T.M.Revolution 西川貴教が発起人の<イナズマロック フェス 2017>が9月16日(土)、滋賀県立琵琶湖博物館西隣 烏丸半島芝生広場にて開催された。17日(日)の2日目は台風18号の影響で中止となったが、初日は悪天候の中、フリーエリアを含め5万人を動員。その前日となる15日(金)は昨年雷雨により途中中止となった2016年9月18日公演の代替公演<イナズマロック フェス 2016 リターンズ>が行われ、3万人を動員するなど、西川貴教の地元・滋賀県が大いに沸いた。

◆<イナズマロック フェス> 画像

<イナズマロック フェス>は2008年に西川貴教が滋賀ふるさと観光大使に就任した際、「音楽を通じて地元にお返しがしたい」と語ったことがきっかけに立ち上げられたもの。滋賀県の全面バックアップのもとで2009年にスタートし、2017年で第9回目を迎えた大型野外フェスだ。会場内には有料エリアのメインステージ「雷神ステージ」と、誰でも無料で楽しめるフリーエリアが用意されており、フリーエリアにはライブが行われる「風神ステージ」、ご当地キャラクターが出演する「龍神ステージ」、飲食ブースや滋賀県観光PRコーナー、キッズエリアなどが設けられるなど、ロックフェスの枠を超えた西日本最大級のイベントとして毎年9月中旬開催が定着している。

前述したように、<イナズマロック フェス 2016>は雷の影響で2日目の途中で公演が中止に。野外フェスとしては異例の“無料招待制での代替公演”開催が発表されたのが、2017年1月のことだ。そして<イナズマロック フェス 2017>の前日9月15日、同会場で<イナズマロック フェス 2016 リターンズ>が行われた。<イナズマロック フェス 2016>2日目、荒天のためステージに立つことができなかった3組のアーティスト、MAN WITH A MISSION、UVERworld、T.M.Revolutionの出演となる。




トップバッターのMAN WITH A MISSIONは「Emotions」「Seven Deadly Sins」「Dead End in Tokyo」など、シングル曲を中心に全8曲をプレイ。途中のMCでは、「(昨年)西川ノ兄サンガ英断ヲ下シマシテ。悔シソウナ顔ヲ今デモ覚エテイマス」と西川貴教の<イナズマ>にかける想いを改めて実感したと語って、このステージに立てることへの感謝を伝え、場内を盛り上げた。




続くUVERworldは、「一年前、雨で中止と発表された瞬間から、一年後を最高の日にすると俺たちは決めていた」との言葉が力強い。「去年の想いをここで晴らそうぜ!」「最高を見たいやつは俺たちについてこい!」と語り、「7th Trigger」「ALL ALONE」「Q.E.D」など全8曲を披露し、さすがのステージをみせた。




<イナズマロック フェス 2016 リターンズ>のトリはもちろんT.M.Revolution。「HIGH PRESSURE」「WHITE BREATH」「HOT LIMIT」「RAIMEI」「HEART OF SWORD ~夜明け前~」など代表曲が最新アレンジでプレイしてステージを加速させる。そしてMCでは昨年を振り返るシーンも。

昨年のイベントが中止になった夜、出演するはずだったメンバーが西川を食事に連れ出して「もう一回やろう」と言ってくれたというエピソードを告白。当時のことを思い出して涙ぐむ一幕もあった。また、このイベントのタイトルについては、「“リベンジ”じゃなく、“リターンズ”にしたことに意味がある。みんなが帰ってこられる、帰ってきたくなる場所にしたくて、このイベントがあります」と語った。

「最後に重要なお知らせをさせていただきます」と神妙な面持ちの西川貴教は、「2017年9月16日、17日に<イナズマロック フェス 2017>を開催させていただきます!」とユーモアたっぷりに締めくくり、一年越しの<イナズマロック フェス 2016>を完結させた。なお、このステージの模様は、11月3日(金・祝)夜10時からフジテレビNEXTでオンエアされる予定だ。<イナズマロック フェス 2017>初日レポートは次のページへ。

◆<イナズマロック フェス 2017>初日レポートへ