【レポート】<Earliest Memories>、'90年代V系バンドが一日限定のメモリアル

ツイート

'90年代に活躍したソフトV系バンド集結によるイベント<Earliest Memories 2017>が8月11日(金・祝)、TSUTAYA O-WESTで開催された。ニコ生にてリアルタイム配信されるなど、数万人が会場の熱気を共有した同イベントのオフィシャルレポートとphoto-galleryをお届けしたい。

◆<Earliest Memories 2017> 画像

<Earliest Memories 2017>は主催者曰く、“活動していた時期から15年以上経過し、アーティストもオーディエンスもライフスタイルの変化等で会場に駆けつけれない方々も居る。青春を共にしたアーティストの限定復活公演を沢山の方々に観て頂く為に、本年も生中継に踏み切った。色褪せない楽曲と最新のLIVE演出を融合したステージを楽しんで欲しい”という主旨で開催されたもの。

同イベントにはwyse、JURASSIC、CARESS、LAID、ILLUMINAをはじめ、友情出演というカタチで元Lastierの石山竜市(Vo)がラストステージを行うほか、そのセッションのドラマーにshuji(Janne Da Arc)が特別出演することも事前発表されていた。

イベントのトップバッターはJURASSIC。ライブがスタートした瞬間、TSUTAYA O-WESTのステージバック全面に配されたLEDパネルが彼らのナンバーとシンクロして映像を放つ。ここまで巨大なLEDパネルの設置は同会場初とあってオーディエンスからも驚きの声が上がり、JURASSIC本来のハードなロックチューンに拍車をかけた。

続いて登場したILLUMINAは2014年に12年ぶりの再集結を実現するなど、JURASSIC同様に限定的な復活を果たしている。そして、15年ぶりの復活となったのがCARESSだ。これらバンドによる圧巻の歌唱力と演奏力は、会場に駆けつけたファンのSNSやニコ生のコメント欄に、「復活前より進化している」と多数書き込まれていたほどの破壊力を伴って響いた。

4バンド目は9月17日、限定復活に終止符を打つLAIDが登場、激しいロック感とメロディアスな楽曲で会場を盛り上げた。イベントのトリを飾ったのは8月23日にニューアルバムを発売するwyseだ。同アルバムより新曲「Heart」を初披露するなど、<Earliest Memories>をクライマックスへ導いた。

そしてお待ちかねのスペシャルセッションでは、ラストステージを公言していた石山竜市が登場。サポードドラマーとしてshuji(Janne Da Arc)が加わったほか、出演バンドのボーカリスト全員参加でLastierの「Will」「SKY」の2曲を熱唱し、大団円を迎えた。90年代に活動していたアーティストが1日限定で集まる本イベントは、オーディエンスにとっても出演者にとっても思い出に残る1日になったに違いない。







■<Earliest Memories 2017>

2017年8月11日(祝)TSUTAYA O-WEST
OPEN 16:00 START 17:00
▼出演
wyse、JURASSIC、CARESS、LAID、ILLUMINA
石山竜市(友情出演)
shuji(特別出演)


この記事をツイート

この記事の関連情報