メタリカのジェイムス、ステージせりに転落

twitterツイート

月曜日(9月4日)オランダ・アムステルダムで開かれたメタリカの公演で、ギターをプレイしながらステージ上を歩いていたジェイムス・ヘットフィールド(Vo)が、せりに落下した。

◆アムステルダム公演画像

6曲目の「Now That We’re Dead」をパフォーマンス中、奈落からパーカッション・テーブルを迫り上げるため、ステージに設置されていた4つの長方形の切穴が開いたが、ジェイムスはそのとき後ろ向きで気づかず、振り返り歩き出してすぐ、その1つに落ちてしまった。

幸い、深い穴ではなく、大きな怪我はなかったようで、ジェイムスは駆け付けたスタッフに助けられステージ上に戻り、パフォーマンスを続けたが、痛みに顔をしかめていたとも伝えられている。

公演に支障はなく、バンドは最後までプレイしたようだ。現時点で、このアクシデントおよび怪我の有無に関してバンドからコメントはなされていない。


Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報