中田ヤスタカ、DJ戦国時代が舞台の新ゲームアプリ「DJ ノブナガ」で音楽プロデュース

ツイート


スマートフォン向け新作ゲームアプリ「戦国アクションパズル DJノブナガ」に、中田ヤスタカが新曲を書下ろし、音楽プロデュースを全面的に行う。

◆ゲームアプリ「戦国アクションパズル DJノブナガ」画像

「DJノブナガ」は、スクウェア・エニックス、ワーナーミュージック・ジャパン、アソビシステムの3社による新感覚のゲームアプリで、戦国武将が全員DJ(ディスクジョッキー)になった“DJ戦国時代”を舞台とする。仲間の武将を率いて天下統一のためにDJバトルを繰り広げていき、クラブの中を飛び回る「インスピレーション」をなぞりながら、パワーを集めて敵の武将と戦うアクションパズルゲームだ。







製作には、豪華クリエイター陣が結集した。中田ヤスタカの音楽プロデュースに加え、キャラクターデザインは、ダンスゲーム「バストアムーブ」やTVアニメシリーズ「OHスーパーミルクチャン」など、数々のアートディレクション、キャラクターデザインを手がける田中秀幸氏が、また、ゲームデザインは「グルーヴコースター」や「スペースインベーダー インフィニティジーン」を手がける石田礼輔氏が担当している。

▲中田ヤスタカ

▲田中秀幸

▲石田礼輔

中田ヤスタカが開発段階からゲーム音楽に携わるのは、今回が初の試みとなるという。音楽をテーマにした新感覚アクションパズルゲーム「DJノブナガ」、ぜひご注目を。先日オープンしたティザーサイト(http://dj-nobunaga.jp/)もチェックして欲しい。

この記事をツイート

この記事の関連情報