鹿野 淳による「音小屋」が「ジャーナリスト科」「フェス&イベント科」開講

ツイート

音楽専門誌『MUSICA』、メガフェス<VIVA LA ROCK>を手掛ける鹿野 淳による音楽ジャーナリスト養成学校「音小屋」が、「ジャーナリスト科」「フェス&イベント科」の2講座をそれぞれ11月と12月より長期開講する。

新しくシーンを彩っていくメディア人を生み出すべく2012年にスタート、5年間にわたり全国各地で講義を行ってきた「音小屋」。その生徒達は音小屋を経て、レコード会社、各メディア、ライター、コンサートプロモーター、自分でメディアを立ち上げるなど、様々なアクションを起こし続けている。「ジャーナリスト科」と「フェス&イベント科」が11月と12月に新たに開講する。

「ジャーナリスト科」は音楽ジャーナリスト、音楽ライターになるためのノウハウを学ぶ講座。今までのジャーナリズム科は雑誌、WEBメディア等を制作してきたが、今回は、講師である鹿野と音小屋の共著の音楽単行本を作る予定とのこと。「フェス&イベント科」はフェスやイベントの企画制作プロデュースをできるようになるための講座で、来春開催のロックフェス<VIVA LA ROCK 2018>を実際にプロデュースする講師による、フェス制作のドキュメンタリーをそのまま授業に持ち込むというもの。

   ◆   ◆   ◆

そもそもは、音楽ジャーナリストになる若手が減っていることや、その職についてもどうやって音楽メディアシーンを牽引していいかわからない人が増えている危機感の中で、新しくシーンを彩っていくメディア人を生み出すべく始めた音小屋ですが、今や生徒達は音小屋を経て、レコード会社、各メディア、ライター、コンサートプロモーター、自分でメディアを立ち上げるなど、様々なアクションを起こし続けています。頼もしい限りです。

今回は、音小屋の根源的な目的である「1冊の単行本を作る中で音楽のジャーナリズムを体験&研究し続けるもの」と、今の音楽業界を最も大きな力として支えている「ライヴ、フェス、イベントの一から百までを学んでもらうもの」、そんなふたつのクラスによる長期講座を開講します。

ジャーナリズム科は、雑誌でもWEBでもなく、アーティストに取材するでもなく、音楽を考え、シーンを位置づけ研究する1冊の音楽論評単行本を僕と音小屋の共著という形で作り上げる予定で、その制作の中から様々なことを学んでもらおうと思います。

そしてフェス&ジャーナリズム科は、来年の5月3日〜5日にさいたまスーパーアリーナにて開催予定の大規模ロックフェス「VIVA LA ROCK 2018」との連動を兼ねた授業となっています。生徒には半年の講義を経て、実際にフェスの中枢スタッフとして支えてもらいます。

両方とも現場感覚のある講義となりますので、「我こそは!」と思う方々、アツい応募を待っています。こちらも本気でやらないとフェスも本も駄目になってしまうという大切なものなので、あくまでも真剣にくらいついてくれる方のみを待っています。

鹿野 淳(音小屋主宰)

   ◆   ◆   ◆

「音小屋」各授業案内&各開催日程

◆ジャーナリスト科
講師:鹿野 淳
音楽ジャーナリスト、音楽ライターになるためのノウハウを学ぶ講座です。今までのジャーナリズム科は雑誌、WEBメディア等を制作してきましたが、今回は、講師である鹿野と音小屋の共著の音楽単行本を作る予定です。

〜開催日程〜(全9回、それ以降希望により継続の可能性もあります)
2017年11月15日(水)
2017年11月22日(水)
2017年11月29日(水)
2017年12月6日(水)
2017年12月13日(水)
2017年12月20日(水)
2018年1月10日(水)
2018年1月17日(水)
2018年1月24日(水)
※時間は全日程、20時〜22時(予定)。各講座約2時間。

定員:1クラス12名(定員を超過した場合、選考をさせていただきます)
受講料:40,500円(税込)


◆フェス&イベント科
講師:鹿野 淳
フェスやイベントの企画制作プロデュースをできるようになるための講座。来春開催のロックフェス「VIVA LA ROCK 2018」を実際にプロデュースする講師による、フェス制作のドキュメンタリーをそのまま授業に持ち込みます。

〜開催日程〜(全18回)
2017年12月4日(月)
2017年12月11日(月)
2017年12月18日(月)
2018年1月15日(月)
2018年1月22日(月)
2018年1月29日(月)
2018年2月5日(月)
2018年2月19日(月)
2018年2月26日(月)
2018年3月12日(月)
2018年3月19日(月)
2018年3月26日(月)
2018年4月9日(月)
2018年4月16日(月)
2018年4月28日(土)〜5月6日(日)
2018年5月14日(月)
2018年5月21日(月)

※時間は全日程、20時〜22時(予定)。各講座約2時間。
※ビバラ開催期間中の4月28日(土)〜5月6日(日)は授業2回分の扱いとします。詳細は開講後、授業にて説明をします。

定員:1クラス14名(定員を超過した場合、選考をさせていただきます)
受講料:
12月〜2月分(全9回分)40,500円(税込)
3月〜5月分(全9回分)40,500円(税込)
※受講料は3ヵ月毎、2回に分けてお支払い頂きます。12月〜の3ヵ月経過後、引き続きご参加いただける場合はその後の分の受講料として更に40,500円(税込)をいただくということです。

【募集要項】各講座共通
会場:株式会社FACT会議室(東京都世田谷区北沢2-14-16 北沢プラザビル4F)
参加資格:高校生(15歳)以上の方
持ち物:筆記用具、受講料
※ブログやツイッターでの掲載等、2次使用されなければ小型の録音機材の持ち込みも可能です。
応募方法:オフィシャルサイトより、エントリーシートをダウンロードしてご記入の上、メール又は郵送にて送付してください。これまで音小屋を受講した方、ご応募をいただいた方も、改めてエントリーシートをご記入の上、ご送付ください。その他詳細は、オフィシャルサイトをご覧ください。
選考通知日程:10月中旬までに選考結果を合否問わずに通知します。
それまでに合否の通知が届かない場合は、音小屋のメールアドレスotokoya@fact-mag.comにその旨をご連絡ください。

応募方法:オフィシャルサイトより、エントリーシートをダウンロードしてご記入の上、メール又は郵送にて送付してください。これまで音小屋を受講した方、ご応募をいただいた方も、改めてエントリーシートをご記入の上、ご送付ください。メールの場合は、必ず件名に「音小屋夏期講習応募」と明記ください。また、再応募の方はその旨も明記してください。その他詳細は、オフィシャルサイトをご覧ください。

選考通知日程(各授業共通):エントリーシート、2017年10月中旬までに選考結果を通知します。それまでに合否の通知が届かない場合は、音小屋のメールアドレス(otokoya@fact-mag.com)にその旨をご連絡ください。

応募締め切り:2017年10月6日(金)23時59分まで
(郵送の場合、当日消印まで有効)

講師プロフィール:鹿野 淳
89年扶桑社入社、翌90年(株)ロッキング・オン入社。98年より音楽専門誌『BUZZ』、邦楽月刊誌『ROCKIN’ON JAPAN』の編集長を歴任。04年ロッキング・オン退社後、(株)FACT設立。06年にサッカー雑誌『STARsoccer』を創刊し、07年に月刊音楽専門誌『MUSICA』を創刊させる。フェスは「ROCK IN JAPAN FES.」に立ち上げメンバーとして関わり、03年には「COUNTDOWN JAPAN 03/04」、10年からは東京初の総合フェス「ROCKS TOKYO」をオーガナイズ。14年からは埼玉県初のメガフェス「VIVA LA ROCK」をプロデュースしている。Twitter:@sikappe

◆音小屋 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報