ワイヤレスでレコードが楽しめるアナログターンテーブル「TN-400BT」、aptX/AAC対応&USBデジタル出力も可能

twitterツイート

ワイヤレスヘッドホンやワイヤレススピーカーでレコードが楽しめるアナログターンテーブル「TN-400BT」がティアックから登場した。

「TN-400BT」は、ライン/フォノ出力、USBデジタル出力に加え、内蔵のBluetoothトランスミッターを使ってワイヤレスでレコードを聴くことができるアナログターンテーブル。内蔵のBluetoothトランスミッターは、一般的なSBC方式のコーデックに加え高音質なaptXとAACに対応。オーディオシステムを持っていないという人も、BluetoothスピーカーやBluetoothヘッドホンで楽しめる。

ライフスタイルにマッチしやすいデザインも魅力の一つ。キャビネットは上質感ある天然木目が美しいウォルナット突板オイル仕上げ。ダイレクトドライブ方式では望めない薄型キャビネットには、高剛性と制振性に優れた均質な密度を持つ高密度MDFをコア材に使用している。

ターンテーブルとしての基本性能も重視。安定した回転を実現するアルミ・ダイキャスト製プラッター、カンタンに好みのカートリッジに交換できるユニバーサル型ヘッドシェル、アンチスケーティング調整機構付きスタティックバランス型S字トーンアームを採用。さらに内蔵のMM型フォノイコライザーアンプにより、フォノ入力を持たないステレオアンプやミニコンポ、ラジカセなどにつなぐことも可能だ。

さらにリアパネルのUSB端子でパソコンに接続すれば、レコードのサウンドをCDクオリティ(PCM 最大48kHz/16bit)でデジタル録音可能。スマホやデジタルオーディオプレーヤーなどでレコードの音楽をいつでもどこでも楽しめるようになる。

カートリッジには高い読み取り精度で定評のあるオーディオテクニカ製のVM型(MM型と同等)AT95Eを付属。セットアップするだけですぐにアナログレコードの世界が楽しめる。

製品情報

◆TN-400BT
価格:オープン(ティアックストア価格 56,160円 税込)
発売日:2017年9月23日

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報