PENICILLINの千聖(G)がテレビアニメ『クラシカロイド』第2シリーズで担当している楽曲に、アンティック-珈琲店-のみく(Vo)が参加することが決定した。

◆千聖、みく画像

千聖は同アニメにて「ムジークプロデューサー」に抜擢されており、作中で挿入曲として使用されるクラシックの名作をアレンジした楽曲「ムジーク」を制作する。担当するのは「新世界より」などで有名なドヴォルザークの楽曲であることも既に発表されており、第2シリーズより登場する新キャラクター、コビトカバの“ドヴォルザーク”の挿入曲として使用される。

楽曲に何が選ばれているのかはまだ発表されていないが、その千聖の「ムジーク」をアンティック-珈琲店-のみくが歌唱する。ともにヴィジュアル系アーティストである2人が、クラシック音楽をどのようにアレンジ、表現するのかに注目だ。

テレビアニメ『クラシカロイド』第2シリーズの放送はNHK Eテレで10月7日(土)17:35よりスタート。第一話よりコビトカバの“ドヴォルザーク”の「ムジーク」も登場する。

▲ドヴォルザーク(コビトカバ)