれ、途中からYONCEもステージへ。この飛び入りを知らなかったチバユウスケが一番驚いていたあたりが、いかにも<RISING SUN ROCK FESTIVAL>のセッションらしい一幕。

そして「黄昏を遊ぶ猫」と「くちばしにチェリー」では中納良恵、「hammer ska」では「急遽決まった」という10-FEETのTAKUMAが登場。ラストはゲスト全員が登場しての大団円。<RISING SUN ROCK FESTIVAL>初日、深夜のセッションは熱く幕を閉じた。

なお、20回目となる<RISING SUN ROCK FESTIVAL>は2018年8月10日(金)および11日(土・祝)に開催されることがすでに発表となっている。

(C)RISING SUN ROCK FESTIVAL
撮影:小川舞


■<RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO>

2018年8月10日(金)、11日(土・祝)開催決定
【RSR2017入場者数】
2017/8/11(金) 36,000人
2017/8/12(土) 36,000人
TOTAL 72,000人

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス