【レポート】<氣志團万博>最終日、C&K / 氣志團「生きてて良かったと思います」

twitterツイート

<氣志團万博2017 ~房総与太郎爆音マシマシ、ロックンロールチョモランマ~>が9月16日(土)および17日(日)、千葉県・袖ケ浦海浜公園にて開催された。最終日のちょうど中間点に登場したのは主催者の氣志團と、MOSSAI STAGE4番手のC&Kだ。そのレポートをお届けしたい。

◆氣志團 / C&K 画像

2日目も折り返し地点に差しかかったころ、早くもYASSAI STAGEに我らが氣志團の出番がやってきた。「We are 氣志團!」。翔やんの全力のあいさつを皮切りに、1日目と同じように「デリケートにキスして」や「ゴッド・スピード・ユー」という疾走感溢れるビートナンバーが勢いよく投下されていく。そして休学中のユッキが“祝いのドラムソロ”で乱入するも、翔やんと頬を叩き合うケンカになり、そのまま「鉄のハート」に突入。




と、ここまでは1日目とほぼ同じ内容だったが、2日目は「バームクーヘン」が「落陽」に変更されていた。「せっかくみんながこの街に来てくれてるから、この街のことを歌います」。アカペラで “♪君にあの夕陽を見せたい”としっとりと歌い出す故郷への愛の歌は、毎年この場所で鳴らされることにこそ意味がある。そして、「今日こそはみんなで行こうぜ、ピリオドの向こう側へ……」という前煽りからダンサーやゆるキャラを迎えた「One Night Carnival」の途中で、翔やんは語りかけた。

「1997年にこの街で結成して、あれから20年。こんなにもたくさんの仲間たちが俺らにできたことを心から誇りに思います。ありがとう! 人生なんて降ったり晴れたりで、ちょっと良いことあるなと思ったら、ドツボにはまっちゃったりして、なかなか思い通りにならない毎日だけど。こうしてみんなで会えて、生きてて良かったと思います」──綾小路 翔



そして、1日目のセットリストにはなかった「幸せにしかしねーから」がラストナンバーとして披露された。少し意外だったが、この曲が選ばれた理由は、そのあとに出演した山下達郎のステージで判明する。あの達郎が、「去年いちばん聴いたCDは「幸せにしかしねーから」で、300回ぐらい聴いた」と言ったのだ。年下のミュージシャンにピュアにリスペクトを抱く山下達郎に、その山下達郎たる所以を知るエピソードだったが、同時に<氣志團万博>には、音楽を通じた幸せな交流が本当にたくさんあって、そこに惹かれて毎年大勢のお客さんが、その“故郷”に足を運ぶのだと改めて感じるステージだった。





いよいよ<氣志團万博>2日目も後半戦。2016年はオープニングアクトとして出演したC&Kが再びこのMOSSAI STAGEへと帰ってきた。パーカッシブなリズムにのせて、“我こそがC&K”とアピールする自己紹介のようなアップナンバー「C&K IX」からライブはスタート。CLIEVYとKEENのふたりを中心にして、DJとダンサーを交えた総勢5名が集まったお客さんを根こそぎ踊らせていく。

ジャジーなピアノに演奏のうえを転がるように、フリースタイルのMCで想いを届けるCLIEVY。“この場所にいる一人ひとりがこのイベントを作り出す。誰ひとり欠けちゃいけない。それじゃあ最高の景色は作れない”。それを言葉だけではなく、音楽でも体現するのがC&Kのライブだ。

ふたりの繊細な歌声が紡ぐ美しいラブバラード「Y」のあと、アイリッシュなダンスナンバー「踊LOCCA~around the world 新たなる冒険~」では、誰もが人生の主役であるという証として、フィールドに大きな輪を作り出したC&K。それは“あなたたち”ではなく、“あなた”のために鳴らされる、心から信頼できる音楽だった。

取材・文◎秦 理絵
撮影◎上山陽介(氣志團)/青木カズロー(C&K)

■<シミズオクト Presents 氣志團万博2017 〜房総与太郎爆音マシマシ、ロックンロールチョモランマ〜>2017年9月17日(日)@千葉県・袖ケ浦海浜公園セットリスト

【氣志團】YASSAI STAGE
01.デリケートにキスして
02.ゴッド・スピード・ユー!
03.鉄のハート w/ 白鳥雪之丞
04.落陽
05.One Night Carnival w/ 微熱DANJI&DANDY+白鳥雪之丞+着ぐるみダンサー6P
06.幸せにしかしねーから
【C&K】MOSSAI STAGE
01.C&K IX(Short ver.)
02.to di Bone(Short ver.)
03.パーティ☆キング(Short ver.)
04.Y
05.踊LOCCA~around the world 新たなる冒険~
06.入浴


■<シミズオクト Presents 氣志團万博2017 〜房総与太郎爆音マシマシ、ロックンロールチョモランマ〜 Supported by イオン銀行>

2017年9月16日(土) 千葉県・袖ケ浦海浜公園
2017年9月17日(日) 千葉県・袖ケ浦海浜公園
9:00開場 / 10:30開演 (20:40終演予定)
▼出演者 ※50音順・敬称略
【9月16日(土)】
VAMPS、氣志團、coldrain、SiM、JAGUAR (OPENING CEREMONY ACT)、私立恵比寿中学、四星球、DJダイノジ、10-FEET、東京スカパラダイスオーケストラ、Dragon Ash、布袋寅泰、マキシマム ザ ホルモン、MUCC、ももいろクローバーZ、LiSA、RIP SLYME
【9月17日(日)】
岡崎体育、岡村靖幸、氣志團、KICK THE CAN CREW、ゴールデンボンバー、米米CLUB、C&K、水曜日のカンパネラ、SCANDAL、BLUE ENCOUNT、BOYS AND MEN、MIYAVI、山下達郎、ユニコーン、UNISON SQUARE GARDEN、レイザーラモンRG (OPENING CEREMONY ACT)、WANIMA



◆BARKS内 氣志團/<氣志團万博>まとめページへ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報