長渕剛“富士山麓オールナイトライヴ”に酔いしれたスペシャル上映会@新宿ユニカビジョン

twitterツイート

数多くのアーティストの上映会が開催されていることで注目を集めている新宿のユニカビジョンで、長渕剛「10万人オールナイト・ライヴ 2015 in 富士山麓」ライヴ映像のスペシャル上映会が催され、大勢の熱い長渕ファンが集結して盛り上がった。

ユニカビジョンでは、8月16日(水)にリリースされたニュー・アルバム『BLACK TRAIN』の発売を記念して8月14日(月)~8月21日(月)まで長渕剛の特集番組が上映されてきたが、最終日となるこの日は、ちょうど2年前の2015年8月22日~23日にかけて行われた「10万人オールナイト・ライヴ 2015 in 富士山麓」ライヴ映像とアルバムからの最新曲「BLACK TRAIN」のミュージック・ビデオのスペシャル上映を実施。さらにその模様のストリーミング生配信も行われた。また、当日夜には日本武道館でのライヴ「ONE NIGHT PREMIUM LIVE AT 日本武道館」も控えており、まさに“長渕剛DAY”ともいえる一日となった。


上映会場となるのは、交差点を挟んでユニカビジョンの向かい側にある西武新宿駅前ペペ広場だ。会社員や学生、夏休みを利用した観光客等がひっきりなしに行き交う中、平日の日中にも関わらず、上映前からTシャツやタオル等、コンサートグッズに身を包んだ熱心な長渕ファンが集結していた。


この日は、高音質サウンドで視聴できるヘッドフォン視聴イベントも実施された。これはスマホアプリ「Another Track」と連動したもので、あらかじめアプリをDLして視聴の準備をしておくことで、上映中にアプリを起動したスマホを画面にかざすだけでスマホに接続したヘッドフォンから、上映中の映像にシンクロした高音質サウンドを聴くことができるもの。もちろん、ヘッドフォンを使わずに直接ユニカビジョンから流れる音声でも楽しめる。13:30からは広場にて行われたヘッドフォンの無料貸し出し(先着 100名様限定)も行われ、集まったほとんどの人がヘッドフォンを装着して上映を待っていた。


さらに、特集放映中にアプリ「VISION α」をダウンロードしたスマホをかざすことで「ONE NIGHT PREMIUM LIVE AT 日本武道館グッズ」が10名に、「amazon ギフト券 1000円分」が50名に当たるサプライズプレゼントも実施された。

上映は14:00にスタート。ビジョンに富士山を見下ろす上空からヘリに乗って長渕が登場する仰天のオープニングが映し出されると、周囲にいた通行人たちも「なんだなんだ!?」とばかりに足を止めてビジョンを見上げている。一曲目に歌われたのは「JAPAN」。1991年の同名アルバムの表題曲だが、世界情勢が不安な今だからこそ、なお心に突き刺さるメッセージソングだ。ヘッドフォンをしながら視聴しつつ、「JAPAN!」と叫ぶように歌われるサビに合わせて、映像の中の観客同様にビジョンの長渕に向けて拳を突き上げる者もいた。続いてライヴ定番曲「泣いてチンピラ」「勇次」「とんぼ」と、「10万人オールナイト・ライヴ 2015 in 富士山麓」ライヴで約9時間半にわたり披露された全44曲から厳選された名曲たちが次々と飛び出してくる。口ずさみながらビジョンを見上げるファンたちの顔は、ライヴ会場で見かける姿と遜色がない熱さを感じさせるものに見えた。


ヘッドフォンでは、長渕本人の歌声、バンドの演奏はもちろんのこと、富士の麓に集まった10万人の観客たちの「ヘイ!ヘイ!」との掛け声や大合唱まで、じつに臨場感豊かに聴くことができた。また、ヘッドフォンを外してみると、これまた想像以上の大きなサウンドが流れており、どちらもハイクオリティなサウンドを体感できるものとなっていた。「ニッポンはこんなもんじゃないぜ!」そんな長渕の叫びも本物のライヴさながらに迫ってくる。広場に集まったファンたちは、バラード「ひとつ」が歌われると静かにじっと聴き入ったり、日の丸がたなびく中で大合唱される映像が圧巻の「桜島」ではグッと拳を握りしめたりと感情移入している様子だ。「乾杯」では、たまたま近くの喫煙所でタバコを吸っていたらしき年配の方も興味深そうにビジョンを眺めていた。


ライヴ映像は夜が明け朝を迎える中、情感たっぷりに歌われた「Myself」でバックに鮮やかな富士山が映し出され、「明日へ向かって」で力強い余韻を残して終了。続いて新曲「BLACK TRAIN」のMVが上映された。長渕が荒野を走る文字通りの黒い機関車に乗って突き進む、唯一無比のアーティストであることを証明する豪快無比、ド迫力のスケールを感じさせる映像となっていた。既にニュー・アルバムを愛聴しているファンが多いのだろう、しっかり新曲のコーラスを自分のものとして口ずさんでいる様子も見られた。今夜の武道館ライヴへ向けての期待感を大いに煽り、1時間50分に渡るスペシャル映像の上映は終了した。

終了直後、集まったファンに感想を訊いてみた。長渕Tシャツ、タオルに身を包んだ女性ファン2人は、「最高でした!ヘッドフォンから流れてくるサウンドも大迫力でした」「当日も会場にいたんですけど、その日の感動が甦りましたね」と感激しきり。「富士山麓ALL NIGHT LIVE 2015」だけでなく、2004年8月21日に鹿児島桜島で行われた「桜島ALL NIGHT CONCERT」にも参加した「ファン歴36年です!」という、長い髪でフォークシンガーとしてデビューした頃から見ているという、筋金入りの長渕ファンだ。この日だけでなく、8月14日(月)~8月21日(月)まで上映された特集番組も3日間通ったというからその思いの熱さにはホンモノ。「今夜のライヴも楽しんできます」と充実した表情で日本武道館に向かって行った。


ユニカビジョンでは、今後も様々な上映会が開催される予定となっている。上映予定のアーティストや上映日時などをユニカビジョンのWebサイトで確認のうえ、気になる上映会があったらぜひ参加してみてほしい。

取材・文:岡本貴之

上映会情報

長渕剛「富士山麓 ALL NIGHT LIVE 2015」ライヴ映像のスペシャル上映会
8月22 日(火)14時~15時50分
<上映曲目>
JAPAN
泣いてチンピラ
勇次
とんぼ
ひとつ
桜島 SAKURAJIMA
乾杯
しゃぼん玉
Myself
明日へ向かって
BLACK TRAIN (ミュージックビデオ)

上映会情報

『BLACK TRAIN』
発売日: 2017.08.16
価格(税込): \4,320(初回限定盤)
品番:POCS-9167
価格(税込): \3,240(通常盤)
品番:POCS-1621
1 Black Train
2 嘆きのコーヒーサイフォン
3 Loser
4 かあちゃんの歌
5 マジヤベエ!
6 ガーベラ2017
7 愛こそすべて
8 自分のために
9 誰かがこの僕を
10 Can you hear me?

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報