ジョー・サトリアーニが、2018年1月に16枚目のソロ・アルバム『What Happens Next』をリリースすることを発表した。

◆ジョー・サトリアーニ画像

『Shockwave Supernova』(2015年)以来2年半ぶりとなる新作は、7枚目『Crystal Planet』(1998年)などで共作してきたマイク・フレーザーがプロデュース。グレン・ヒューズとチキンフットのバンド・メイト、チャド・スミス(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)が参加しているそうだ。

サトリアーニは新作について、「SF、タイム・トラベル、遠い星やエイリアンについての曲はノーだ。人間、心臓の鼓動、感情、夢、希望、それが、僕が渇望した方向だ」と、コメントしている。

「Energy」「Catbot」「Thunder High On The Mountain」「Cherry Blossoms」「Righteous」「Smooth Soul」「Headrush」「Looper」「What Happens Next」「Super Funky Badass」「Invisible」「Forever And Ever」の12曲が収録され、1月12日にSony/ Legacy Recordingsからリリース予定。



サトリアーニはまた、1996年から開催している彼+2人のギタリストによる<G3>ツアーの新日程と出演者も発表した。新ツアーには、ドリーム・シアターのジョン・ペトルーシとデフ・レパードのフィル・コリンが参加。2018年1~2月に北米で開催する。

Ako Suzuki