BARKSをご覧の皆さま、改めましてはじめまして。
真空ホロウ、ボーカルギター、松本明人です。

真空ホロウはニューアルバム『いっそやみさえうけいて』を5月にリリースし、7月にワンマンツアーをまわりました。
このツアーの模様は今後DVDとして発売予定なのですが、
まだまだ、アルバムを聴けていないという方々も沢山いらっしゃると思います。
このアルバムは、『やみこさん』という架空の主人公の日々を描いています。

『やみこさん』とはどういう人物なのか。

この連載は『やみこさん』の日々を『引いて見た』僕が、絵などの様々なフィルターを通して、描いていきたいと思います。



4回目は、『レオン症候群』。

今回の『引いて見た』では、『やみこさん』が目を覚まして、歯を磨いて、お化粧して、着替えて、鏡の前に立って、家から出て、街を見るとみんなおんなじに見える。
自己顕示欲でいっぱいの、どうにかして個性を見出したい『やみこさん』を歌った楽曲を描いてみました。


映画『レオン』のヒロイン・マチルダ。
ご存知の方も多いと思われますが、ボブヘアー、チョーカー、オーバーサイズのMA-1というスタイリングが、今やファッションアイコンとして確立されています。

僕もとっても可愛いと思いますし、もしも女の子に生まれていたなら一度は挑戦したい格好でした。笑

今回の主人公にとっても、このマチルダは憧れの存在で…

しかし…実のところ主人公は『レオン』を観たことがなく…
概要程度しか知らず…
なんだか最近こういうファッションの娘よく見るなあ…
可愛いなあ…

という、マチルダというよりも、マチルダっぽいファッションに憧れを抱いている主人公。


これがわたしの個性!

これでわたしも自信が持てる!

僕はそれをとても素敵なことだと思いますし、

憧れや真似事、流行に敏感なことは良いことです。


でもそれで個性が確立されたと思い込む弱さや怖さ、

確立されたと感じた瞬間に他人を卑下したりする精神は違います。


実際みんな悩んでるし、みんな個性が欲しいし、
でも現代の人たちは達観している人が多いらしいからそこまで劣等感とか感じないかも知れないけれど、

誰かと一緒なことは決して悪いことじゃない。

みんなマチルダみたいな格好でも、
たとえば全然違くても、

みんなアサイードリンク飲んでても、
たとえば白湯とか煎茶でも、

みんなパクチーモリモリ食べてても、
たとえばそれがヨモギでも、

それがわたしなら、それでいい。


そもそも現代に最早個性なんてないのかもしれないから、
だから、自分の好きな格好で、
自分の好きに生きたいね。って、
なかなか長くなっちゃいましたが、そんな歌です。

イントロダクションを省くとアルバムのトップバッター。
アレンジや音質的には初っ端からアクセル全開。

アルバムを発売してからこの曲はライブでも欠かさず歌い続けているのですが、いつのライブだったか、録画した映像を観ながら"ひとり反省会"をしていたところ『こーりゃカッコいいわ…』という声が入っていました。
無論、めっちゃ嬉しかったです。笑

今月はメンバーふたりでのアコースティックライブ、そしてサポートメンバーを含めてのバンドでのライブと多数ございます。

11月には全国6都市対バンツアーも決まっていますし、
お家で聴くだけじゃ物足りなくなったら是非ライブに遊びにいらしてください。

それでは、次回もお楽しみに◎



真空ホロウ
ボーカルギター
松本明人

<真空パック vol.12 〜○○○をうけいれて〜>

11月12日(日)仙台LIVEHOUSE enn 3rd
問い合わせ GIP 022-222-9999
11月17日(金)水戸ライトハウス
問い合わせ 水戸ライトハウス 029-224-7622
11月21日(火)福岡The voodoo lounge
問い合わせ BEA 092-712-4221
11月23日(木・祝)大阪Live House Pangea
問い合わせ GREENS 06-6882-1224
11月24日(金)名古屋CLUB UPSET
問い合わせ サンデーフォークプロモーション052-320-9100
12月7日(木)下北沢SHELTER
問い合わせ SOGO TOKYO 03-3405-9999
~support musician~
Dr.MIZUKI
■対バン相手は後日発表

真空ホロウ ニューアルバム『いっそやみさえうけいれて』

発売中
BNSU-0001 ¥2,200(税込)
1. いっそやみさえうけいれて(イントロダクション)
2. レオン症候群
3. ハートの噛み痕(feat. UCARY & THE VALENTINE)
4. #フィルター越しに見る世界 (with コヤマヒデカズ from CIVILIAN)
5. カラクロ迷路
6. 「夜明け、君は」
7. さかみち
8. ラビットホール
9. いっそやみさえうけいれて(アウトロダクション)