SUPER BEAVER、本人登場に新宿は騒然! ファン歓喜のプレミアム上映会を詳細レポート

twitterツイート

2017年8月30日(水)、数多くのアーティストの上映会が開催されていることで注目を集めている新宿のユニカビジョンで、「SUPER BEAVER プレミアム上映会」が行われ、上映終了と共にメンバー4人がサプライズ登場して、集まった大勢のファンを歓喜させた。

これは、SUPER BEAVERが9月6日に発売するミニ・アルバム『真ん中のこと』の初回限定生産盤に収録される、2017年4月30日に開催された日比谷野外大音楽堂でのワンマン・ライヴ「都会のラクダ SP ~ラクダビルディング~」から、DVDにダイジェスト収録される全6曲を発売に先駆けて上映するというもの。


発売前にはここでしか見ることが出来ない映像ということで、上映会場となるユニカビジョンの向かい側にある西武新宿駅前ペペ広場には、帰宅途中の会社員や多くの旅行者が行きかう中、熱心なファンが集結。上映開始は20:00からなのだが、19:30頃にはすでにかなりの人数が集まっていた。これはユニカビジョンの上映イベントではお馴染みの、高音質サウンドで視聴できるヘッドフォン視聴イベントが実施されるためだ。


また、スマホアプリ「Another Track 」と連動しており、あらかじめアプリをDLして視聴の準備をしておくことで、上映中にアプリを起動したスマホを画面にかざすだけでスマホに接続したヘッドフォンから、上映中の映像にシンクロした高音質サウンドを聴くことができる(ヘッドフォンを使わず直接ビジョンから流れる音声も楽しめる)。上映前には先着100名様限定のヘッドフォン無料貸し出しに長蛇の列ができ、100名分があっという間になくなっていた。


上映会がスタートすると、野音ライヴ開始前のリハーサルの模様が映し出され、メンバーの4人、渋谷龍太(Vo)柳沢亮太(Gt)上杉研太(Ba)藤原”29才”広明(Dr)それぞれが“ロックの聖地”野音への想いを語る。広場でその映像を見上げる観衆の中には浴衣姿の女性の姿もあり、夏らしさを感じさせた。ライヴ映像は渋谷の「楽しみにしてきましたか?本当に楽しみにしてきましたか!?」とのMCから、「美しい日」でスタート。ビジョンを見つめる人の数は、すぐにヘッドフォンが全部なくなり、ゆうに300名くらいはいそうだ。さらに帰宅ラッシュと重なり、ぺぺ広場は普段の何倍ものカオスな空間となっていた。


「お手を拝借、よろしくお願い致します!」と、独特な口調で繰り広げられる渋谷のMCは見下ろす観衆を相手にしているかのようで、臨場感たっぷりだ。「ひなた」から叙情的なアコースティック・バージョンの「生活」が始まると、じっと聴き入るファンたち。その眼差しは真剣そのものだ。映像の中の野音ライヴは日が落ち、後半戦に突入したようだ。「青い春」が披露されると、体を揺らして一緒に口ずさむ、本物のライヴ会場さながらの光景が見られた。映像のライヴ会場が野音なことが、野外でライヴを眺めている今の状況と重なり、また一段とリアルさを演出していた。前方のビジョンに近いエリアではヘッドフォンを付けずにダイレクトに街に流れるサウンドを、後方で観ている人たちはヘッドフォンをつけて高音質サウンドを楽しんでいる傾向が見られた。クライマックスは“ロックスターは死んだ まだ僕は生きてる”と歌う「27」から、野音ライヴでも後半で披露され大合唱となった「東京流星群」でエンディングを迎えた。



上映会が終了すると、ビジョンが突如ペぺ広場を映し出した。とたんにざわめき始める観客たちの視線の先の映像に現れたのは、なんとSUPER BEAVER メンバー4人だ。ペペ広場のテラスに揃って姿を現すと、思わぬサプライズに「きゃー!」と会場騒然。口々にメンバーの名を呼ぶファンに向けて手を振るメンバーたち。「ありがとうー!」と感謝を伝えると、観客たちを背後に記念撮影をおこない、思わぬサプライズでイベントは大団円となった。


終了直後、興奮冷めやらぬ中、余韻に浸っているファンに感想を訊いてみた。このイベントのために駆けつけたという女性2人は、メンバー登場のサプライズに「ビックリしました! でも、Twitterに上がってた動画が意味深だったので、“もしかしたら?”ってワクワクしながら来ました。楽しかったです!」この日は、あえてヘッドフォンをつけずにダイレクトにサウンドを楽しんだそうだ。野音ライヴも観に行っていたそうで、「“東京流星群”をもう一度東京で聴きたかったので、本当にヤバかったです」と満足した様子。SUPER BEAVERの魅力は「やっぱり、歌詞がすごくまっすぐなところですね。自分が1人で悩んでいるときとかに味方になってくれて、今までずっと支えられてきた感じがしていて。そういうところが魅力だと思います。今日はご本人たちにも会うことができて、本当に涙が出てくるくらい感激しました」とのこと。もちろんミニ・アルバム『真ん中のこと』はすでに予約しており、改めて家でライヴ映像を楽しみたい、と嬉しそうに語ってくれた。


なお、この日はイベント中にアプリ「 VISION α」をダウンロードしたスマホをビジョンにかざすことで応募することができ、「SUPER BEAVER  サイン入りポスター」が10名、「Amazon ギフト券1,000 円分」が50名に当たるプレゼントも実施された。ユニカビジョンでは、今後も様々な上映会が開催される予定となっている。

上映予定のアーティストや上映日時などをユニカビジョンのWebサイトで確認のうえ、気になる上映会があったらぜひ参加してみてほしい。

取材・文:岡本貴之

上映情報

「SUPER BEAVER プレミアム上映会」
2017年8月30日(水)
<上映曲目>
1, 美しい日
2, ひなた
3, 生活 (Acoustic Ver.)
4, 青い春
5,27
6, 東京流星群

リリース情報

SUPER BEAVER「真ん中のこと」
発売日:2017年9月6日(水)
品番:NOID-0021~22
初回限定生産盤(CD+DVD):\2,150(+tax)
(※2017年4月30日に開催された日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブのダイジェストを収録したDVD付き)
通常盤(CD ONLY):\1,850(+tax)
発売元:[NOiD] / murffin discs
販売元:Japan Music System
【CD 収録内容】
1, ファンファーレ
2, 正攻法
3, ひなた( カンテレ・フジテレビ系 SP ドラマ「でも、結婚したいっ! BL 漫画家のこじらせ婚活記」主題歌 / 岩手銀行 CM「登場」篇テーマソング )
4, irony
5, 贈りもの
6, それくらいのこと
【初回限定生産盤DVD 収録内容】
2017年4月30日(日) @日比谷野外大音楽堂
「都会のラクダSP~ラクダビルディング~」
SUPER BEAVERワンマンライブのダイジェストを収録
1,美しい日
2,ひなた
3,生活(Acoustic Ver.)
4,青い春
5,27
6,東京流星群

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報