松井珠理奈の、知られざる20年の生い立ち

twitterツイート

雑誌『IDOL AND READ』の第12弾『IDOL AND READ 012』が9月22日に発売される。『IDOL AND READ』は、今を駆け抜けるアイドルたちの半生を追いかけたパーソナルロングインタビュー集だ。

◆松井珠理奈画像

12号では表紙にSKE48の松井珠理奈を迎え、その激動にまみれた生い立ちをインタビュアー吉田豪が2万字で奥深くまで探っている。11才でSKE48に第1期生として参加した松井珠理奈は、史上最年少でAKB48のシングルに選抜入りし、SKE48のメンバーながらAKB48のセンターを務める異例の快挙を成し遂げた国民的アイドルだが、その彼女の20年の生い立ちがここまで深く語られたのは、これが初めてではないだろうか。


AKB48/SKE48のメンバーへの感謝や思いもたっぷりと語られ、彼女の優しさのみならず、その美貌の裏に隠された可愛さも見えてくる。現在プロレスラー「ハリウッドJURINA」としての活躍も話題だが、今後に向けて「チャンピオンベルト巻く準備できているんで」と語るなど、プロレスノリの受け答えが多いところにも、今の彼女のポジティブさと勢いが表れている。

一方、『IDOL AND READ 012』裏表紙は、今年の第9回AKB48選抜総選挙の速報で1位、最終結果で5位を獲得した電撃アイドル、NGT48の荻野由佳が登場している。前総選挙95位からの大躍進という驚きの飛躍を見せた彼女だが、2万字インタビューでは、その生い立ちとともに「なぜ彼女が今回の結果を残せたのか」「そこまでに彼女がどんな苦労をしてきたのか」などが明かされている。家族とともに努力し、そして勝ち取ったシンデレラストーリーは一読の価値アリだ。


さらにNMB48からは「なぎちゃん」こと渋谷凪咲のほか、「PERFECT YEAR」と銘打ち例年以上に精力的な活動をしているバンドじゃないもん!の七星ぐみ、10月にベストアルバムをリリースするチームしゃちほこの伊藤千由李、大食いアイドルとしてお茶の間でも知られるバクステ外神田一丁目のもえのあずきら、メジャーから地下まで全12人のアイドルが、生い立ちから、現在、そして今後の野望までをたっぷりと語っている。

[登場アイドル]
・松井珠理奈/SKE48
・荻野由佳/NGT48
・渋谷凪咲/NMB48
・七星ぐみ/バンドじゃないもん!
・伊藤千由李/チームしゃちほこ
・小林れい/夢みるアドレセンス
・小田桐奈々/放課後プリンセス
・和田輪/Maison book girl
・アヤ・エイトプリンス/GANG PARADE
・咎憐无/ぜんぶ君のせいだ。
・ましろ/CY8ER
・もえのあずき/バクステ外神田一丁目
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報