【連載】フラチナリズムの労働to武道館vol.7「平成29年8月度業績報告」

twitterツイート

フラチナリズムの労働to武道館
~売れてないバンド界イチ売れてるバンドが武道館を目指す話~


労働to武道館業績報告
夏終わりそう!!
どうも!夏男と書いて「サーファー」と読みます。フラチナリズムのボーカル&バーベキュー大臣のモリナオフミと申します。
夏ってなんでこんなにテンションあがる季節なんだろう?と考えました。
日本には四季というものがあり、春夏秋冬という構成で一年が過ぎていきます。
その中でも夏に関してはテンションがあがる事項が多すぎると思いませんか?
春→春休み・花見・入学・卒業・ゴールデンウィーク
秋→紅葉狩り・スポーツ・僕の誕生日(10/7だから現金ちょうだいね)
冬→冬休み・クリスマス・正月・バレンタイン

夏→夏休み・海水浴・バーベキュー・お祭り・花火・夏フェス・肝試し・盆踊り・川遊び・ビアガーデン・ナイトプール・浴衣着る・スイカ割り・・・etc…
ほらー!!夏多いでしょ?夏にめっちゃ力入れてるでしょー!?なんでなん!?
そんな事より書いて気付いたけども、秋どうなってんの?秋スッカスカやんけ!
なんか物悲しい感じがするなぁと思ってたんだよ秋は。僕の誕生日10/7なので季節的には秋なんですよ。
生まれ落ちたその瞬間からなんか物悲しい感じしましたもん。お母さんもあんま笑ってなかった気がしますもん。
英語で言うたら「fall」言うてますもんね!「落ちる」みたいな感じになってますもんね!
可愛そうすぎるでしょ?秋!!ちょっと何とかみんなで頑張って「秋強化」しませんか?
もっと均等に四季を使って日本を盛り上げて頂きたいなと思います。

と、いうわけで夏への嫉妬(リア充への憎悪)を吐露したところで、もう今回で7回目になりました、「フラチナリズムの労働to武道館」売れてないバンド界イチ売れてる?バンドが日本武道館ワンマンライブを目指して右往左往する話。なコラムでございますが。今までの記事をBARKS(有能)さんが、まとめてくれているみたいなのでそちらの方も是非ともチェックして欲しいなぁ。なんて思っています。

過去のコラム達はこちら→◆https://www.barks.jp/keywords/furachinarhythm.html

過去のコラムを読んで頂ければ僕たちフラチナリズムがちょっと特殊なバンドだと気付かれると思います。
それでは今月も張り切って振り返っていきましょう!


俺たちなりの夏フェス
バンドにとっての夏と言えば「夏フェス」ですよね?やっぱ。
僕たちフラチナリズムは今年は一本も大型夏フェスに出ていません。っていうか呼ばれませんw(誰か呼んで!)
出来れば夏フェス出たいです。盛り上げることに関しては自信あります!
そんな事言っても呼ばれてないもんはしゃーない!なので今年のフラチナ夏稼働どうするか?
そこで出した答えが「マチのお祭り大作戦」です。
夏祭りには必ず人がいます。自治体の人が頑張って作ってくれている日本古来、伝統的で素敵なイベントが日本には沢山ある、それが「マチのお祭り」です。
小さな自治体から大きな自治体まで。その形式や規模は様々ですが、僕たちはそこを盛り上げていこう!という大義名分のもと、8月はマチのお祭りに7本出させて頂きました。八王子を中心に昭島や小樽や札幌など、とにかく呼んで頂けたお祭りには極力出演させて頂きました。
やはりフリーのお客さんが多くて、音楽を特に求めてない人も多い中、どうやってフラチナリズムをアピールするのか?どうやって爪痕を残すのか?と、この辺りが難しいところではありますが、このシビアさこそフラチナリズムの本領を発揮できる、というかミュージシャンの本領を発揮しなくてはならない場面。
いかに振り向いてもらい、いかに聞く耳を持ってもらえるか?を追及していくことは「どこでやっても盛り上がる」最強のメンタルとスキルを鍛えることが出来ると思います。
そういう意味でマチのお祭りはシビアかつ可能性を秘めたマーケットであると言えます。不特定多数の人に聞いてもらえるチャンスですしね。
ですので今年の夏はそこにシフトして重点的に掘り進めました。結果がどうかはこれからでしょう。


9/1から始まったBARKS×RICOH×フラチナリズム企画
※詳しくはこちら→◆https://www.barks.jp/news/?id=1000146318

こちらの企画にも参加させて頂きましたが、この撮影もマチのお祭りを撮って欲しい!とわがまま言いまして、BARKSさん、RICOHさんのご協力のもと、フラチナリズムにしか作れない空間の映像が撮れたと自負しております。
ずばり!!これが俺たちの、俺たちにしかできない「夏フェス」です!
是非とも映像をご覧ください!そこに答えはあるはずです。



花火大会ってすごい!
お祭りもそうですが、花火大会ってすごいよねー!!って話。
8/27に北海道は札幌市南区の花火大会「LIGHT UP NIPPON HOKKAIDO」に出演させてもらいました。
近年、チケット代を支払って観覧するタイプの花火大会も増えてきまして、よりエンターテイメント性の高い花火大会が増えてきました。かくゆうフラチナリズムもそんな花火大会ムーブメントに乗っかるべく「花火師」の免許も取得しましたし(意味不明)これから花火大会は更に盛り上がっていくのではないかと予想してます。

このLIGT UP NIPPON HOKKAIDOもその類の花火大会でございまして、主催者の人がお世話になっている方だったので、無理やり「入れてくれー!ライブやらせてくれー!」って言ってねじ込んでもらいました。
花火の集客は驚くべきものです。そこには数えきれないほどの人が花火を待っていました。
そんな環境で歌わせてもらえること自体ありがたいことで、とても光栄な事です。
フラチナリズムの事を知っている人も、知らない人もそこにはいて、目的は花火で、そんな中で音楽を使って盛り上げたり、しっとり聞いてもらったりして、何かしらの感動を生むということは、ミュージシャン冥利に尽きます。
たった15分間の演奏時間でした。巻いて12分で終わりましたw
それでもお客さんのリアクションはとても真っ直ぐで、歌ってよかった!と思えました。
「CDが10万枚売れること」や「武道館が満員になること」や「ファンクラブが5万人いること」
これは間違いなく「売れる」ということかもしれません。
ただ、フラチナリズムにとって売れることとは「日本国民の半分がフラチナリズムを知っていること」だと思っているので、こういう花火大会はすごくチャンスのあるイベントだと思いました。
全国の花火大会に必ずいて「KAN&PAI」でドチャクソ盛り上げる集団がいたら、それはそれでもの凄い認知度を稼げるかもしれませんね。わからないけど。
花火大会バンド・・・面白そうです。



ってな事で平成29年8月度のまとめ

・稼働日数 21日
・総動員数 約3800名
・販売枚数(ハーフ&ハーフ2) 累計 2780枚!目指せ5000枚!

あ!忘れてたけど、8月頭にテレビ収録もしてきたよ!

2017年9月8日(金)19:00~
「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」
http://www.fujitv.co.jp/monomane/
にモリナオフミ出演させて頂きます!地上波ゴールデンだよー!

マルチが度を超して来ると、地上波ゴールデンレギュラーになったりもします。
そして今、僕は「ドラマの脚本」を書いております。もう意味がわかりませんw
毎日楽しく全ての事に取り組んでおります。その全てが最終的にフラチナリズムに返ってくると信じながら。

フラチナリズム モリナオフミ

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス