ザ・ビートルズ、日本公演が2枚組でCD化

twitterツイート

ザ・ビートルズが1966年に行なった日本公演の模様を収めた2枚組の実況録音盤『ライブ・アット・ブドウカン 1966』が、9月27日(水)にリリースされる。

◆ジャケット画像

このアルバムは、エターナル・グルーヴス社が所持するマスター音源を使用したビートルズ・ライブ・シリーズからの第5弾作品として発売されるもの。1966年6月30日から7月2日にかけて計5回のライブが行なわれた最初で最後の日本公演より、初日・6月30日および7月1日(昼の部)の2公演の模様が各1枚のディスクにリマスター収録される。

『ラバー・ソウル』発表後のタイミングで行なわれた来日公演はチャック・ベリーのカバー「ロック・アンド・ロール・ミュージック」で幕を開け、エレクトリック・ギターをフィーチャーした「イエスタデイ」、「ひとりぼっちのあいつ」や「恋をするなら」、「ペーパーバック・ライター」など当時の最新曲も交えた約30分のステージとなった。

なお、『エド・サリヴァン・ショー』初出演時や初のアメリカ公演と同様、初日公演のパフォーマンスは半音下げチューニングによるもの。これはハンブルク時代から数知れないギグをこなして腕を磨いてきた叩き上げのライブバンドでもある彼らの常套手段だったというが、翌7月1日の昼公演では一転、レギュラーチューニングでステージに臨んでいる。

このリリースに先立ち、9月13日(水)にはビートルズの1965年のハリウッド・ボウル公演を収めた『ハリウッド・ボウル 1965』、そしてボブ・ディランの『ライヴ・アット・ハリウッド・ボウル 1965』の発売も決定している。


ビートルズの『ハリウッド・ボウル 1965』は、1965年8月29日、30日の両公演の模様がノーカット収録されたアルバムだ。64年~65年にかけて開催されたハリウッド・ボウル公演の模様は一部が公式ライブアルバムとして作品化されているが、ここでは公式盤未収録テイクを含む各日12曲の演奏を聴くことができる。

三人のコーラスワークが冴える「ツイスト&シャウト」や「涙の乗車券」「ヘルプ!」などのヒット曲に加え、ジョージの歌う「みんないい娘」やリンゴの「彼氏になりたい」も収録。序盤数曲でポールのマイクがオフになっているトラブルが発生した初日・8月29日公演の音源は、ボーナストラックとしてアルバム後半に収められる。


また、ボブ・ディランの『ライヴ・アット・ハリウッド・ボウル 1965』には、1965年9月3日に開催されたハリウッド・ボウル公演の模様が収録される。

エレクトリックへと演奏形態を変え物議を醸した<ニューポート・フォーク・フェス>から約一ヵ月後、この日のステージは弾き語りソロとバンド演奏の二部構成によるもの。「廃墟の街」や「親指トムのブルースのように」「やせっぽちのバラッド」など、当時リリースされたばかりの6thアルバム『追憶のハイウェイ61』収録曲を含む計15曲が披露されている。

第二部はアル・クーパー(Key)、ハーヴィ・ブルックス(B)、レヴォン・アンド・ザ・ホークスのロビー・ロバートソン(G)、レヴォン・ヘルム(Dr)を従えてのステージで、ラストにはスタジオ盤同様にアル・クーパーのオルガンが唸る「ライク・ア・ローリング・ストーン」も聴くことができる。なお、アル・クーパーとハーヴィ・ブルックスは本公演をもってディランのツアーから離脱することになる。

『ライブ・アット・ブドウカン 1966』『ハリウッド・ボウル 1965』『ライヴ・アット・ハリウッド・ボウル 1965』は、それぞれ日本語帯付きのデジパック仕様で発売される。

■リリース情報

ザ・ビートルズ『ハリウッド・ボウル 1965』
2017年9月13日(水)発売
EGSH-0008 ¥2,300+税
※デジパック・日本語帯付
※チェコプレス国内流通盤
※※新発掘マスターテープからのリマスター
※日本著作権協会JASRAC許諾商品
★August 30, 1965
01. Introduction
02. Twist And Shout
03. She's A Woman
04. I Feel Fine
05. Dizzy Miss Lizzy
06. Ticket to Ride
07. Everybody's Tryin' To Be My Baby
08. Can't Buy Me Love
09. Baby's In Black
10. I Wanna Be Your Man
11. A Hard Day's Night
12. Help!
13. I'm Down

★August 29, 1965
14. Introduction
15. Twist And Shout [Paul's vocal mic off]
16. She's A Woman [Paul's vocal mic off]
17. I Feel Fine [Paul's vocal mic off]
18. Dizzy Miss Lizzy
19. Ticket to Ride
20. Everybody's Tryin' To Be My Baby
21. Can't Buy Me Love
22. Baby's In Black
23. I Wanna Be Your Man
24. A Hard Day's Night
25. Help!
26. I'm Down

Live at Hollywood Bowl, Los Angeles,
August 29th, 30th 1965

ボブ・ディラン『ライヴ・アット・ハリウッド・ボウル 1965』
2017年9月13日(水)発売
EGSH-0009 ¥2,300+税
※デジパック・日本語帯付
※チェコプレス国内流通盤
※※新発掘マスターテープからのリマスター
※日本著作権協会JASRAC許諾商品
stage 1 [acoustic]
01. She Belongs to Me
02. To Ramona
03. Gates Of Eden
04. It's All Over Now, Baby Blue
05. Desolation Row
06. Love Minus Zero/No Limit
07. Mr. Tambourine Man (fade out)

stage 2 [Electric]
08. Tombstone Blues (fade in)
09. I Don't Believe You
10. Just Like Tom Thumb's Blues
11. From a Buick 6
12. Maggie's Farm
13. It Ain't Me, Babe
14. Ballad Of A Thin Man
15. Like A Rolling Stone

Live at Hollywood Bowl, Los Angeles,
September 3rd 1965

ザ・ビートルズ『ライブ・アット・ブドウカン 1966』
2017年9月13日(水)発売
EGSH-0010 ¥2,800+税
※2CD
※デジパック・日本語帯付
※チェコプレス国内流通盤
※新発掘マスターテープからのリマスター
※日本著作権協会JASRAC許諾商品
★June 30, 1966
01. Rock And Roll Music
02. She's A Woman
03. If I Needed Someone
04. Day Tripper
05. Baby's In Black
06. I Feel Fine
07. Yesterday
08. I Wanna Be Your Man
09. Nowhere Man
10. Paperback Writer
11. I'm Down

★July 1, 1966 Afternoon show
01. Rock And Roll Music
02. She's A Woman
03. If I Needed Someone
04. Day Tripper
05. Baby's In Black
06. I Feel Fine
07. Yesterday
08. I Wanna Be Your Man
09. Nowhere Man
10. Paperback Writer
11. I'm Down

Live at Budokan, Tokyo, Japan
June 30th & July 1st, 1966
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon
amazon