(C)22/7 PROJECT

声優としてもアイドルグループとしても同時進行で成長していくデジタル声優アイドル「22/7(ナナブンノニジュウニ)」が、9月20日(水)にデビューシングル「僕は存在していなかった」を1万枚限定でリリースする。総合プロデュースを担当するのは秋元康。オーディションに合格した11人のうちの8人が、名だたるクリエイター8人が生み出したキャラクター達の声と動きを担当しシングルの表題曲MVを作り上げたことも話題となった。

声優・アイドルどちらの面からも初の試みばかりという動きの中、彼女たちはCDデビューを目前にしてどんな思いを抱いているのか。今回はメンバーの海乃るり、宮瀬玲奈、花川芽衣の3人へのインタビューを行い、オーディションに参加した経緯やそれぞれのキャラクター、楽曲への思い入れを聞いた。

◆22/7 画像

▲写真左から:海乃るり、宮瀬玲奈、花川芽衣

■声優とアイドルと、夢をどちらも叶えてくれるグループだからやりがいがあります。(海乃)

──22/7は8人のキャラクターと11人のオーディションで選ばれたメンバーが、アイドルグループとして同時進行で成長していくというデジタル声優アイドルです。アニメ作品がない状態でスタートするという今までの声優アイドルグループにはなかったフォーマットという事で、活動するときに戸惑いみたいなものはなかったですか?

海乃るり(以下、海乃):そういうのはあまりなかったです。キャラクターがいるのはオーディションの段階で知っていたので、むしろこうして最初から寄り添った形でキャラクターがいてくれた方が、私は安心して活動ができています。

宮瀬玲奈(以下、宮瀬):私は立川絢香ちゃんという役なんですけど、初ライブイベントの時のMCパートで絢香ちゃんとして演じたあと自分自身がステージに出たので、不思議な感覚にはなりました。

花川芽衣(以下、花川):私達は声だけじゃなくて動きも含め自身のキャラクター全部を演じているんです。だからそういう自分の全てが反映されるっていう事が新鮮だなって感じました。

──僕もそこが凄いなと思ったんですよ。モーションキャプチャーを使っているから、キャラクターのダンスや行動にも動きが反映されているという事ですもんね(3人大きく頷く)。今日はそのキャラクターや曲に関しての話の前に、3人がどんな人なのか聞いてみたいと思います。それぞれ夢があってオーディションを受けたと思うのですが、応募した経緯を教えてもらえますか。

▲海乃るり

海乃:私は声優さんになりたくていくつかオーディションを受けていたんですけど、これまでは全部ダメだったんです。そんな時にこのオーディションを見つけました。元々アイドルさんにも憧れを持っていたので、その夢をどちらも叶えてくれるグループだから自分にとってやりがいがあるんじゃないかと思い応募しました。

──まさにピッタリじゃないですか。

海乃:はい! そうなんです! だからどっちもできて今凄く楽しいんですよ。声優さんは南條愛乃さん、アイドルは松井玲奈さんが大好きです。

宮瀬:私は小さい頃からアニメやドラマ、映画を観て心を動かされた経験がたくさんあったので、表現する事に興味があり、いつかは受け取る側ではなく発信する側の人になりたいという思いをずっと持っていたんです。このグループは、声だけの演技という難しい表現方法の声優としてだけでなく、アイドルとして歌うことやダンスでの表現というように様々な表現方法が学べるので自分の力になるなと思いましたし、NMB48の山本彩さんや乃木坂46の白石麻衣さん、AKB48の渡辺麻友さんといった方々がずっと好きだったので、私もそういう方達のように人に何かを与えられる存在になれたらいいなと思って応募しました。

花川:私は昔からアイドルさんと声優さんになりたくてずっと憧れていたんですけど、中々オーディションを受ける勇気がなかったんです。でも上京して(青森出身)同世代の方々が色んな所で活躍して輝いている姿を見て、このままじゃダメだなって思うようになって。それでオーディションを探していた時にたまたま募集を見つけて、アイドルも声優もできるっていうのが私にピッタリだなと思ったので受けてみました。アイドルさんは『きらりん☆レボリューション』の月島きらり役をやっていた久住小春さんが好きで、声優さんは花澤香菜さんに憧れています。

──結成から半年以上経って、お互いがどんな人なのかもわかってきた頃じゃないかなと思うのですが、3人はグループの中だとどんなポジションなんですか?

海乃:この2人(宮瀬&花川)は凄くアイドルです。花川芽衣ちゃんは何をしていてもザ・アイドルって感じで、小動物感があるんですよ。宮瀬玲奈ちゃんは可愛いの象徴みたいな子で、言動とかも可愛いですし、私の所に「るりるりー」ってちょこちょこ寄って来てくれるので、いつも可愛いなって感じています(笑)。

宮瀬:(笑)。るりるりは、長身で綺麗だから見た目大人しそうな子だと思われがちなのかなって思うんですけど、おっちょこちょいで可愛いです。

──そうなんですね。ここまで話をしていてしっかりしている人だなと思っていたんですけど。

海乃:(身を乗り出してニコニコしながら)え、ホントですか?

宮瀬:あ、そう言われて嬉しくなってる(全員笑)。おっちょこちょいだから日本語も良く間違えちゃうんですよ。敬語をいっぱい重ねて自滅しちゃって「あぁー」ってなったりするのが凄く可愛いんです(笑)。

──そんな海乃さんは自身の事をどんな子だと思っていますか?

海乃:影が薄い。いてもいなくてもわからない子。

──え、もしかしてネガティブな人?

海乃:……はい(笑)。私の中での理想のアイドルは自信をちゃんと内に秘めて持っている人なので、口に出してあまり言いたくはないんですけど、自信がない人間です。

──内に秘めてという事は、努力している姿は表では見せたくない?

海乃:絶対に見せたくないです! アイドルというのは憧れられてみんなを癒やす存在だから、私、努力してますみたいな姿って見ている方は求めていないと思うんですよ。だから努力は陰でしていて、いつも完璧っていうのが理想です。

──そういう姿を見せたくないのは昔から?

海乃:学生生活ではあまり努力をした事がなかったので(笑)。あっ、部活ではしてましたけど、でもそこでも努力している姿は見せなかったです。

──何部だったんですか?

海乃:吹奏楽部でフルートをやっていました。『ミルモでポン』というアニメがきっかけなんですけど、私、そういうアニメからの影響をとても受けやすいタイプなんです。

▲「僕は存在していなかった」完全生産限定盤 Type-A

──ではこの流れで他のお2人にも自分の事をどんな子だと思っているか聞きましょうか。

宮瀬:私は結構考え込んじゃうタイプで一度考え出すとどんどんネガティブになってしまうから、最近はポジティブになろうって凄く思っていて。自分の中で思った事も、人に言える立場じゃないなとか、色んな事を考えちゃって言えなくなる事が多いんです。なので何事も考え過ぎちゃう人だなと自分では思っています。哲学とかが好きなんです。ことわざや読書も好きで。はつらつな時ははつらつなんですけど。

──考え過ぎてしまうのは心配性とかなんですかね。

宮瀬:空気を読めない人間にはなりたくないと思っちゃって、空気を読んで行動し過ぎる…みたいな感じでしょうか。TPOというか周りを気にしちゃうんです。

花川:私は相手に知ってもらうとか自分を表現する事が苦手で口下手な所があって、上手く気持ちが伝えられないもどかしさみたいなのが常にある人間です。だから今はそういうのを無くしていきたいなって思っています。

──2人から見た花川さんはどんな人ですか?

海乃:意志をしっかりと持った子です。オーディションの時に一緒のグループだったんですけど、“私は絶対にこのグループに入りたいです”という事をはっきりと言っていたから、「なんて素直な子なんだろう。この子は絶対に受かるな」って思って(全員笑)。だから内から出ている芯の強さがあると私は思います。

宮瀬:華奢だし小動物のように可愛らしい女の子なんですけどしっかりしていて、私が落ち込んでいる時とかもアドバイスをくれたり、勇気づけて支えてくれるので、本当に凄いなって目で私は見ています。

花川:えー(笑)。ありがとうございます(全員笑)。