【レポート】<氣志團万博>最終日、BLUE ENCOUNT / ユニコーン「人生を楽しもうぜ」

ツイート

<氣志團万博2017 ~房総与太郎爆音マシマシ、ロックンロールチョモランマ~>が9月16日(土)および17日(日)、千葉県・袖ケ浦海浜公園にて開催された。余裕と貫禄をみせたユニコーンと、終始クライマックスを描いたBLUE ENCOUNTのレポートをお届けしたい。

◆ユニコーン / BLUE ENCOUNT 画像

「オヤジと息子が一緒に呑む機会みたいな」と今回の<氣志團万博>への出演について紹介VTRのなかで語るABEDON。なにせ、氣志團の初期プロデューサーとして、よく知られている。“そんな楽しそうな宴会、一緒に呑ませろ”とばかりにYASSAI STAGEの観客エリアは超満員。そして出てきたのは高名なミュージシャンやプロデューサーというよりも、にこやかなオヤジ五人衆=UNICORNだ。揃いのツナギ姿ではあるものの、ふらっと呑みに来ちゃったようなムードで、何の気合いも感じさせない。



ところが「服部」からライブが始まってみれば、説得力も含蓄もある音と言葉の連発。「人生を楽しもうぜ」とオーディエンス全員を景気付けていく。それにライブも始まりゃ、メンバーも平常心じゃない。手島いさむのギターソロになったところで、奥田民生、EBI、手島が並んで花道へと向かって煽る。が、その花道がアラフィフにはどうも長かったようだ。奥田は「長いわ〜、これ(笑)」と文句言いながら、花道の半分にも満たないところから再びステージへ。それでも「あそこ(センターステージ)に行って、いや行ってないか。まあ、気合いのカケラを見せられたと思う」と、やってやった感満載の発言。

中盤ではメインボーカルが入れ替わりながら曲をプレイするが、ほんとに役者揃いのメンツだ。ABEDONが歌う「SAMURAI5〜かきまZ」では、ワイヤレスマイクなのにシールドっぽく長い紐を付け、センターステージで投縄のようにパフォームして、ロックスターの勢いで攻める。が、他のメンバーがセンターステージまで来ないため、「おーい、ユニコーン。何してるんだ。こっち来いよ」と煽る。もちろん行くメンバーはゼロ。自由に、気ままに、今を楽しむオヤジ達でもある。

しかし「氣志團、20周年おめでとう。うちらも30周年。祝っちゃおうぜ」と締めるところは締めるのは、さすが大人。こうしてラストの「大迷惑」までユニコーンの大宴会は続いた。




ユニコーンのライブ直後、MOSSAI STAGEから早くも曲が鳴り響く。急いで行ってみれば、すでにタオル回しも起こるほどの盛り上がりっぷり。悪天候でタイムテーブルが予定より早まったかと思ったが、そうではなかった。最終チェックのため曲を演奏しただけでその状況になっていたのだ。ステージに立つのは熊本の青い炎、BLUE ENCONT。最高潮の雰囲気のまま彼らのライブへ突入した。青は赤より温度が高い。BLUE ENCONTは一瞬にしてオーディエンスの気持ちに火を着け、高いまんま燃やし尽くしていく。

「夏は終わってない! 飛び込んでこい!!」と「SUMMER DIVE」を叩きつけると、一体になってタオル回しが起こった。水を含んでるから勢いが凄まじい。

ライブ後半、「出れたことが名誉。<氣志團万博>で一緒に歴史を作ろう!」と煽ると、クラウドサーフも連発。田邊は興奮しきった様子で「<氣志團万博>、ハンパねぇー! もっと来い!!」と煽りに煽る。バンドの放つエネルギーとファンのそれが合わさって、とてつもない高揚感も描いていった。そして田邊は約束をした。

「次はあっちのステージ(YASSAI STAGE)で戻ってくる。ここにいるみんなを連れて行くよ!」

力強い宣言がファンの心を焦がした。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎釘野孝宏(ユニコーン)/中野修也(BLUE ENCOUNT)

■<シミズオクト Presents 氣志團万博2017 〜房総与太郎爆音マシマシ、ロックンロールチョモランマ〜>2017年9月17日(日)@千葉県・袖ケ浦海浜公園セットリスト

【ユニコーン】YASSAI STAGE
01.服部
02.ひまわり
03.オーレオーレパラダイス
04.BLACKTIGER
05.SAMURAI 5〜かきまZ!
06.大迷惑
【BLUE ENCOUNT】MOSSAI STAGE
01.LAST HERO
02.SUMMER DIVE
03.DAY×DAY
04.もっと光を


■<シミズオクト Presents 氣志團万博2017 〜房総与太郎爆音マシマシ、ロックンロールチョモランマ〜 Supported by イオン銀行>

2017年9月16日(土) 千葉県・袖ケ浦海浜公園
2017年9月17日(日) 千葉県・袖ケ浦海浜公園
9:00開場 / 10:30開演 (20:40終演予定)
▼出演者 ※50音順・敬称略
【9月16日(土)】
VAMPS、氣志團、coldrain、SiM、JAGUAR (OPENING CEREMONY ACT)、私立恵比寿中学、四星球、DJダイノジ、10-FEET、東京スカパラダイスオーケストラ、Dragon Ash、布袋寅泰、マキシマム ザ ホルモン、MUCC、ももいろクローバーZ、LiSA、RIP SLYME
【9月17日(日)】
岡崎体育、岡村靖幸、氣志團、KICK THE CAN CREW、ゴールデンボンバー、米米CLUB、C&K、水曜日のカンパネラ、SCANDAL、BLUE ENCOUNT、BOYS AND MEN、MIYAVI、山下達郎、ユニコーン、UNISON SQUARE GARDEN、レイザーラモンRG (OPENING CEREMONY ACT)、WANIMA



◆BARKS内 氣志團/<氣志團万博>まとめページへ
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス