【ライブレポート】Carat、池田彩らユニオン勢15組が集結<UNION STAR'S 2017>開催

twitterツイート

ユニオンエンタテインメント所属のアーティストが集結したフェスイベント<UNION STAR'S 2017>が8月18日に東京・shibuya duo MUSIC EXCHANGEにて開催され、約550人を動員した。

◆<UNION STAR'S 2017> 写真

ユニオンエンタテインメントが自社所属アーティストを集結させ、これだけの規模のイベントを行なったのは今回が初。出演陣には池田彩、FUN RUMOR STORY、Noble rebel、甲斐ゆいか、RagnaRock、覇汝家(はなや)、大野舞、Saasha、山本 夢、ice、Rani、LovRAVE、千葉CLEAR'S、E-yell、そしてCaratら15組が名を連ねた。

トップバッターは池田彩。「ダッシュ!ポケモンガオーレ!」でスタートから元気一杯にオーディエンスを盛り上げた。「はじめましての方、よろしくお願いします! 二度目ましての方、ウィース!」とフランクなMCで会場を巻き込みながら続く新曲「軌跡」ではオリエンタルなメロに乗せてドラマティックなナンバーを歌い上げ、最後は「Road」で会場の熱量を上げて次へとつなぐ。続いてFUN RUMOR STORYの5人が純白の衣装で「Sunday Girl」を披露すると、オーディエンスからはクラップやoiコールが。闊達なナンバー「have Confidence!」では観客がタオルを振るなか爽やかにステージを務め上げた。

▲池田彩

▲FUN RUMOR STORY

▲Noble rebel

一転してヘヴィなハードロックサウンドで攻めるのがNoble rebel。一曲目から「Broken Wings Fly」でパワフルに惹きつけた。楽器隊の重低音にNachi(Vo)の声量と艶のあるヴォーカルがのったパフォーマンスはステージ3曲で鮮やかな印象を残していく。続く甲斐ゆいかは「ケサランパサラン」をキュートに披露。「上から読んでも下から読んでも“かいゆいか"です!」と愛らしい声での自己紹介に会場からも声援が湧いた。RagnaRockは1曲めのゴーゴーズカバー「Vacation」からヴォーカルのMO@NAが拳を突き上げ、軽快なパンキッシュロックで観客の熱量を高めた。自身の「TAKE OFF」ではさらにピッチを上げてMO@NAもステージを飛び跳ね、ロックの楽しさを無邪気に体現する。

▲甲斐ゆいか

▲RagnaRock

▲覇汝家

ここで特攻服着用で殴り込みをかけてくるのが覇汝家。「こんな正統派ばかりのアーティストばっかりいるとこで、ウチらがどんだけ気合入ってるのか、見せてやんよ!」というMCからコテコテな曲調で「パラリラパSpecial -short ver-」を披露。途中で観客をステージにあげて組体操の土台にしたり、バクダン(飴ちゃん)を観客席に投げ込んだり「ボイン To The World」で力強いおっぱいコールを作り上げ、短い時間で会場の注目を鷲掴みにした。その後に続くのがまさに“正統派"のシンガーソングライター・大野舞というのも面白いところだ。彼女は正面からバラード「朧月夜に」でエモーショナルな歌唱を見せ、観客からの拍手を浴びる。Saashaが「fly」でスウィートな歌声を聴かせ、イベントは後半戦へ。約三年ぶりのアーティスト活動復帰となった山本 夢がソロ初ライブをこのフェスで飾り、「Rebirth」でダンザブルなパフォーマンスを見せた。

▲大野舞

▲Saasha

▲山本 夢

このフェスでは“黒一点”となったiceの登場では、会場の女性ファンからも熱いエールが送られた。「行けるか渋谷!」という煽りから、「雨は次第に弱まる」をはじめとした骨太かつ美麗なアクトにはオーディエンスも一気に活気づけられる。続いてこちらもソロのRaniが登場し、「デビガール」で熱量の上がったオーディエンスをさらに鼓舞する。一度は延期になったソロデビューシングルのリリースを9月27日に控え、彼女も久しぶりのライブに喜びをあらわにした。

▲ice

▲Rani

先日1stミニアルバムでCDデビューを果たしたばかりのニューアイドル・LovRAVEがここでステージに登場。「ASAP - Say you love me-」でフレッシュなパフォーマンスを見せ「先輩たちにも夏の熱さにも負けないように!」と声をあげた。さらに続くお掃除ユニット・千葉CLEAR'Sは新メンバーの「こころ」をこのステージで初お披露目し、初めての5人ライブで「ビ・ビ・ビ・ビューティー」を披露。新生千葉CLEAR'Sとしてのスタートを切る。

▲LovRAVE

▲千葉CLEAR'S

▲E-yell

そんな流れの一方で、約一年活動したE-yellはこのステージがラストライブとなった。彼女たちの出番ではメンバー3人のカラーに合わせた3色のペンライトが輝く。「チョコレートリック」の間奏ではファンからの「ありがとう!」というエールが送られていた。「1年間ライブをして皆さんと会えたのが楽しかったです」と口々にE-yellでの思い出を語ったKeito、Yuno、Arisaの3人はステージの最後をいつものエールで締めくくり、「今までありがとうございました!」という清々しい挨拶でE-yellとしてのラストライブを終えた。

約4時間半にわたるイベントのトリをつとめたのは、Carat。「Ring Dong Ding Dong」でキレのあるダンスを披露し、オーディエンスを魅了する形で貫禄を見せつけた。MCでRisaの「声出せる?」という呼びかけにオーディエンスから大きな歓声があがり「最強だね」とメンバー達が微笑む。ニューアルバムから「Show me love」、「#SOTS Short」と披露し、終始開放感のあるグルーヴで会場をひとつにまとめあげた。

▲Carat

エンディングでは、本フェスの出演者達がステージに集結。互いを労いつつ大団円のうちに記念撮影を行ない、この日のイベントを締めくくった。

撮影:牛島康介

セットリスト<UNION STAR'S 2017>

2017年8月18日 shibuya duo MUSIC EXCHANGE
■池田彩
1.ダッシュ!ポケモンガオーレ!
2.軌跡
3.Road

■FUN RUMOR STORY
1.Sunday Girl
2.水色デイズ
3.have Confidence!

■Noble rebel
1.Broken Wings Fly
2.事情~forbidden love~
3.MASQUERADE

■甲斐ゆいか
1.ケサランパサラン
2.BELIEVE AGAIN

■RagnaRock
1.Vacation(ゴーゴーズカバー)
2.TAKE OFF
3.太陽のように

■覇汝家
1.パラリラパSpecial -short ver-
~タイマンMCコーナー~
2.ボイン To The World

■大野舞
1.朧月夜に
2.ユメオモイ
3.Never End

■Saasha
1.fly

■山本 夢
1.Rebirth

■ice
1.雨は次第に弱まる
2.Harness
3.Over[-]

■Rani
1.デビガール
2.××警告

■LovRAVE
1.ASAP - Say you love me-
2.愛が拡散する前に
3.Summer Love

■千葉CLEAR'S
1.喜怒哀楽BEAT
2.ビ・ビ・ビ・ビューティー
3.HEART WASH

■E-yell
1.未来トラベル
2.チョコレートリック
3.青春Yell

■Carat
1.Ring Dong Ding Dong
2.Show me love
3.#SOTS Short

■エンディング

◆<UNION STAR'S 2017>イベントページ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報