【インタビュー】Tetsu [D’ERLANGER]、トリビュート盤を語る「まだまだ天国には行かない」

twitterツイート

D’ERLANGERが9月13日、自身初のトリビュートアルバム『D’ERLANGER TRIBUTE ALBUM 〜Stairway to Heaven〜』をリリースする。HYDEや清春、ACID ANDROIDやINORAN×TERU×HISASHI×ピエール中野×ERYなど、参加全15組は豪華そのものであり、D’ERLANGERのシーンに対する影響力の大きさを物語る。加えて、再始動前後におよぶ収録曲ラインナップが映し出したものはD’ERLANGERが今を生きているという事実だ。

◆トリビュート参加アーティストコメント 動画

BARKSでは『D'ERLANGER TRIBUTE ALBUM 〜Stairway to Heaven〜』について、企画意図からオファーに至るプロセス、参加アーティストとのコミュニケーション秘話まで、Tetsuにじっくりと話を訊いた。そこに浮かび上がる“D’ERLANGER自身が受けた刺激”と“D’ERLANGERというバンドのストーリー”。「すでに新しいことも思いついた」という絶大な効力まで発揮したトリビュートアルバムを解き明かすロングインタビューをお届けしたい。

   ◆   ◆   ◆

■まったく用意周到じゃなくて
■D’ERLANGERの悪い癖なんですけど(笑)

──トリビュートアルバムはいつ頃企画されたものでしょうか。

Tetsu:今年のツアー中ですね。もともと再結成から10年というのは、目指してたわけでも意識したものでもなく、もう10年も経つのか?みたいな感じで。ただ最近は周年に色々と盛り上がる風習があるみたいだし、バンドがさらにいい方向に向かうための節目として、トリビュートアルバムを出すのはどうだろう?という話になって。D’ERLNAGERとして過去に2回、トリビュートに参加(※2012年発表 BUCK-TICK TRIBUTE ALBUM『PARADEⅡ–RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK』/2013年発表 『hide TRIBUTE SPIRITS VII -ROCK SPIRITS-』)した経験はあるけど、今までは自分たちのトリビュートアルバムを出そうなんて考えたこともなかったし、出したいって思ったこともなかったんです。でもリユニオン10周年という節目で、バンドとしてちょっと自信がついたのもあり、もしもD’ERLANGERがトリビュートアルバムというものをやってみたら、参加してくれる人がいるんじゃないかな?と思って。で、ツアー先から夜な夜ないろんな人に連絡して(笑)。

▲<J’aime La Vie TOUR 2017>
2017年6月30日(金)@TSUTAYA O-EAST


──ツアー中って……つい最近のことじゃないですか(笑)。

Tetsu:そうなんですよ、そこはまったく用意周到じゃなくて、D’ERLANGERの悪い癖なんですけど(笑)。ちなみに9月のD’ERLANGER主宰イベントは、今回のトリビュートの話とは別の段階で決まってて。そこにトリビュートアルバムの企画が浮上したんで、イベントのタイミングにリリースを合わせて急に動き出したというか。

──普通は1年がかりでリリースするものだったりするんですが(笑)。

Tetsu:もっと前に思いついて動いてれば、参加してくれたみなさんもだいぶ楽だったと思うんだけど(笑)。とにかく動き出そうってことで、まずはラインナップを出し、僕らから声をかけさせてもらって。相手から「ぜひやりたいです!」というようなリアクションをもらった上で、レーベルから正式にオファーして……という。そのやり取りも楽しかったですね。hideトリビュート盤では「限界破裂」、BUCK-TICKトリビュート盤では「ICONOCLASM」で参加してるんですけど、どちらも声をかけられたことが嬉しかったし、トリビュートする曲をどうアレンジするか考えるのも楽しかったんで、参加してくれるみなさんも僕らと同じように楽しんでくれるかなって。ま、締め切りはかなりタイトだったかもしれないけど(笑)。

──ちなみに声をかけたミュージシャンたちに共通するポイントはありますか?

Tetsu:まず、うちのメンバーの誰かしらと関係のあるミュージシャンってことですね。とはいえ個人のつながりだけじゃなく、ちゃんとD’ERLANGERを意識してもらえる人、というのが共通点かな。ただ、ラインナップを出した時点では、全部のミュージシャンからOKがもらえるとは思ってなかったんですよ。やっぱりスケジュールの都合もあるし。けど、ありがたいことに全員からOKをいただいて。逆に“これ、アルバムに全部入るのか?”みたいな心配をするほどでした。

──やはりD’ERLANGER先輩からのお願いは断れなかったというか(笑)。

Tetsu:そこは僕も気になったんですよ(笑)。アーティストが直接オファーするのは簡単で、「どう?」「やりますよ!」「ほんとに大丈夫なの?」「大丈夫ですよ!」で終わるんだけど、事務所のスタッフさんは大変だっただろうなって。だから中には「これは……断れねえな」みたいなのもあったかもしれない(笑)。

──ははは(笑)。

Tetsu:でも嬉しい、の一言に尽きますよ。みなさん快諾してくれて、ありがたいです。トリビュート盤を思いついた時は“やってくれる人なんているのかな……”って思ってたぐらいだから。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon